松井秀喜の嫁 中山愛の画像!子供に野球をやらせるのか?結婚秘話も紹介!

Pocket

野球ファンならだれもが知っている松井秀喜選手

結婚したのは10年ほど前になりますが、とても話題になったことを昨日のことのように覚えています。

当時、松井選手は「嫁は一般人だから公開したくない」といった理由で似顔絵を描いたので肩透かしを食らった気分になりました。

改めて嫁の情報を調べてみると、「中山愛」さんという女性だということが分かりました。

 

今回は、松井選手の結婚秘話や中山愛さんの画像や、さらには子供の情報についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク



 

松井秀喜の嫁の中山愛さんの画像や結婚秘話

松井選手は2008年3月に結婚を発表しています。

当時、松井選手は33歳で奥さんは25歳でした。

中山さんは富山県出身で結婚前はスポーツメーカー「ミズノ」の社長秘書をつとめていたようです。

本当に美人な奥さんですね。松井選手が羨ましいです。

松井選手といえば、グローブ、スパイク、バットなど野球道具一式を「ミズノ」で揃えていました。

ミズノに対する信頼はとても厚く、一度たりとも揺らぐことが無かったとインタビューで語っています。

松井選手の一目惚れで結婚したとはいえ、もしミズノ以外のメーカーの道具を使用していたら、お互いにそこまで好印象を持たなかったような気がします。

「ミズノが生んだ出会い」とも言えるのではないでしょうか。

 

出会いは2006年であり、この年は大ケガをしてしまい連続試合出場が途切れた年でした。

そんな苦しい時に出会っており、支えてくれていたからこそ生涯の伴侶に選んだのでしょう。

結婚した翌年の2009年は、ヤンキースが世界一になった年であり松井選手はワールドシリーズMVPという快挙を成し遂げています。

奥さんとしても、相当嬉しかったはずです。

世界一を記念して2人で自宅でささやかな祝杯を挙げており、これまで大変だったことやワールドチャンピオンの喜びを夫婦で分かち合っていたのでしょう。

 

今でも、奥さんは松井選手の大好物である「ハンバーグ」を作って松井選手の帰りを待つ日を送っているでしょう。

ちなみに、奥さんは松井選手を「秀喜さん」と呼んでいるようです。

主人のことを尊敬している気持ちが伝わってきますね。

 

スポンサーリンク



 

松井秀喜選手の子供は?

現在判明しているのが

●2013年3月:長男が誕生(現在は4歳)

●2017年1月:次男が誕生(現在は0歳)

ということです。

2人とも出身はアメリカ・ニューヨークで、長男が誕生したときは「ミニラ」という愛称がつけられました。

 

2人とも男の子であり、「野球をやらせるのか」という期待を持ってしまいます。

 

「野球をやらせるのか」という質問に対して

「本人がやりたいと言ったら、やって欲しい。僕は野球というスポーツからいろんなことを学んだので。野球ならいろいろ指導することができますし、やってくれたらうれしいでしょうね」

 

と述べています。

本音としては、やはりやらせたいのでしょう。

 

現在は指導者としても活躍していますから、子供たちが松井選手から手ほどきを受ければ、とんでもない選手が誕生する予感がします。

子供達は「松井選手の子供」というプレッシャーを感じるかもしれませんが、持って生まれたポテンシャルと練習によって乗り越えてもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です