クロちゃんの声はわざとなのか?動画で検証!過去の衝撃ドッキリ内容は?

Pocket

最近、ドッキリ企画に出演することが多いクロちゃん

中には「この内容を放送して大丈夫なのか」と話題になってものもありました。

そんなクロちゃんですが、以前から気になっていたのがネタの時の異様に高い声!

「わざとなのか、それとも地声が含まれているのか」

気になっている方もいるはずです。

そこで今回は、クロちゃんの声について動画で検証してみました。

 

スポンサーリンク



 

クロちゃんのプロフィール

本名:黒川 明人(くろかわ あきひと)

生年月日:1976年12月10日(41歳)

出身地:広島県

学歴:花園大学卒業

身長:171㎝

体重:110㎏

所属事務所:松竹芸能

 

この事務所に所属している人(コンビ)は

●笑福亭鶴瓶

●森脇健児

●TKO

●ますだおかだ

●よゐこ

●キンタロー

などがいます。

 

ちなみに、安田大サーカスを結成したのが2001年

●「アイドルになりたい」という夢を抱いて松竹芸能アイドル部の選考会を受験したクロちゃん

●相方探しに明け暮れていた団長安田

●話すトレーニングを積むために松竹芸能に加わったHIRO

この3人を社員が引き合わせたことでグループが結成されました。

 

全くと言って良いほどキャラや方向性が異なる3人を組み合わせた社員さんは、先見の明があるでしょう。

「この3人が組んだら面白いし売れる」という確信がどこまであったのか分かりませんが、まさに「大仕事」ですね。

そして、コンビ名を決めるのに一役買ったのが同じ事務所の先輩であるますだおかだ

「木下大サーカス」をヒントにしてコンビ名がひらめいたようです。

「安田」を先頭に持ってきたのは、団長がリーダー格だからでしょう。

ちなみに、私の高校時代の同級生に「安田」と言う名前の生徒がいたのですが、ニックネームは当然「団長」

まあ、そうなるのも無理はありません。

 

私の中で「安田大サーカス」と言えば「ドンドンドン!ベタベッタ!ドドンドドンー!」というフレーズ

今でも印象に残っています。

最近の情報によると、以前から入院していたHIROが最近復帰したようですね。

今後もますます活躍の場を広げることでしょう。

 

スポンサーリンク



 

クロちゃんの声はわざとなのか?

さて、「クロちゃんです!」という高い声についてですが、以前から「わざとなのか、地声なのか」についてあれこれ言われてきました。

たしかに、男性にしては高すぎますね。

そこで、クロちゃんの声について動画で調べてみました。

 

すると、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」地球防衛軍24時の中で、低い地声を出したという情報が見つかりました。

動画を見てみると、4時間16分50秒あたりで本来の声が出ているように思います。

また、この動画以外でもパチンコをしている時の動画も見てみましたが、ネタの時よりも低い声を出しています。

とはいえ、あくまで主観ですが「一般男性と比べるとほんの少し高いかな」という印象です。

 

ということは

●「クロちゃんです」のフレーズでは、わざと高い声を出している

●もともとの声は、ほんの少し高め

という可能性が高いでしょう。

 

クロちゃんの驚きのドッキリ内容

以前話題になったのが「女性の方を何回振り向いてしまうか」という内容で、参加者4人のうち最も回数が多かったのがクロちゃん

帽子を下げて堂々と見ようとしていた姿に石橋貴明さんも驚いていたようです。

さすがに、そこまで行くとやり過ぎですね。

今後は、気を付けないとヤバいでしょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です