反抗期の中学生がスマホばかり触る理由と対処法は?

Pocket

「うちの子、反抗期の真っ只中でスマホばかり触っているんだけど、どうすればいいのかしら?」

あなたは、こんな風に思っていませんか?

 

私も普段は中学生と接する機会が多いのですが、スマホを持つ生徒が増えてきたと感じています。

「塾に来てからまずやることは、スマホを触る」という生徒もいます。

とはいえ、あなたもご存知だとは思いますが、「スマホに依存している=反抗期」というわけではありません。

 

ですが、反抗期を迎えたことによってスマホを手放せなくなるケースもあります。

今回は、

  • 反抗期の中学生がどうしてもスマホに熱中する理由
  • 取り上げる前に考えてもらいたいこと
  • スマホの使用のルールを決めるうえで参考になる情報
  • 取り上げた後の対応

これらの内容について、お伝えします。

 

反抗期の中学生がスマホに熱中する理由

結論から言いますが、「親と話をしたくない」というのが、反抗期にスマホに熱中してしまう最大の理由です。

 

反抗期の症状は、何かと親に歯向かってくることだけではありません。

「何も話さない」ことも、反抗期の症状の1つです。

 

「親はいっつも怒ってばかりだから、話したくない」

そのように考える中学生にとって、友達とつながることが出来たり、ゲームをすることが出来たりするスマホは、とても楽しいツールなのです。

だからこそ、時間を忘れて熱中してしまうのです。

反抗期,中学生,スマホ

ですが、親の立場であれば、このまま放置するわけにはいきません。

なぜなら、スマホを触ってばかりいると勉強時間や睡眠時間が少なくなり、場合によっては生活リズムが崩れてしまうからです。

 

スマホを中学生の子に持たせている親御さんであれば、誰しもが一度は考えること

それは「取り上げた方がいいのかしら」ということ

 

私は、最後の手段として取り上げるのはアリだと思います。

ですが、子どもが反抗期の場合、いきなり取り上げてしまうと別の方法で反抗的な態度を取ってくるようになるので、注意が必要です。

次に、子どものスマホを取り上げる前に一度考えたもらいたいことをお伝えします。

 

スマホを取り上げる前に考えてもらいたいこと

「スマホを触ることによって、何かしら悪影響が出ているのか」

取り上げる前に、このことを考えてもらいたいです。

 

例えば

  • 成績が下がった
  • 学校の提出物を出さなくなった
  • 夜更かしをするようになった
  • 目が悪くなった
  • 朝、起きられなくなった
  • 授業中は寝てしまっている
  • 危ない目に遭いそうになった

 

この中で、1つでも当てはまっていることがあり、その原因がどの角度から考えてもスマホであるのなら「取り上げるかどうか」ということを考えたり、どのような場合であれば取り上げるのかを決めても良いでしょう。

※一番最後の「危ない目に遭いそうなった」ということであれば、問答無用で親が預かりましょう。子どもの安全を守るためです。

 

しかし、

  • スマホを触ることによって子ども自身に何も悪影響が出ていない
  • 誰かに迷惑をかけているわけではない

このような場合であれば、取り上げるのは得策ではありません。

「いつまでも触ってばかりいたら、取り上げるわよ」ということも言わない方が良いです。

 

先ほども言いましたが、スマホは中学生の子にとって「娯楽」の1つです。

それを取り上げてしまうと、「楽しいことは禁止」と言われているのと変わりありません。

 

実際、反抗期の中学生であれば、スマホを触ることにって友達とつながり、安心感を得ている部分もあります。

このことは、頭の片隅に置いて頂きたいです。

 

とはいえ、実際に悪影響が出ていなくても、今後は出てしまう可能性があります。

寝不足になったり・・・・・

成績が下がったり・・・・・

三者懇談の時に担任の先生から注意を受けたり・・・・・

このようなことは、現実に起こりうる状況です。

そうすると、やはり子どもが反抗期であっても、スマホの使用のルールは決めておくべきです。

ルールの内容については話し合って決めてよいのですが、ルールを設けると自体には、子どもの意見を聞く必要はありません。

では、どんな風にルールを決めれば良いのでしょうか?

 

スマホの使用のルールの決め方

ルールを決めるうえでとても参考になるものがありましたので、まずはそれを紹介します。

(もしかすると「知っているよ」という方もいると思います)

スマホを持つ君へ~ママと君とのスマホ18の約束

1.これはママのスマートフォンです。ママが買って、あなたに貸しているのよ。だからママの言うことをよく聞きなさいね。
 
2.パスワードは必ずママに教えてね。
 
3.電話が鳴ったら必ず出ること。画面に「ママ」や「パパ」と出ても、絶対に無視しないで、きちんと「ハロー」と応えてね。
 
4.電源を入れるのは朝7時半から。夜は学校がある日は7時半に、週末は9時になったら、電源を切って電話を返してね。
 
5.学校に持っていくのは禁止。友達とは面と向かって会話をしてね。
 
6.トイレや地面に落として壊したり、電話を失くしてしまったら、責任を持って自分のお金で修理・弁償すること。お金が必要になるから、草むしりや赤ちゃんのおもりをして、おこづかいを貯めておくのよ。
 
7.これで人を騙したり、馬鹿にしたりするのは禁止。常にいい子で、誰かを傷つけるような会話には入らないこと。
 
8.面と向かって言えないことは、これでメールをしてもだめ。
 
9.相手の親に言えないようなことは、メールしてはだめ。自分自身で厳しくチェックすること。
 
10.ポルノは禁止。インターネットではママと一緒に見られるようなものを見てね。何か知りたいことがあったら、人に聞くこと。できればママかパパに聞いてね。
 
11.公共の場では電源を切るか、マナーモードに。特にレストランや映画館では。あなたは礼儀正しい子よ。iPhoneを持つことで変わらないでね。
 
12.体の大事なところの写真を送ったり、受け取ったりしてはだめ。笑わないで。もしかしたらそうしたくなるときが来るかもしれないわ。
でもそれは、あなたのこれからの生活を台無しにしてしまう行為なの。ネットの世界は、とても巨大で、あなたよりも強大な力を持っている。噂や風評でさえ、簡単に消すことができないわ。
 
13.写真やビデオはたくさん撮らないこと。すべてを記録する必要はないの。それよりも経験を大切にして。それはあなたの記憶に永遠に残るものなのよ。
 
14.ときどき電話は家に置いて行きなさい。その選択は正しいと自分を信じていいのよ。電話は生き物でもないし、あなたの一部でもない。携帯なしで生活することが大事。なくなるのを恐れないで。
 
15.最新曲やクラシックなど、たくさん音楽をダウンロードして、同じものをずっと聴くより様々な音楽を聴いて。あなたの世代は歴史上でもっとも音楽に触れることができる世代。その恩恵を受けて、世界を広げてね。
 
16.ゲームは言葉遊びやパズル、脳トレをやりなさい。
 
17.常に上を向いていること。周りの出来事に目を向けること。窓の外を見ること。鳥の声を聞くこと。外を歩くこと。知らない人とも話をすること。グーグルで検索しないで感動できることを探しなさい。
 
18.約束を破ったら携帯電話を取り上げます。そしてそれについて話し合い、一からやり直しましょう。ママはあなたのチームの一員。一緒に学んでいきましょう。

引用元:マイナビニュース

ここでは、18個のルールを親子で決めたわけですが、これを全て取り入れてしまうと、余計に反発されてしまうでしょう。

特に、反抗期の中学生に「3」を守らせるのは難しいでしょう。

ですので、「これだけは絶対に譲れない」というラインを決めて、それを破ったら取り上げるというルールがベストです。

 

スマホを取り上げた後の対応は?

スマホを取り上げた後、ずっと返さないでいると子どもが不満を抱えてしまいます。

ですので、「どのような条件を満たせば、使用を許可するのか」を取り上げたときに伝えておくようにしましょう。

 

また、取り上げた後に子どもが文句を言いに来たとしても、毅然とした対応を取ることも大切です。

そうすることで、「親は口だけではないんだな」と言うことが伝わり、少しずつ親を信頼するようになってきます。

 

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

Pocket

中学生のお子さんがいる方、必読です

2021年の大学入試改革に備えて、今のうちから高めておきたい「思考力」
とはいえ、どうすれば身につけられるのかを具体的に紹介しているものを目にする機会は
滅多にありません。

・これまで嫌いだった勉強が「面白い」と感じられる
・定期テストでは、5教科最低400点を取れる
・高校受験で第一志望校に合格できる力が身につく
・社会で逞しく生き抜く力を育める

これらのことが現実となる「思考力」を高める勉強法を、以下のページでお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です