英語のテスト勉強法【現在完了編】イメージをつかめば怖くない!

Pocket

「現在完了って、ホントにイメージがつかみにくい」

このように考えている中学生は、非常に多いです。

 

私も中学生の時は、何となくわかったような、よくわからないような感覚になったことを、今でも覚えています。

(イメージをつかめるようになったのは、高校生の時です)

 

逆に言えば、イメージをつかむことが出来れば、あとは形を覚えるだけなのです。

しかも、中学2年生で習う不定詞よりも、ややこしくありません。

 

そこで、今回は「現在完了とは一体どういうものなのか」ということを説明してから、基本の形や重要ポイントを説明します。

この記事を読み終えるころには「現在完了形は任せておけ!」と言えるようになっているでしょう。

 

現在完了を攻略しよう!【中学生の英語の定期テスト勉強編】

現在完了とは?

現在完了というのは、過去の状況や出来事を、今(現在)も所有していることであり、過去と現在の出来事を両方とも含んでいるのです。

例えば、

私は2年間大阪に住んでいます。

という文があったとします。

 

これは、2年前も、1年前も、そして現在も、大阪に住んでいるということですね。

 

図で表すと

中学生,定期テスト,勉強法,英語,現在完了

 

 

というイメージです。

※現在完了は、イメージをつかむことが何よりも大切です。

 

この文を、英文にすると

I have lived in Osaka for two years.

となります。

現在完了の形は?

ここで、現在完了の基本的な形を確認しておきましょう。

【現在完了の形】

肯定文

主語+have +過去分詞・・・

※主語が3人称単数の時は、have が has に変わります。

これは、疑問文でも否定文でも同じです。

 

過去の出来事を過去分詞で表し、その出来事を今も所有している(持っている)ことをhaveで表現しているのです。

 

 

疑問文

Have + 主語 + 過去分詞・・・?

 

(例)

あなたは今までに東京に行ったことがありますか?

→Have you ever been to Tokyo?

これは、過去から現在までの段階で、東京に行ったことがあるかどうかを尋ねています。

 

(答え方)

はい、あります。

→Yes, I have.

いいえ、ありません。

→No, I have not(haven’t).

となります。

 

否定文

主語+have not(haven’t) +過去分詞・・・

 

(例)

彼は、まだ宿題を終えていません。

→He has not(hasn’t) finished his homework yet.

 

これは、過去から現在までの段階で、宿題を終えていない(完了していない)ことを表します。

 

もう1度、基本的な形をおさらいしておきましょう。

  • 【肯定文】主語+have +過去分詞・・・
  • 【疑問文】Have + 主語 + 過去分詞・・・?
  • 【否定文】→主語+have not(haven’t) +過去分詞・・・

 

もしかすると、ここまでの段階で「現在完了って、色々な訳し方があるのかな」と気づいたかもしれません。

そう感じたあなた、大正解です。

 

実は、現在完了には、

  • 継続
  • 経験
  • 完了

この3つの意味に分かれるのです。

 

ちなみに「現在完了とは」の部分で紹介した例文は「継続」

疑問文で紹介した例文は「経験」

否定文で紹介した例文は「完了」にあたります。

 

ここからは、この3つの意味の違いと重要ポイントを1つずつ説明していきます。

現在完了の3つの意味と重要ポイントは?

継続

まずは、「継続」から説明します。

これは、過去のことが今も続いていることを表します。

(例)

私は3年間、東京に住んでいる。

→I have lived in Tokyo for three years. 

彼は昨日からずっと病気だ。

→He has been sick since yesterday. 

 

※重要(for とsince の違い)

for は「期間」を表し、「~の間」と訳します。

sinceは「いつから始まったのか」を表し、「~から」と訳します。

 

(期間を尋ねる疑問文)

あなたはどれぐらいの間、大阪に住んでいますか?

→How long have you lived in Osaka?

期間を尋ねる時は、How long~?を使用します。

 

経験

続いては「経験」です。

(例)

私は富士山に登ったとがあります。

→I have climbed Mt. Fuji.

 

(経験したことがあるかどうかを尋ねる疑問文)

あなたは今までに富士山に登ったことがありますか?

→Have you ever climbed Mt. Fuji?

everは、疑問文で使用し、「今までに」という意味になります。

 

あなたは何回スキーをしたことがありますか?

→How many times have you skied?

回数を尋ねる時は、How many times(あるいは、How often)~?を使用します。

 

※重要!(回数の表し方)

once   1回

twice  2回

~times ~回(3回以上を表すときに使用します)

例 three times (3回)

many times 何度も

 

(経験したことがないことを表す場合)

私は北海道を訪れたことがありません。

→I have never been to Hokkaido.

neverは、否定文で使用し、「1度も~ない」という意味になります。

 

完了

最後は、「完了」です。

(例)

彼女はちょうど今掃除を終えたところです。

→She has just finished cleaning now.

 

ケンはもうすでに宿題をしていました。

→Ken has already done her homework.

 

just「ちょうど今」

already「もうすでに」

という意味です。

 

(完了の疑問文)

彼女はもう掃除を終えましたか?

Has she finished cleaning yet?

 

(完了の否定文)

ケンはまだ宿題をしていません。

Ken has not done homework yet.

yetは、疑問文では「もう」、否定文では「まだ」という意味になります。

 

【受動態の文の作り方はコチラ】

中学生の定期テスト勉強法【英語編】受動態の文はどうやって作る?

Pocket

中学生のお子さんがいる方、必読です

2021年の大学入試改革に備えて、今のうちから高めておきたい「思考力」
とはいえ、どうすれば身につけられるのかを具体的に紹介しているものを目にする機会は
滅多にありません。

・これまで嫌いだった勉強が「面白い」と感じられる
・定期テストでは、5教科最低400点を取れる
・高校受験で第一志望校に合格できる力が身につく
・社会で逞しく生き抜く力を育める

これらのことが現実となる「思考力」を高める方法を、以下のページでお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です