松本潤&有村架純の熱愛画像!大阪で相合傘だった!

Pocket

松本潤有村架純熱愛画像について気になって調べてみると、大阪で相合傘をしているシーンを見つけました。この2人は、映画「ナラタージュ」に恋人同士という役柄で出演しており、話題を呼んでいます。今後2人は交際に発展するのでしょうか。その可能性や「ナラタージュ」の原作やあらすじ、さらにはこの言葉の意味についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク



 

松本潤&有村架純の熱愛画像

松本潤さんと有村架純さんの熱愛画像は「ナラタージュ」でのシーンです。

大阪で相合傘だったのも、ナラタージュのイベントに出席していた時なのです。

松本さん自身、大阪に久しぶりに戻って来られてとても嬉しそうでした。

(USJには足を運べていないみたいです)

 

さて、ナラタージュについてですが、これは島本理生(しまもとりお)さんが書いた恋愛小説で、2005年に発売されました。

「この恋愛小説がすごい! 2006年版」

「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」

において見事グランプリを獲得!

本屋大賞でも6位にランクインしており、とても話題になったのです。

実際に作品を読んだ方の感想です。

読んでいて思いっきり涙が流れる小説に出会える機会は滅多にないでしょうから、完成度は相当高いのでしょう。

2017年10月から映画が公開となりました。

 

映画「ナラタージュ」のあらすじや言葉の意味

有村架純さんが演じる工藤泉は、高校時代に一人の男性教師に惹かれていました。

その教師が、松本潤さん演じる葉山貴司です。

 

葉山は演劇部顧問で、工藤は部員でした。

工藤は母校の卒業公演に出ることになり、そこで葉山と再会することになります。

当時の憧れの気持ちがよみがえり、その感情を押さえられなくなってきます。

「先生のことを好きになってはいけない」

「でも、押さえることなんて出来やしない」

そんなふうに思っている様子が画面から伝わってきます。

 

ちなみに「ナラタージュ」の意味ですが、コトバンクには

映画などで、ある人物の語りや回想によって過去を再現する手法

と記されています。

今回の映画は、社会人になった工藤が大学時代を振り返る形になっており、題名にピッタリの映画なのです。

これは、偶然でしょうか?

 

監督を務める行定勲さんは、かつて「世界の中心で、愛を叫ぶ」を手掛けた人であり

「ナラタージュにピッタリなキャストがようやく集まった」

「10年待ってよかった」

とコメントしています。

 

スポンサーリンク



 

松本潤と有村架純は交際に発展するのか?

今回、松本さんと有村さんは「恋愛シーン」に登場するわけですが、この先2人は「恋人」に発展する可能性はあるのでしょうか?

松本さんは、井上真央さんとの破局報道が流れたばかりで、現在はフリーの立場です。

井上真央さんと付き合ったきっかけも、2人で恋愛シーンを演じたことでしたから、有村さんのことが好きになってしまうなんてことも考えられます。

松本潤と井上真央の破局原因を作った人物は?

 

では、有村さんの方は現在彼氏がいるのでしょうか?

現在ウワサになっているのは、AAA西島隆弘さん

そのきっかけは、ドラマ「いつ恋」で共演したことです。

この程度であれば「噂レベル」と考えてもよさそうですが、ドラマ終了後、西島さんは有村さんにMVの出演を依頼し、有村さんは承諾したのです。

そのため「もしかして付き合ってるの?」と考える人が増えたのです。

中には、西島さんに対して「公私混同するな」と怒っている人もいました。

 

心理学的にも、恋人役を演じた2人が恋人同士になってしまうことはあり得ることです。

なぜなら、彼氏役(彼女役)を演じているうちに本当に彼氏(彼女)になった気分になるからであり、これを「ロールプレイ効果」と呼びます。

そう考えると、「松本潤&有村架純が熱愛」と報じられる可能性もありそうですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です