増田幸平の顔画像や自宅は?娘絵美子さんへの事件後の不気味な行動とは?

Pocket

東京都練馬区のアパートで、増田幸平容疑者が原因で娘の絵美子さんが亡くなってしまうという悲しい事件がありました。事件後の増田容疑者の行動が、なんとも不気味に感じてしまいます。今回は、その行動のことや「娘の将来に悲観した」に隠された本音、さらに増田容疑者の顔画像自宅について調べてみました。
 

スポンサーリンク



 

増田幸平の顔画像や自宅は?

名前:ますだこうへい

年齢:74歳

職業:無職

住所:東京都練馬区豊玉中3丁目

増田幸平容疑者の自宅

住所をもとに周辺を見てみると、住宅が多く立ち並んでいることが分かります。

周辺にはスーパーやコンビニもあるので、生活するのに不便と言うことはないのでしょう。

 

現在のところ、顔画像については特定できておりません。

情報が入り次第、改めてお伝えいたします。
 

スポンサーリンク



 

絵美子さんへの事件後の不気味な行動とは?

増田容疑者は、妻と次女絵美子さんと3人で暮らしていました。

娘の絵美子さんは、職場の人間関係や知り合いとの金銭トラブルについて練馬署に相談していたようです。

 

娘が警察に自身のことを相談しているとなれば、同居している父親も、

●娘が何か悩み事を抱えている

ことを知ることになるはずです。

 

それだけでなく

●何に悩んでいるのか

ということも伝わっていたのでしょう。

 

それだけでなく、近所に住んでいる人も

「増田絵美子さんは、何か悩んでいるらしい」

ということに気づいた人もいると思います。

周辺に住宅が立ち並んでいることを考えると、その可能性が浮上します。

 

もし、両親だけが娘の悩みを知っている状態であれば「娘のことで恥ずかしい」とは思わないでしょう。

 

ですが、近隣住民の方や警察に、娘が悩んでいることを知られてしまうとなると、「恥ずかしい」という感情はもちろん「どうしてよいか分からない」と思ったのではないでしょうか。

 

このことを踏まえて考えると、娘がトラブルに巻き込まれていること以上に、そのことを近隣住民が知ってしまった状況に対して「悲観」していたのだと思います。

 

今回は最悪の結末を迎えてしまったわけですが、増田容疑者自身はどのように感じているのでしょうか。

自ら警察署に出向くことが出来た「冷静さ」が、私の中では不気味です。

今回の事件に対して、まだ真相が隠されているのかもしれません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です