子供の成績が悪い場合に親はどうすれば良いのか?

Pocket

「ウチの子、学校での成績があまりよくないんだけど、一体どうすれば良いのかしら?」

「親として、何かできることがあるのだろうか・・・?」

もし子供が中学生であれば、親としては成績について心配になってしまうのも無理はありません。

子供が小学生であれば、親が子供の勉強のお手伝いをすることも出来ますが、中学生であれば、それを嫌がる子が多いです。(特に男子は)

また、「何とかヤル気を引き出してあげたい」と思って関わったとしても、どうしても空回りしてしまうケースが多いです。

子供 成績 悪い

ここで1つ、「発想の転換」をしてみてください。

「どうすればヤル気になるのか」ではなく「どうすれば勉強への意欲を奪ってしまうのか(ヤル気がなくなるのか)」

なぜこんなことを言うのかといいますと、中には「親がそのようなかかわり方をしてしまったら、子供の勉強への意欲が奪われてしまい、成績が悪いのも無理はないだろうな」と思わざるを得ないケースをたくさん見てきたからです。

 

逆に言えば、子供の勉強への意欲を奪わないようにすることが、成績を上げるためのきっかけとなるのです。

そこで今回は、子供の成績が悪い原因となる親の関わりと、対処法をお伝えします。

 

子供の成績が悪い場合に親が出来ることは?

成績が悪い原因と対処法 その1

あなたは今までに、お子さんに対して「勉強しなさい」と言ったことはありませんか?

実は、この言葉こそ、子供の勉強へのヤル気を奪ってしまう言葉であり、成績が悪い原因の1つです。

これまで、生徒たちに「親から『勉強しなさい』と言われたことがある人?」と質問すると、8割ぐらいの生徒が「ある」と言います。

そして、言われたらどんな気分になるのか尋ねてみると

  • ヤル気がなくなる
  • マジでウザい
  • 言い返したくなる(反論したくなる)

という答えが返ってきました。(本音が炸裂してますね)

中には、「毎日のように『勉強しなさい』と言われて困っています」と相談してきた生徒もいました。

耳をふさぐ

もしかすると「言わない方が良いのは分かっているけど、どうしても子どもを見ているとつい言ってしまう」と思っているかもしれません。

ですが、そのせいで子どもは気分を悪くしてしまっています。

 

もし、実際に言ってしまう場合の対処法は、1つです。

それは「言わない」ことです。

  • これからも、「やりなさい」と言い続けて、子どもの成績が悪いままの状況を作るのか
  • 言いたくてもグッとこらえて、子どもの成績が良くなる状況を作るのか

子供の成績が上がるかどうかは、親にかかっているのです。

中学生がテスト勉強をしない5つの理由【親はどう関われば良いのか?】

成績が悪い原因と対処法 その2

2つ目の原因は、テストの合計点数だけを見て、勉強を頑張ったかどうかの判断を下すことです。

例えば、前回の国語テストの点数が60点で、今回の国語のテストの点数が55点だったとします。

その時、真っ先に「あんた、前回より下がってるじゃない」と言ってしまう方が、わりと多くいます。

そう言ってしまうと、子供の勉強への意欲が一気に冷めてしまいます。

 

合計点数についてあれこれ言う前に、答案を見て確認してもらいたいことは沢山あります。

例えば

  • 前回の平均点と、今回の平均点
  • 漢字の問題の配点・正解数・獲得点数
  • 文法問題の配点・正解数・獲得点数
  • 読解問題(説明文・小説)の配点・正解数・獲得点数
  • 古文や詩の問題の配点・正解数・獲得点数
  • 記述問題の正答率(数)はどれぐらいか
  • 答案を全て埋めているのか(もしくは、埋められていないのか)

など、答案から見えてくることはたくさんあります。

 

前回のテストで、漢字の問題が20点中10点だったとします。

そして、今回は、20点中14点だったとします。

ということは、漢字の問題の点数は上昇しているわけです。

 

また、前回のテストは平均点が60点で、子どもの点数は60点

今回は、平均点が50点で、子どもの点数は55点だとすると、偏差値は上がっているわけです。

 

「100点満点中、何点だったか」だけを見てしまうと、子供が出来るようになった部分を見落としてしまいます。

逆に、それ以外の部分にも目を向けてみると、子供が頑張ったポイントや評価できる部分が見えてきます。

 

それ以外にも

  • 前回は、テスト前日も提出物に取り組んでいたが、今回は、3日前には終わらせた
  • 前回は、土・日に1時間ぐらいしか勉強していなかったものの、今回は、2~3時間ぐらいは取り組んでいた

といったように「取り組む過程」を評価することも出来るのです。

これを評価できるのは、親だけです。

 

子供は、「結果」だけでなく「頑張ったこと自体」を親から評価してもらいたいものです。

ですので、「合計点数以外に、評価できるポイント」を探して、子供に伝えてあげてください。

そうすることで「お母さんは、自分の頑張りを見ていてくれる」と思えて、勉強への意欲が湧いてくるのです。

この状態こそが、成績が悪い状態を脱出するきっかけとなるのです。

 

まとめ

子供の成績を良くするために、子ども自身が勉強方法を改善することも、もちろん大切なことです。

ですが「親の関わり方」も、成績アップにおいてはとても重要なポイントとなります。

子供が、成績を上げられる方法で取り組んでいたとしても、親の関わり1つでヤル気を失ってしまっては、あまりにもったいないです。

そうならないために、

  • 「勉強しなさい」と言わないようにする
  • 「合計点数」以外の要素からも、子供が成長した部分を探してみる

この2つを、早速実践して頂きたいです。

Pocket

中学生のお子さんがいる方、必読です

2021年の大学入試改革に備えて、今のうちから高めておきたい「思考力」
とはいえ、どうすれば身につけられるのかを具体的に紹介しているものを目にする機会は
滅多にありません。

・これまで嫌いだった勉強が「面白い」と感じられる
・定期テストでは、5教科最低400点を取れる
・高校受験で第一志望校に合格できる力が身につく
・社会で逞しく生き抜く力を育める

これらのことが現実となる「思考力」を高める方法を、以下のページでお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です