中学生の定期テスト勉強法【国語・漢字編】満点を取るコツとは?

Pocket

「国語のテストの中で、漢字は点数を取りやすい部分だから、しっかり覚えなさい」

これまで、学校の先生や塾の先生から、このように言われたことがあると思います。

 

確かに、先生たちが言っていることは間違っていません。

(私も、塾の生徒たちには「漢字は満点を目指しましょう」と伝えています。)

 

とはいえ、「どうしても漢字を覚えられません。どうやって覚えたらいいのですか?」という相談を、これまでたくさん受けてきました。

 

このような質問をしてきた生徒に、どうやって覚えているのか聞いてみると、「確かにその勉強方法だと、なかなか正しく覚えられないだろうな」と感じることが多いです。

 

では一体、どうやって漢字を覚えれば良いのでしょうか?

これを知っておくと、漢字だけでなく英単語を正しく覚えることが出来るようになるのです。

そうすると「覚えられない・・・」と悩む必要がなくなります。

 

そこで今回は、「漢字で満点を取るための方法」はもちろん、「形を正しく覚えるコツ」についてもご紹介します。

 

中学生が定期テストの漢字で、満点を取るための勉強法

漢字の勉強と聞くと、どんな方法を思い浮かべますか?

「とにかく気合を入れて書いて書いて書きまくる」といった方法でしょうか?

 

例えば、テスト当日までに覚えないといけない漢字が50個あったとします。

そうすると、1つの漢字を10回書いてから、次の漢字も10回書き、その次の漢字も10回書く・・・・・

 

何だか、気が遠くなってきそうですね。

この方法で漢字を覚えていると、いくら時間があっても足りなくなってしまいます。

 

では、どうやって覚えていけばよいのでしょうか?

それは

「テストをする」ことです。

 

やり方はとても簡単です。

  • まず、ノートを1冊用意する
  • 読みがなを見て1回ずつ書く
  • 〇つけをする
  • 間違えた漢字を3回練習する
  • そして、先ほど間違えた漢字のみ、テストを行う
10

 

このステップを踏むことによって、間違えた漢字(覚えていない漢字)だけを集中的に練習することが出来ます。

その結果、余った時間を他の科目の勉強に回すことが出来るようになるため、「時間がない」という悩みからも解放されます。

 

 

漢字の形を正しく覚えるコツとは?

「いくらテスト形式で覚えたとしても、線が一本多かったり、点が抜けていたりして、形を正確に覚えることが出来ない」

こういった悩みを、これまでたくさんの生徒から聞いてきました。

 

確かに、自分では正しくかけたつもりでも、テストが返却されたときに、はじめてミスに気付いたということもありますね。

では一体、どうやって練習すれば正しい形を覚えることが出来るのでしょうか?

 

その方法を、今からお伝えしていきます。

 

まず、紙とペンを用意してください。

そして、試しに「様」という字を一度書いてみてください。

実は、この字は中学生がよく間違える漢字の1つなのです。

 

書き終わりましたか?

 

どこが間違えやすい部分なのか分かりましたか?

 

実は、「つくり」の部分の縦線は「1画」で書くのです。

この部分を2画で書いてしまう中学生は本当に多いです。

 

今、間違えていても気にしなくて大丈夫です。

なぜなら、間違えたことによって「形を正しく覚えるコツ」を吸収しやすくなるからです。

 

その方法ですが、例えば「様」という字を練習するのであれば、

縦線を書くときに「縦線は1画で書く」ということをつぶやきながら練習するようにしましょう。

つまり「注意すべき点(自分が間違えてしまったポイント)」を言いながら書いていけばよいのです。

%e6%a7%98

たったこれだけで、正しい形を明確にイメージしながら練習することが出来るのです。

その結果、正しい形が記憶に残りやすくなるのです。

 

逆に、何も意識しないで練習してしまうと「ただのつまらない作業」になってしまうだけで、正しい形が記憶に残りづらくなってしまいます。

 

国語の定期テストで80点以上を取るためには、やはり漢字は満点近く取る必要があります。

 

漢字で満点を取るためにも、間違えた漢字については、形をイメージして、注意点を口ずさみながら練習するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、

  • 漢字を覚える時は、1つの字を何度も書くのではなく、まずは1度テストをする
  • その後、間違えた漢字のみを練習する
  • 練習するときは、注意点を声に出してみる

この3ステップを踏むことで、これまでよりも漢字を正しく覚えられるようになるのはもちろん、国語の点数アップにもつながります。

 

次回のテストから、この方法をぜひ取り入れてみてください。

 

【こちらの記事もどうぞ】

中学生の定期テスト勉強法【国語編】文章問題で高得点をゲットするには?

古文の勉強法 中学生が定期テストで楽々解けるための3ステップ!

Pocket

中学生のお子さんがいる方、必読です

2021年の大学入試改革に備えて、今のうちから高めておきたい「思考力」
とはいえ、どうすれば身につけられるのかを具体的に紹介しているものを目にする機会は
滅多にありません。

・これまで嫌いだった勉強が「面白い」と感じられる
・定期テストでは、5教科最低400点を取れる
・高校受験で第一志望校に合格できる力が身につく
・社会で逞しく生き抜く力を育める

これらのことが現実となる「思考力」を高める方法を、以下のページでお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です