藤田倭(ソフトボール選手)の球速や名前の由来・プライベートでの素顔は?

Pocket

女子ソフトボール界で注目されている藤田倭選手が、11月12日(日)の情熱大陸に出演します。

藤田選手の名前の由来や出身校はもちろん、これまでの戦績や最高球速、さらにはプライベートでの素顔など、気になる情報をお伝えします。

 

スポンサーリンク



 

藤田倭選手のプロフィールや戦績

名前:ふじた やまと

(この名前には「日本を背負う人間になってもらいたい」という両親の想いが込められています)

生年月日:1990年12月18日

年齢:26歳

出身地:大阪

身長:165センチメートル

出身高校:佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校

現在の所属チーム:太陽誘電

 

ちなみに、藤田選手と同い年のスポーツ選手には(引退した選手も含む)

則本昂大(東北楽天ゴールデンイーグルス)・東浜巨(福岡ソフトバンクホークス)

大田泰示(北海道日本ハムファイターズ)・浅村栄斗(埼玉西武ライオンズ)

酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)・斎藤学(横浜Fマリノス)

浅田真央 キム・ヨナ(ともにスケート選手)

 

有名人であれば

伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)・菊地亜美・ダレノガレ明美

 
などがいます。

 

では次に、戦績を見ていきましょう。

2012年 世界選手権優勝

2014年 世界選手権優勝・最多勝利投手

2016年 世界選手権準優勝・最多勝利投手・ホームラン王・打点王

 

2016年には投打にわたって活躍したことから「ソフト会の大谷翔平」と呼ばれるようになったのです。

 

2020年の東京オリンピックで再び開催されることになったソフトボール

藤田選手をはじめソフトボールの実業団選手たちは、虎視眈々と代表入りを狙っているはずです。

もし藤田選手が東京オリンピックに出場した場合、年齢は29歳であり選手として最も脂がのっている頃でしょう。

 

ちなみに、北京オリンピックで大活躍した上野由岐子選手は、当時26歳でした。

上野選手も九州地区の高校を卒業しているのは、なんという偶然でしょうか?

 

藤田選手には、東京オリンピックを「20代最後の最高の思い出」にしてもらいたいです。

 

スポンサーリンク



 

藤田倭選手の球速はどれぐらい?

藤田選手の球速ですが、現時点では111km/hという記録になっています。

この球速は、野球に置き換えると体感速度は150km/h以上ぐらいだと言われています。

しかも、ソフトボールの場合はボールが浮き上がってくるわけですから、野球よりも打ちづらいわけです。

そのため、プロ野球選手たちが手こずるわけです。

ストレートだけでなく変化球も操りますから、バッターとしても的を絞るのが難しいでしょう。

 

ちなみに、上野由岐子投手の最高球速は121km/hでした。

「上野選手は尊敬する選手であると同時に、越えなければならない存在」と語る藤田選手

今後、この数値にどれだけ迫ることが出来るのか、また、オリンピックでどんな戦績を収めるのか注目です。

 

藤田倭選手のプライベートな一面(彼氏はいるのか?)

藤田選手はTwitterをしており、時々自身のことについて投稿しています。

体が資本のスポーツ選手

練習の疲れをいやすために「旅の宿」を重宝しているのではないでしょうか。

 

さらに、ハロウィンにちなんでこんなグローブも

普段とは違ったお茶目な一面もあるんですね。

現在のところ、彼氏については情報がありません。

(今は、ソフトが第一なのでしょう)

 

そういえば、以前上野選手が「行列のできる法律相談所」に出演したときに、結婚について聞かれていました。

そのとき「今はソフトを続けたい」とキッパリと答えていました。

藤田選手も、今は同じような心境なのでしょう。

 

おわりに

11月12日の情熱大陸では、ソフトボールへの凄まじい情熱や、プライベートな一面が放送されるでしょう。

(番組で新たに分かったことがあれば、改めて追記します。)

2020年に藤田選手が活躍する姿が、今から楽しみです。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です