彼氏が欲しい中学生が理想の相手と長く付き合うためには?

Pocket

「中学生になってから、『彼氏が欲しい』という願望が強くなった」

「クラスや同じ学年にカップルが増えているから焦ってしまう・・・」

「これまで1度も彼氏ができたことがないんだけど、大丈夫かな・・・」

もし、このように考えているのであれば、ぜひ続きを読み進めてください。

 

「彼氏ができるためのコツ」みたいな内容の記事はたくさんあり、おそらくあなたも読んだことがあるでしょう。

ですが、それらには「最も重要なこと」が抜けている場合が多く、そのため

「いつまでたっても彼氏ができない」

「このままだと不安で仕方がない・・・」

と思ってしまう中学生が多いのです。

 

スポンサーリンク


 

そこで今回は

「彼氏が出来るようになるために覚えておいてほしい最も大切なこと」を最初にお伝えします。

その後に「彼氏ができる中学生と出来ない中学生の特徴」についてお伝えしていきます。

 

「彼氏が欲しい」という願望を叶えるには?(中学生編)

彼氏をゲットするためのキーポイント

早速ですが、質問です。

あなたは、彼氏ができるために最も大切なことは何だと思いますか?

可愛いことでしょうか?

優しいことでしょうか?

それとも、オシャレなことでしょうか?

 

もちろん、これらのことは大切なことではあるものの「一番大切なことか?」と言われれば、そうとは言えません。

実は、「彼氏が欲しい」と日々考えている中学生が、意外と見落としていることなのです。

それは一体、何でしょうか?

・・・・・

・・・・・

・・・・・

では、正解を言います。

それは

「好きな人ができるまで、彼氏を作らないこと」

なのです。

「エーッ!?でも、私の友達は別に好きな人じゃない男子と付き合っているんだけど・・・」

たしかに、そういう人もいますし、私もそんな中学生を何人も見てきました。

 

ですが、よく考えてみてください。

好きでもない人どうして付き合った人たちは、結局どうなっていますか?

半年以上、お付き合いが続いているでしょうか?

大抵の場合、数週間~数ヶ月で別れてしまっています。

(もっと早い場合もありますね)

 

実は、「誰でもいいから付き合いたい」と思っている女子中学生に限って、大抵の場合は彼氏ができません。

なぜなら、そんな風に思っているのが男子にも気づかれてしまい「どうせ俺じゃなくても誰でもいいんでしょ!」と思われてしまうからです。

 

もしあなたが、よほど美貌に自信があって、「別に数か月単位で別れてもイイや」と思っているのであれば、好きな人ができるまで、彼氏を作るのを待たなくても良いでしょう。

ですが、「彼氏が欲しい」と思ってこの記事を読んでいるあなたは、彼氏を作ることが目的なのでしょうか?

それとも「好きな人と、出来る限り長い期間付き合いたい」と思っているのでしょうか?

(おそらく、後者だと思います)

 

もしそうであるなら、好きな人ができるまで彼氏を作るのを待ってみましょう。

ここから先は、あなたに好きな人ができた場合、どうやって仲良くなれば良いのかということや、彼氏ができる中学生の特徴をお伝えしますので、続きを読み進めてください。

 

彼氏ができる中学生の4つの特徴

その1:わりと男子に話しかけている

普段から男子に話すのに慣れている人と、慣れていない人と比べてみると、彼氏ができやすいのは「慣れている人」です。

中学生男子の場合、女子から話しかけられると「自分のことを決して嫌っているわけではないんだな」と考える人が多いです。

(この点が「話はするけど実はアイツが嫌い」という場合もある女子とは異なる部分なのです)

 

そう考えると、「話しかけない」ということは「そもそも自分に興味がないんだな」と思われてしまうことになるのです。

もしあなたが好きな人がいるのに全く話しかけないでいると、99.9%恋愛関係に発展することはないでしょう。

 

とはいえ、好きな人となると話しかけるだけでチョット緊張してしまうものです。

もし、なかなか話しかけられない場合は「あいさつ」からはじめてみましょう。

 

朝、学校内ですれ違ったときな「おはよう」

学校から帰る時に見かけたら「バイバイ」

 

あいさつをしてもらえることは、男子にとってはちょっぴりどころか、メッチャ嬉しいことなのです。

(中には、嬉しくて顔がにやけている男子もいるぐらいです。)

 

あいさつに慣れてきたら、勉強のことや部活のことをいろいろ話して、仲良くなることで少しずつ心の距離を縮めていきましょう。

 

その2:普段から表情が明るい

これも、彼氏ができる中学生の特徴です。

もちろん、たとえ普段は明るくなくても思いやりのある人はたくさんいるのですが、それを見抜ける中学生男子は滅多にいません。

(少なくとも、私はそんな中学生に会ったことがありません)

子どもでも大人でも、基本的には「明るい人」の方が好まれる傾向があります。

(付き合う相手となれば、なおさらです)

ここで言う「明るい」というのは、「誰もがうらやむ美人」という意味ではありません。

「笑顔が可愛らしい」という意味です。

実は、中学生男子の場合「あの子の笑顔が可愛い」という理由でその人のことが好きになるケースが多いのです。

 

普段しゃべっている女子の笑顔を見ると、男子はつい胸が「キュン」となるのです。

むりやり笑顔を作らなくても大丈夫です。

好きになった人の前で自然な笑顔を見せることができるぐらい、仲良くなることが大切です。

 

スポンサーリンク


 

その3:気遣いが出来る

中学生男子に「どんな子がタイプ」と聞くと、8割以上の生徒が「優しい人」と答えます。

私も中学生の頃は、このように答えていました。

例えば、

・男子が何かものを落としたら拾ってあげる

・しんどそうにしていたら「大丈夫」と言ってあげる

・重いものを持っていたら「少し持とうか?」と言って手伝ってあげる

こういった優しさは、男子にとって本当に嬉しいものです。

 

男子の言う「優しい人がタイプ」というのは、自分の彼女にも「優しさ」を求めているということなのです。

ですので、好きになった人に対しては、あなたの出来る範囲で「優しさ」が伝わる行動をしてみましょう。

 

その4:ボディータッチをさりげなくする

男子が女子にされると嬉しいことの1つが「ボディータッチ」です。

「おはよう」と言いながら肩をポンとたたいたり、落としたものを拾ってほしい時に背中をツンとしてみたり・・・

こういったことをされると、男子はわりと恥ずかしがるものですが、内心では有頂天になってついニヤけてしまうものです。

男子が女子にボディータッチをすると、問題になりますが、女子が男子にしても全く問題にならないことを考えると「女子ならではの武器」と言えますね。

使わない手はないですね。

 

ですが、誰に対してもボディータッチをしてしまうと、男子からも女子からも「何アイツ・・・(ブリッ子しやがって)」と思われてしまいます。

あくまで「好きになった人ともっと仲良くなる」ために行なうことが大切です。

 

好きな人に話しかけることが出来て、仲良くなれたのであれば「いつ告白しようかな?」と考えてしまいますね。

実際に告白をする前に、やっておくべきこととな何でしょうか?

また、どんな風に告白をすればよいのでしょうか?

 

こんな悩みを解決できるこちらの記事も、ぜひ読んでみてください。

中学生の告白の仕方 女子からの場合の成功の手順は?

彼氏が欲しいのに出来ないのはなぜ?

その1:何かと威張っている(言葉遣いが悪い)

普段から先生に対して声を荒げて反抗的な態度を取っている、いわゆる「ボスキャラ」と呼ばれる存在は、男子と割と仲良くしていますが、男子からは「こいつ無理!」と思われているものです。

そうなると、彼氏ができないのも無理はありません。

中学生に限った話ではありませんが、男子から好かれるのは、まるで「男」のような女子ではなく、女の子らしい女子なのです。

ということは、普段から女の子らしい振る舞いをすることが、好きな人と結ばれるためには重要なことなのです。

 

その2:「ウチの男子はカッコいい人はいない」と言っている

いますね。こういう女子!

あなたの周りにも、こんなことばかり言っている友達がいるのではないでしょうか?

こういったセリフは、男子に聞かれていないようでしっかり聞かれているものです。

男子からしても「何だよアイツ!」と思っており、言えば言うほど「可愛くない女子」一直線へと進んでしまっていることに、本人は気づいていないのです。

もし、あなたが好意を寄せている男子に聞かれたら、もうその人と付き合える確率は一気にゼロへと近づいてしまいます。

 

万一あなたが、「ウチの中学の男子はレベルが・・・」なんて言ってしまっているのなら、今日からそれを言うのを辞めるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか。

最初のほうでもお伝えしたように、理想の彼氏をゲットするには「好きな人が出来るまで、彼氏を作らない」ことが大切なのです。

あなたも、「付き合えるならだれでもいい!」なんて思っていないでしょう。

たとえ、周りの友達が彼氏持ちばかりだっとしても、焦る必要はありません。

「友達は友達、自分は自分!」

ぜひ、この考えを持っておいてくださいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です