社会の定期テスト勉強法 鎌倉時代の歴史・文化のよく出るポイントは?

Pocket

前回は、平安時代の重要ポイントを説明しました。

今回から、鎌倉時代に突入します。

鎌倉時代は平安時代よりも時期が短く、その分重要ポイントが絞られてきます。

ということは「勉強しやすい時代」であると言えます。

 

今回お伝えする内容を確実に理解しておけば、「80点超え」が現実のものとなります。

「まとめ」の部分には、年表ものせています。

1つ1つの出来事の内容を確認した後、最後に目を通しておきましょう。

 

中学生の社会の定期テスト対策【鎌倉時代の歴史を勉強しよう】

鎌倉幕府が成立するまでの流れは?

平清盛が太政大臣になって以降「平氏」が世を支配するようになり、「平氏でなければ人ではない」と言われていたのです。

(何だかとっても怖い話ですね)

 

ところが、清盛が亡くなった後、平氏のメンバーの中に、好き勝手に政治を行おうとするものが現れてしまったのです。

それに対して、貴族や武士たちが不満を持ち始めました。

(「好き勝手に物事を行う奴なんて大嫌い」と感じるのは、どの時代でも同じです)

 

そこで活躍したのが、源頼朝

中学生,社会,歴史,定期テスト,勉強法,鎌倉時代

彼が伊豆で挙兵し、その後、弟である源義経「平氏を倒せ」と命じたのです。

 

そして、義経は1185年壇ノ浦の戦いで、平氏を滅ぼすことに成功しました。

 

これをきっかけに、頼朝・義経がお互いに協力し合うかと思いきや、そうはなりませんでした。

壇ノ浦の戦いの後、義経は頼朝の許可を得ずに、朝廷から役職を与えてもらっていたのです。

実は、義経はもともと「御家人」であり、本来であれば頼朝の許可を得る必要があったのです。

 

「なんて勝手なことをしやがるんだ」と思った頼朝

「頼朝を怒らせてしまった」ことに気づいた義経は、逃亡を図りました。

 

そんな義経を捕らえることを理由に、国ごとに守護、荘園や公領ごとに地頭を設置しました。

  • 守護

諸国の御家人を監督する

  • 地頭

荘園の管理・年貢の取り立て

そして、とうとう頼朝は義経を倒し、1192年征夷大将軍に任命されました。

 

鎌倉幕府の仕組みは?

なぜ、「鎌倉」に幕府が置かれるようになったのでしょうか?

実は、鎌倉という地域は三方が山、一方が海に囲まれており、敵が攻めてきても守りやすいというメリットがあったのです。

 

では、鎌倉幕府の仕組みはどのようなものだったのでしょうか?

鎌倉幕府は、将軍を中心に、様々な役職が置かれました。

 

【鎌倉に置かれた役職】

  • 執権

→将軍を補佐する役

  • 侍所

→御家人を取りしまる

  • 政所

→政治一般

  • 問注所

→裁判を行う

 

地方には、守護・地頭・六波羅探題が置かれました。

(六波羅探題については、後ほど説明します)

 

封建制度とは?

将軍の家臣(家来)である御家人は、将軍から土地を与えられていました。

これを「御恩」と言います。

御家人は、そのお礼として、命がけで将軍のために戦いました。

これを、「奉公」と言います。

 

このように、将軍と御家人による御恩と奉公の関係を「封建制度」と言います。

中学生,定期テスト,勉強法,社会,歴史,鎌倉時代

承久の乱と、その後の出来事

頼朝が亡くなった後、息子である頼家・実朝が跡を継いだものの、実朝が公暁(くぎょう)という人物に命を奪われてしまい、源氏は3代で途絶えてしまいました。

そうなると、リーダー不在の状況となり幕府は混乱してしまったのです。

 

これを「チャンス」だと捉えたのが後鳥羽上皇

今ならば幕府を倒して朝廷に政権を取り戻せると感じており、当時の執権であった北条義時に攻撃を加えようとしました。

これを、承久の乱(1221年)と言います。

 

このとき、源頼朝の妻であった北条政子が御家人たちに「これまで頼朝のお陰で、苦しさから逃れることが出来たのだから、その恩に報いよ」と号令をかけたのです。

 

「その通りだ」と思った御家人たちが力を合わせたおかげで幕府軍が勝利し、後鳥羽上皇は隠岐に流されました。

(鎌倉から島根県まで流されたのです)

 

その後「これ以上、後鳥羽上皇のように、幕府に逆らう者を出現させるわけにはいかん」ということで、京都に六波羅探題を置きました。

これは、鎌倉から遠く離れた京都を監視するために置かれたものです。

 

1232年、北条泰時御成敗式目を制定しました。

これは、日本で最初の武家の法律であり、裁判の基準も定められました。

 

民衆の暮らしは?

鎌倉時代に入ってから、農業を行う技術が発達し、農地を増やすために新田開発が行われるようになりました。

それだけでなく、米を作った後に麦を作る二毛作が始まりました。

さらに、商業も発達し、月に3回定期市が行われるようになり、日宋貿易で輸入した宋銭が使われたのです。

 

元寇と、その後の出来事

13世紀の初めごろに、チンギス=ハンがモンゴル帝国を建てました。

孫のフビライ=ハンは、中国を支配して国名が「元」となり、さらに朝鮮(高麗)も支配したのです。

その結果、モンゴル帝国は「強力な国」となったのです。

 

そうなると、次に狙われるのが、日本です。

元からやってきた使者は、8代将軍の北条時宗に対して「私たちに従え」と要求するものの、首を縦に振りませんでした。(スゴイ!)

 

「それなら、実力で打ち負かしてやろう」ということで、1274年に、元のメンバーが北九州を攻撃しました。

これを、文永の役と言います。

このとき、元は集団戦法で仕掛け、「てつはう」という火薬が入った武器を使用され、大苦戦しました。

ところが、九州の御家人たちが、元のメンバーを追い返すことに成功しました。

 

その後、日本を支配することを諦めきれない元は、1281年にもう一度攻撃を仕掛けてきました。

これを、弘安の役と言います。

 

あらかじめ九州の海岸付近に石塁を設置していたため、思うように日本の領土に侵入することが出来なかったのです。

さらに、暴風雨が襲ってきたため、元は撤退せざるを得ませんでした。

(もし、暴風雨がなければ、一体どうなっていたのでしょうか?)

 

  • 1274年 文永の役
  • 1281年 弘安の役

この2つを指して「元寇」と言います。

 

「これでめでたしめでたし」と思いきや、そうはいきません。

(これが、世の歴史というものです)

 

御家人たちは、元を退けるために活躍したのですが、幕府から褒美をもらえず、どんどん生活が苦しくなっていきました。

 

その状況を気の毒に思ったのか、幕府は1297年に御家人の借金を帳消しにする制度を発表しました。

これを、永仁の徳政令と言います。

 

これに不満を持ったのが、御家人にお金を貸していた人たち

「返ってこないんだったら、今後一切お金を貸さない」と思い始め、御家人はお金を借りられなくなり、ますます苦しい生活を強いられたのです。

 

鎌倉時代の文化

鎌倉時代と言えば、武士が活躍した時代

そのため、「武士」の色合いが濃い文化が発達しました。

 

東大寺南大門

平氏と源氏が争ったとき焼けてしまった東大寺を立て直すときにつくられました。

ここには、運慶・快慶らがつくった金剛力士像が置かれています。

 

似絵

人物を描いたものであり「源頼朝像」などがあります。

 

【文学】

  • 平家物語

→平家が栄えて、やがて滅んでいく様子が書かれた作品で、琵琶法師によって語り継がれた

  • 方丈記

鴨長明が書いた随筆

  • 然草

吉田兼好(兼好法師)が書いた随筆

  • 新古今和歌集

藤原定家らが編纂したもの

 

鎌倉時代の仏教

最後に、6つの仏教の宗派をお伝えします。

これについては「どうしても覚えられない」という悩みをよく聞きます。

ですので、「覚え方」も一緒に紹介します。

浄土宗→法然

時宗→一遍

浄土真宗→親鸞

臨済宗→栄西

日蓮宗→日蓮

曹洞宗道元

 

【覚え方】

世の情報(浄法)を次週(時宗)にいっぺん(一遍)確認してみると

ジョーシン(浄真【親】)時的にえており、日々(日日)騒動曹洞【道】)に巻き込まれる

これで、バッチリですね。

あなたなりの覚え方を考えてみても、楽しいですよ。

 

鎌倉時代 まとめ

それでは、上記で説明した内容を、年表形式でまとめます。

最終チェックのために、読んでおきましょう。

1185年 壇ノ浦の戦い

1192年 源頼朝征夷大将軍になる

1221年 承久の乱がおきる

1232年 北条泰時御成敗式目を定める

1274年 文永の役

1281年 弘安の役

1297年 永仁の徳政令を発表する

文化や仏教についても、頻繁に出題されます。

テスト前には、必ず見直しておきましょう。

 

【「平安時代の復習もしたい」という方はこちら】

社会のテスト勉強法【平安時代前半編】

社会の定期テスト対策【平安時代後半編】

Pocket

中学生のお子さんがいる方、必読です

2021年の大学入試改革に備えて、今のうちから高めておきたい「思考力」
とはいえ、どうすれば身につけられるのかを具体的に紹介しているものを目にする機会は
滅多にありません。

・これまで嫌いだった勉強が「面白い」と感じられる
・定期テストでは、5教科最低400点を取れる
・高校受験で第一志望校に合格できる力が身につく
・社会で逞しく生き抜く力を育める

これらのことが現実となる「思考力」を高める方法を、以下のページでお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です