大竹しのぶの再婚相手 もう1人の野田秀樹はどんな人?別れた理由は?

Pocket

12月10日のおしゃれイズムには、かつて「魔性の女」と呼ばれた大竹しのぶさんが出演します。

大竹さんと言えば、数々の有名人と結婚(再婚)・離婚を繰り返したことで有名ですね。

そこで今回は、大竹しのぶさんがこれまで結婚(再婚)した相手のことや、結婚(離婚)理由についてお伝えします。

 

スポンサーリンク



 

大竹しのぶの再婚相手:その1

1人目は、ご存知の通り明石家さんまさんです。

大竹さんとは1986年「男女7人夏物語」で共演しました。

このドラマに出演した主要人物には

片岡鶴太郎・奥田瑛二・賀来千香子・池上季実子・小川みどり

がいて、現在も第一線で活躍している人ばかりです。

当時、大竹さんは服部晴治さんと結婚しており1985年には子どもが誕生しました。

ですが、子供が生まれる前から服部さんの体調は思わしくなく、看病も相当大変だったようです。

「旦那の看病+子育て+ドラマ出演」

なかなかのハードスケジュールです。

子育てについては、両親にも協力してもらっていたのでしょう。

 

1987年に服部さんが病気で亡くなってしまい大竹さんは相当ショックを受けていたようですが、さんまさんの存在が、当時の大竹さんにとって精神的支柱だったようです。

ですが、旦那さんの看病の合間にさんまさんと会っていたという情報もあるのです

そう考えると、大竹さんは相当タフだと言えます。

そして、1988年にさんまさんと結婚して、1989年に娘(IMALUさん)を授かりました。

ですが、さんまさんとは1992年に離婚することになりました。

理由については、有力説が3つあります。

 

まず1つ目は、女優業に復帰したい大竹さんの価値観と、「奥さんには専業主婦でいてもらいたい」というさんまさんと価値観が食い違ったことです。

結婚前に、さんまさんは大竹さんに「結婚したら家庭に入ってもらう」ことを約束していたのです。

「家に帰って奥さんが作ったご飯を食べたい」

という願望が、さんまさんにはあったようです。

そう考えると、わりと庶民的な感覚の持ち主なのですね。意外です。

 

大竹さんとしても最初はさんまさんからの提案を受け入れたみたいですが、IMALUさんが生まれてから1年半ほどすると「もう1度女優として活動したい」という気持ちがふつふつと湧いてきたようです。

当時は「女性は家庭を守る」ことがさも当たり前だったことを考えると、仕事復帰は勇気ある決断だったと思います。

 

2つ目は、さんまさん自身に原因があるという説です。

「史上最大のさんまの早押しトーク」で明かされていたのは、さんまさんの口座から大金が引き出されていることに気づいた大竹さんが「どうして」と追及

すると、ある女性に渡していたことが発覚したのです。

「ある女性」というのは、さんまさんの元カノで「今後さんまさんが誰かと結婚したら海外旅行を元カノにプレゼントする」と約束していたのです。

さんまさんが何を考えてこんなことをしたのかは分かりませんが、大竹さんは当然呆れてしまい、このことが不仲の原因だとも言われています。

 

離婚会見のとき、さんまさんは額に「×印」を書いて会場に現れたことで「バツ1」という言葉が誕生しました。

たしかに「笑いを取りに行っている」と思われてもおかしくありません。というより、誰もがそう感じるでしょう。

さんまさんは「自分の男気に大竹さんが感動する」と思っていたようですが、実際は全く逆の反応が返ってきて驚いたようです。

 

スポンサーリンク



 

大竹しのぶの再婚相手:その2

大竹さんは、舞台「真夏の夜の夢」を演出した野田秀樹さんと1992年に出会いました。

このときの2人の関係は「不倫」だったようで、これにはさんまさんも「真夏の夜の悪夢だ!」と言い放ちました。

言葉のチョイスが、本当に絶妙です。

(野田秀樹さんとのことが、3つ目の離婚理由だと言われています)

 

では、野田秀樹さんとは一体どんな人なのでしょうか?

【野田秀樹のプロフィール】

生年月日:1955年12月20日(誕生日を迎えると62歳)

職業:俳優・劇作家、演出家。多摩美術大学教授

配偶者

竹下明子(1986年~1987年)

藤田陽子(2005年~)

1992年から大竹さんと「事実婚」という形で同棲をはじめ、それが1997年まで続きました。

ということは、野田さんは「バツ1」だったときに大竹さんと出会っていることになります。

 

別れた原因は、大竹さんのお母さんが2人の結婚に大反対したようです。

この時すでに大竹さんは「バツ2」であり、これ以上結婚(離婚)を繰り返すのは、親としてもさすがに耐えられなかったのでしょう。

ですが、現在も2人は仕事でつながりがあるのです。

では、さんまさんと暮らし、野田さんとも暮らしたIMALUさんは当時のことをどのように思っていたのでしょうか。

どうやら

「お父さんがたくさんいてうれしかった」

と考えていたようです。

 

現在も、さんまさんからの「人一倍努力せよ」「生きてるだけで丸儲け」というアドバイスを胸に仕事を続けるIMALUさん

2017年5月に超エリートサラリーマンとの交際が噂になりましたが、果たして結婚するのでしょうか?

こちらも気になるところです。

 

おわりに

大竹さんが最初に結婚した相手(服部さん)には、結婚寸前の相手がいました。

2度目の結婚相手(さんまさん)は結婚当時、モテモテだった時期です。

そして、3度目に一緒に暮らした相手(野田さん)は、かつて結婚を経験している人です。

そう考えると、大竹さんは「イイ男」を引き寄せる天性を備えているのでしょう。

 

今後も、様々な男性を惹きつけながら人生を謳歌していくでしょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です