スマホを没収されて親から返してもらうにはどうすればいい?

Pocket

「親にスマホを没収されてしまった」

「これじゃあ友人とコミュニケーションが取れない」

「一体、どうすればいいんだろう」

おそらく、こんなことを思っているのではないでしょうか。

 

スマホを取り上げられたのであれば、一刻も早く返してもらいたいでしょうが、その前に考えてもらいたことがあります。

そうすることで、返してもらう確率を高めることが出来ます。

今回は、

・スマホを返してもらうために大切なこと

・取り上げられている最中に、絶対にやってはいけないこと

このことについても、お伝えします。

 

スポンサーリンク



 

没収されたスマホを「返して」と言う前に考えたいこと

まず初めに考えてもらいたいのは「なぜスマホを親から没収されてしまったのか」と言うことです。

没収されてしまったということは、それなりの理由があるはずです。

例えば、

・親と決めたスマホのルールを破った

・夜遅くまでスマホを触っていたせいで、朝起きられなくなった

・テストの成績が下がった

といったように、何かしら原因があるはずです。

 

スマホを取られたことに対していくら文句を言っても、一向に返してもらえません。

まずは、あなた自身のこれまでの行動を振り返って「どうして没収されたのか」を考えてみることが、スマホを返してもらうための第一歩となります。

 

スマホを返してもらうための方法は?

方法は2つあるので、順番に説明していきます。

1つ目

1つ目は、没収された理由を明確にした後、親に謝罪をして、今後どのように行動を改めるのかを伝えることです。

例えば

「今回は、寝る時間に触ってはいけないというルールを破ってしまいました。今後は、布団に入る前にお母さんにスマホを預けるようにするから、返してほしいです。」

「テスト前になってもスマホばかり触ってほとんど勉強をしなかったせいで、成績が下がってしまいました。次からは、テスト1週間前に入ったらスマホを使用するのは、土・日の決められた時間だけにします。」

 

このように、「どのように行動を改めるのか」については、ルールを破らないための具体的な方法について言うようにしましょう。

 

2つ目

これまで門限や就寝時間などのルールをきちんと守っていれば、親にきちんと謝れば返してもらえるでしょう。

しかし、今まで散々ルールを破っていたとしたら、たとえあなたが親に謝ったとしても「どうせまた口だけでしょ」と思われてしまいます。

 

では、そんな場合はどうすれば良いのでしょうか?

それは、「行動で反省していることを示す」ことです。

例えば、

・毎日15分でも良いから、机に座って勉強する

・朝は決まった時間に起きて、夜は決まった時間に寝る

・食事中は、行儀よくする

・門限を守る

といったように、実際に態度で示すことで「改めようとしているんだな」と言うことが親にも伝わります。

 

人は、口ではいくらでも嘘を付けますが、行動で噓をつくことはできません。

このことは、あなたの周囲にいる人を見れば、実感できるのではないでしょうか。

「ルールを守る」というのは、スマホだけに限らず、日常生活においても必要な事であり、そうすることで、信頼を勝ち取ることが出来るのです。

スポンサーリンク



 

絶対にやってはいけないことは?

ここまで、没収されたスマホを返してもらうための方法についてお伝えしてきました。

最後に、スマホを没収された後に絶対にやってはいけないことを言っておきます。

(なぜかと言いますと、分かっていても実際にやってしまう人がたくさんいるからです)

それは、何だと思いますか?

・・・・・

・・・・・

・・・・・

それは

「スマホがどこにあるのかを、何とかして見つけ出そうとすること」です。

当たり前の話ですが、取り上げたはずのスマホが保管していた場所に無い場合、親は間違いなく「子どもが勝手に持ち出した」と気づきます。

そうなると、当然ですがますます親から信用されなくなってしまいます。

 

あなたとしては

・友達と連絡が取れない

・彼氏(彼女)に嫌われてしまう

という不安を解消しようとして、保管場所を突き止めようとしているのでしょうが、それよりも失った信用を取り戻す方が先です。

それができなければ、今後あなたが親にお願い事をしたときに聞いてもらえなくなってきます。

 

もちろん、友達や祖父母からスマホを借りるのもNGです。

あなたは「バレていない」と思っていたとしても、親には全部バレているものです。

 

「スマホを没収されてしまったら、反省していることを態度で示す」

このことを、忘れないようにしてください。

スポンサーリンク


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です