中学生の歴史のテスト勉強法 【人類の出現+文明の発達】対策編

Pocket

今回の内容は、大昔の出来事であり、なおかつ小学校で習わない内容なので、覚えるのに苦労してしまう生徒が多いです。

しかし、

  • 覚えるべきポイントを頭に入れておく
  • 覚え方を工夫する

この2つのことを実践するだけで、1つずつ確実に理解することが出来るのです。

その結果、問題集を解いた時には○がつく問題が多くなり、達成感を味わえて覚えるのがドンドン楽しくなってきます。

 

それでは、説明に入っていきます。

 

中学生の定期テスト対策【歴史】人類の祖先+世界の文明

人類の出現

 まずは、私たちの祖先のことから説明していきます。

ここでは、「だいたい何年ぐらい前に、どの人類が出現したのか」ということを覚えておくことが大切です。

 

【約700万年前】

アフリカで猿人(サヘラントロプス・チャデンシス)が出現

ちなみに、サヘラントロプス・チャデンシスは、「世界最古の人類」と言われているのです。

 

直立二足歩行を行い、打製石器を使用していました。

(このころから、もうすでに歩き始めていたんですね。スゴイ!)

 

【約250万年前】

インドネシアでジャワ原人・中国で北京原人が出現しました。

言葉の使用が開始されたのは、原人が出現したころからだと言われています。

 

※覚え方

ジャワ原人がジャワカレーを作るにあたってがどうしても必要だった。

また、作り方を教えるために、言葉が必要だった。

中学生,定期テスト,勉強法,社会,歴史

 

【約20万年前】

新人(クロマニョン人)が出現

骨格や顔の形が、現代の私たちとほぼ同じだったのです。

また、フランスのラスコーの洞窟に壁画を残しました。

 

※覚え方

新しいことをしたくて仕方のない人(新人)が、ラスコーの洞窟に絵を残そうと考えた。

 

参考までに、祖先の写真も載せておきます。

中学生,歴史,勉強法,社会,テスト

 

※「旧人」に関しては、テストで出題されることは滅多にありません。

「猿人」「原人」「新人」の特徴は定期テストでよく出るので、しっかり覚えておきましょう。

 

文明の発達

続いては、文明の発達です。

 

【覚えるべきポイントは?】

この内容で、特にテストで狙われやすいのが

  • その文明が発達した地域
  • その地域の周辺のの名前
  • 使用された文字

この3点です。

 

  • その文明が発達した場所が、地図中のどこにあるのか
  • 使用された文字の形の特徴

ここまで理解しておくと、どのような形で出題されても迷うことなく解き進めることが出来ます。

それでは、1つずつ説明していきます。

 

エジプト文明

ナイル川の周辺で発達し、象形文字が使用されていました。

象形文字

 

これは、動物の形などをもとにして作られた文字です。

 

太陽の神様を崇拝しており、その気持ちを何らかの形で示すためにピラミッドが作られました。

これは「王の墓」とも考えられています。

 

また、1年間を365日とする暦(太陽暦)がつくられました。

※覚え方

太陽の神様を信仰していたからこそ、「太陽暦」をつくった

 

メソポタミア文明(イラクの一部)

チグリス・ユーフラテス川の周辺で発達し、くさび形文字が使用されていました。

くさび形文字の形

 

月の満ち欠けに基づいて暦を決める太陰暦を取り入れました。

※覚え方

太陽暦を取り入れたエジプト文明と違うことをしたくて、「太陰暦」を取り入れた

 

メソポタミアのほぼ全ての地域を統一したハンムラビ王が、ハンムラビ法典を作成しました。

 

インダス文明(インド)

インダス川の周辺で発達し、インダス文字が使用されました。

インダス文字の形

 

※「インダス文明」「インダス川」「インダス文字」

まさに、「インダス3連発」ですね。

 

現在のパキスタンに、モヘンジョ・ダロという遺跡があり、多くの人が生活していました。

 

中国文明

黄河・長江付近で発達し、甲骨文字が使用されました。

甲骨文字の形

 

ここまで、4つの文明の特徴を説明してきました。

中学,社会,歴史,文明

 

それぞれの文明が栄えた場所も、覚えておくようにしましょう

 

その他の重要ポイント

インド編

紀元前6世紀に、インドでシャカ仏教を開き、その後、アジアに広まりました。

仏教の教え 「人類はみな平等だ」

 

バラモンの教えがもとになっているヒンデュー教も、インドで誕生しました。

(現在、インドでは約8割の人がヒンデュー教を信仰しています)

 

中国編

紀元前1600年ごろ、黄河付近で殷(いん)という国が出来て、青銅器が使用されました。

 

その後、という国ができたものの、紀元前8世紀に衰えました。

 

紀元前6世紀に孔子の教えである儒教が広まりました。

儒教の教え 「年長者を敬いなさい」

 

紀元前3世紀に、始皇帝が中国を統一し、北方から敵が侵入するのを防ぐために万里の長城を築きました。

 

その後、秦にかわってが中国を統一しました。

中国からローマへ絹を運んだことで、その道はシルクロード(絹の道)と呼ばれています。

 

【あわせて読みたい記事】

旧石器~弥生時代でテストよく出る内容は?

古墳時代で多くの中学生が「よく分からない」と感じる内容とは?

Pocket

中学生のお子さんがいる方、必読です

2021年の大学入試改革に備えて、今のうちから高めておきたい「思考力」
とはいえ、どうすれば身につけられるのかを具体的に紹介しているものを目にする機会は
滅多にありません。

・これまで嫌いだった勉強が「面白い」と感じられる
・定期テストでは、5教科最低400点を取れる
・高校受験で第一志望校に合格できる力が身につく
・社会で逞しく生き抜く力を育める

これらのことが現実となる「思考力」を高める方法を、以下のページでお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です