中学生が反抗期で勉強しない場合の親の対応策は?

Pocket

「中学生である我が子は反抗期の最中で、全く勉強しようとしない・・・」

あなたは今、このことで悩んでいませんか?

 

言うことを聞かなくなっている状況であれば「少しは子どもの意見や考えも受け入れてみようかな」と思えるものですが、「勉強」のこととなると、さすがに放っておけなくなると思います。

 

ですが、対応を誤ってしまうと、子どもはますます勉強しなくなり、成績は上がるどころがどんどん下がってしまいます。

たとえ今は反抗期であったとしても、お母さんの対応1つで、信じられないくらい成績が上昇するケースもあるのです。

 

今回は

  • 反抗期を迎えた中学生が、どうして勉強しなくなるのか
  • 勉強しない場合、親はどう対応すればよいのか

この2点を、お伝えします。

 

反抗期の中学生が勉強しなくなる理由と対処法

理由その1:勉強のことについてあれこれ口出しする

多くの場合、親が子どもに勉強のことであれこれ言ってしまうことが原因です。

例えば

「勉強しなさい!」

「もうすぐ塾に行く時間でしょ!」

「宿題は終わったの?」

「もうすぐテストがあるのに、勉強しないでどうすんの!」

中学生,反抗期,勉強しない

このような言葉を言い続けてしまうと、子どもは心の中で

「うるせーな」

「またかよ」

と思ってしまいます。

 

中学生であれば、勉強はやらないよりはやった方がよいことや宿題を早めにやった方が良いことは、理解しています。

分かっていることを、お母さんからストレートにスドーンと言われてしまう・・・

そうすると、反抗期も重なって余計に反発してしまい、無意識に勉強をしない方向へと進んでしまいます。

 

おそらく、お母様自身も、旦那さんから子どもたちに「早くご飯作ってよ」と言われてしまったら、物凄くイラっと来るのではないでしょうか?

このときのあなたの心境と、「勉強しなさい」と言われたときの子どもの気持ちは、とてもよく似ています。

 

対応策は?

ですので、もし勉強のことについてあれこれ言ってしまっていて、子どもがなかなか勉強しない場合、口出しするのをやめるのが一番です。

 

そうは言っても、子どもが中学生になった場合、今勉強を頑張るか頑張らないかで将来に進む道に大きな影響を与えてしまうことを考えると、いつまでたっても勉強しない子どもを見ていると、不安になるのも無理はありません。

では、どんな風に声を掛ければ良いのでしょうか?

 

このような場合

「もし勉強で困ったことがあったら、いつでも言ってね」

「塾に行きたい(塾を変えたい)と思ったら、探してあげるから」

といったように、あくまでも「最終的に決めるのは、あなただよ」「あなたの決めたことであれば、お母さんは口出ししないから」というスタンスで子どもにやわらかい口調で声をかけてみることです。

 

もちろん、このような言葉がけて急に勉強するようになるわけではありません。

「お母さんは、あなたの味方だよ」ということを子どもに伝えるための対応です。

そうすることで、少しずつ親であるあなたに対して反発心が和らいでいきます。

 

理由その2:親の期待をそのまま子どもにぶつける

中学生になると、学期ごとにテストが実施され、成績表と度数分布表が返却されます。

そのため、今、子どもは学校内でどのレベルにいるのかということが、嫌でも突き付けられてしまいます。

 

誤解が無いように言っておきますが、期待をかけることが悪いわけではありません。

「テストで80点を取れるようになってほしい」

「テスト2週間前ぐらいから勉強に取り掛かってほしい」

「○○高校ぐらいのレベルには進学してほしい」

中学生の親であれば、当たり前のように抱いている気持ちです。

 

問題は、その気持ちを子どもにぶつけてしまうことです。

「何でこんな点数しか取れないの」

「このままだと○○高校に進学するのは厳しいよ」

「どうしてまだテスト勉強を始めないの」

 

このようなことを言われた子どもは、反発心を抱いてしまいます。

ここで言う「反発心」とはどんなものなのか、もう少し掘り下げて説明します。

 

親が子どもに「○○点を目指しなさい」「○○高校に行ってほしい(目指しなさい)」と言うとします。

もし、子どもが本気でその目標を目指しているのであれば、大きな問題はありません。

 

ですが、場合によってはその目標を抱いているのは親だけで、子どもは別にその目標を目指していないこともあります。

「親はテストで90点を取れっているけど、別に自分は70点ぐらいでいいや・・・」

「親や知り合いは○○高校に行った方がいいよと言うけど、別に自分は行きたいと思わないし・・・」

このようなことは、珍しくも何ともありません。

むしろ「普通」のことと言ってもいいぐらいです。

 

このように思っているのに、親から「高い目標を目指すべきだ」なんてことを言われてしまうと、子どもは自分の価値観(考え)を否定された気分になってしまいます。

 

それだけではありません。

「90点をとらないと、認めてくれない」

「○○高校に行けないと、親は自分のことを受け入れてくれない」

といったように、自分の存在そのものが否定された気分になるケースも出て来ます。

自分の価値観(存在)を受けれてくれない・・・

そんな人の言うことを、聞こうとは思わなくなります。(というより、聞きません)

これが、子どもが抱く「反発心」なのです。

 

これまでたくさんの親御さんと話をしてきましたが、子どもが口にする目標点数や志望校は、子どもと言うより親の想いだったことは、何度もありました。

対応策は?

では、「目標点数」や「志望校」に関して、親はどのようなスタンスを取ればよいのでしょうか。

それは、「子どもの考えを100%受け入れる」ことです。

 

例えば子どもが「次のテストは50点を目指す!」と言ったら、それを応援してあげることです。

このとき「70点を目指したら」と言わないようにすることです。

 

子どもが「○○高校を目指す」と言ったら、その気持ちを尊重してあげてください。

親として不本意であっても、子どもなりに何かしら理由があるはずです。

 

そうすることで「親は自分の考えを受け入れてくれるんだな」と感じられるようになります。

まさに、「承認欲求」が満たされた状態です。

そうなると、親が何も言わなくても「勉強を頑張ってみようかな」と感じられるようになってきます。

 

まとめ

中学生の親御さんであれば、誰もが子どもの成績のことで頭を抱えています。

我が子の将来のことを真剣に考えるからこそ、成績のことで悩むことが増えてきます。

 

親だからこそできることは、子どもの存在そのものを受け入れて上げることです。

「お母さんは自分の味方なんだな」と思えるからこそ、子どもは何かを頑張ってみようと思えるのです。

 

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございます。

Pocket

中学生のお子さんがいる方、必読です

2021年の大学入試改革に備えて、今のうちから高めておきたい「思考力」
とはいえ、どうすれば身につけられるのかを具体的に紹介しているものを目にする機会は
滅多にありません。

・これまで嫌いだった勉強が「面白い」と感じられる
・定期テストでは、5教科最低400点を取れる
・高校受験で第一志望校に合格できる力が身につく
・社会で逞しく生き抜く力を育める

これらのことが現実となる「思考力」を高める勉強法を、以下のページでお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です