名古屋市の私立高校生が電子マネー要求⁉学校名は野球強豪校!学校の対応は?

Pocket

愛知県名古屋市の私立高校で、2年生の男子生徒が女子高生を装って電子マネーを要求していたことが分かりました。

「どこの学校の生徒なのか」と気になったのですが、映像を見る限り野球強豪校の可能性が浮上しております。

一体、どこの学校なのでしょうか。また、学校側はどのような対応をしたのでしょうか?

気になる情報をお伝えします。

 

スポンサーリンク



 

名古屋市の私立高校生が電子マネーを要求

学校はどこ?

まずは、こちらの映像をご覧ください。

学校の校舎が映っているということは、この学校の生徒が関わっているということが分かります。

(まさか、無関係の学校が撮影されるはずはありません)

この校舎の学校を探してみると、以下のページが見つかりました。

映像に該当する校舎

 

いかがでしたか。

実名が報道されていない以上は断定することはできませんが、何度も甲子園に出場しており世界で活躍する有名人を輩出しているあの学校の可能性が高いと言えます。

全国的に有名な学校であるだけに驚いてしまいましたが、それ以上に生徒が26人も関わったことには、さらにビックリしてしまいました。

※11月21日に更新された情報では、そこからさらに13人が関わっていることが分かって合計で39人が関係していたとのことです。

また、生徒たちは3つの運動部に所属しています。

 

【事件の概要】

夏休み頃からアプリを使用して女子高生のふりをして「もし会いたいのであれば電子マネーを送るように」と投稿していました。

数千円から数万円の電子マネーを獲得した生徒たちは、部活に必要なものを購入していました。

11月8日の保護者が学校に相談したことで、今回の出来事が明らかとなりました。

生徒たちは「面白半分でやってしまった」と述べています。

 

 

スポンサーリンク



 

学校側の対応は?

現在も調査を継続しているようで、学校サイドは

「今回の生徒たちが行ったことは法に触れる行為であり許されることではありません。今後はSNSの正しい使用方法を指導するとともに、再発することがないように指導を徹底してまいります。」

と発表しています。

11月20日には全校集会が開かれて、校長先生が直々に「SNSは使い方を誤ってしまうと法律に触れることになる」と指導しました。

さらに、今後は愛知県の私立高校全体で指導を徹底していく通知が出されました。

最近では高校生に限らず中学生でもSNSを使いこなしており、操作方法は親世代よりも詳しいかもしれません。

実際、SNSに関する事件も起こっており、「ひと昔前であればそんなことは起きなかった」と思うようなことが、最近では実際に起きてしまっている現状です。

先生たちも、SNSの使用方法や注意点を学ばなければならない時代だと言えます。

 

また、39名が所属する部活の顧問の先生も頭を悩ませているでしょう。

対外試合の禁止や謹慎などの処分にあたる可能性だってあるわけです。

せめて、今回の出来事と無関係の生徒たちが守られる措置をとってもらいたいと思います。

 

今回の出来事に関わってしまった生徒たちはしっかり反省して、2度と同じことをしないことを誓ってほしいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です