社会のテスト勉強法【歴史・江戸時代③】産業・交通の発達編

Pocket

前回は、江戸時代の歴史についてテスト勉強をする時に理解してもらいたい「鎖国」の仕組みについて説明しました。

江戸時代の「鎖国」の仕組みは?

 

今回は、意外と手を抜いてしまいがちな分野である「江戸時代の産業・交通」についてです。

この事柄も、江戸時代の初期の出来事や、学校や塾の先生が「絶対に覚えよう」と強調する三大改革と同じぐらい、テストで頻繁に出題されます。

 

テスト当日には自信満々に答案用紙をうめるために、友達に説明できるぐらい確実に理解しておきましょう。

 

中学生向けの歴史のテスト勉強法【江戸時代の産業・交通】

産業の発達

【農業】

江戸時代は、税を収めているのは農民だけでした。

田んぼや畑の面積が広い方がたくさんの商品を作ることが出来て、多くの税を納めてもらえるようになります。

そのため、新田開発が進められました。

1600年代前半と1700年代前半にかけて、耕地面積が2倍になったのです。

 

農民たちは、米以外の作物を栽培していました。

なぜなら、肥料や農具などを購入するお金が必要だったからです。

販売のために栽培した作物のことを商品作物と言い、紅花・麻・藍(あい)・綿などがあります。

 

農具をどんどん改良し、

・深く耕すための備中ぐわ

・脱穀(もみ殻を外す作業)を行うための千歯こき

・穀物に混ざっているもみ殻などを取り除くための唐箕(とうみ)

これらを使用するようになりました。

 

【漁業】

千葉県の九十九里浜ではいわし漁がさかんでした。

捕獲した鰯(いわし)を干して肥料にするのです。

これを、干鰯(ほしか)と言います。

このほかにも、蝦夷地ではにしん昆布がとれ、瀬戸内海付近(とくに、兵庫県の赤穂)では塩田が発達していました。

 

【鉱業】

幕府が支配していたのは

  • 佐渡金山
  • 石見銀山・生野銀山
  • 足尾銅山

これらの鉱山です。

金・銀・銅は貨幣に使用されるだけでなく、輸出品としてとても貴重な物だったのです。

商人の中には、金・銀・銅銭の交換を行う両替商となる者もいました。

 

交通の発達

江戸時代のことで、多くの生徒が混乱する内容の1つが「交通」に関すること

「五街道はどこを通るの?」

「東廻り航路と西廻り航路はどこからどこまでなのか?」

「菱垣廻船と樽廻船はどう違うの?」

このような質問を、毎年のように受けます。

 

これらの内容は、テストでもよく出る内容であるため、放っておくわけにはいきません。

今から、1つずつ順番に説明していきます。

【五街道とは】

・東海道

(江戸の日本橋から京都までの道のり)

・中山道

(江戸の日本橋から長野県の下諏訪を通って滋賀県の草津まで行く道のり)

・甲州街道

(江戸の日本橋から山梨県の甲府を通って下諏訪まで行く道のり)

・日光街道

(江戸の日本橋から栃木県の宇都宮を通って日光までの道のり)

・奥州街道

(栃木県の宇都宮から日光までの道のり)

この5つです。

五街道の詳しい道のり

 

これらの街道には宿駅がおかれ、旅人は宿泊していました。

手紙や荷物を運ぶ飛脚がいて、街道の重要地には荷物チェックなどのための関所が置かれました。

 

【西廻り航路・東廻り航路】

まずは、こちらの図を見てください。

東廻り航路・・・太平洋を渡って江戸に行く航路

西廻り航路・・・日本海を渡って大阪に行く航路

これらの航路を使って、年貢などを運んでいたのです。

 

そして、もう1つ忘れてはいけないのが、南海路

これは、大阪から江戸に商品を運ぶための航路であり、「運ぶ価値がある」とみなされたもの(酒など)が運ばれました。

 

南海路を通る時に使用した船が、菱垣廻船樽(たる)廻船

もともとは、菱垣廻船を使用していたのですが、スピードが遅く、新鮮なものを運ぶのに向かなったのです。

そこで、酒の樽などを出来る限り速く運ぶことができる樽廻船が誕生したのです。

実際、樽の上に商品を置いて運んだりもしました。

 

都市の発達

これは、交通と比べると比較的理解しやすいので、安心してください。

(とはいえ、油断してはいけませんよ!)

 

テストでよく狙われるのが、三都

三都とは、江戸・大阪・京都のことです。

  • 江戸

「将軍のおひざもと」と呼ばれ、18世紀には人口が100万人を超えたのです。

この地は、政治の中心であると同時に、消費活動もたくさん行われていた場所でもあります。

 

  • 大阪

「天下の台所」と呼ばれ、年貢米や特産物をどんどん売っていきました。

「商売の町」と呼ばれるだけのことはありますね。

米などの商品の取引に使われた場所を、蔵屋敷と言います。

 

  • 京都

西陣織や清水焼などの伝統工芸品などを製作しており「文化の中心地」だったのです。

 

今回は、ここまでです。

次回は、徳川綱吉新井白石政治、さらには三大改革のうちの2つについて説明します。

【次回の記事はこちら】

綱吉・新井白石・徳川吉宗・田沼意次・松平定信の取り組み

Pocket

中学生のお子さんがいる方、必読です

2021年の大学入試改革に備えて、今のうちから高めておきたい「思考力」
とはいえ、どうすれば身につけられるのかを具体的に紹介しているものを目にする機会は
滅多にありません。

・これまで嫌いだった勉強が「面白い」と感じられる
・定期テストでは、5教科最低400点を取れる
・高校受験で第一志望校に合格できる力が身につく
・社会で逞しく生き抜く力を育める

これらのことが現実となる「思考力」を高める勉強法を、以下のページでお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です