小室哲哉とkeikoは離婚するのか?週刊文春の不倫報道後の心境を激白!

Pocket

小室哲哉さんとkeikoさんとの間に、離婚の危機が訪れています。というのも、週刊文春で小室さんがある女性と密会していたことが発表されたのです。現在、小室さんは妻に対してどんなことを思っているのでしょうか?離婚の可能性も合わせてお伝えします。

 

スポンサーリンク



 

小室哲哉とkeikoが離婚危機!

2002年に結婚した小室哲哉とkeikoさん。

これまでも夫婦の危機を迎えており、1度目は2008年に5億円の詐欺事件が報道されたことです。

逮捕されたときに小室さんから「離婚しよう」と申し出たのですが、これをkeikoさんが断固拒否!

当時は周囲からも離婚をすすめられていいました。

keikoさんの「絶対に夫を支える」という執念を感じます。

小室哲哉の「5億円」にまつわるもう1つのエピソードとは?

 

2011年に今度はkeikoさんが病魔に襲われます。

このとき小室さんは

「一人の女性を守れずして、みなさんを楽しませることなんて出来ない」

と、サポートに対する並々ならぬ決意を語っていました。

 

今では体の状態は良くなってきており、2017年には小室さんお誕生日を夫婦2人でお祝いしました。


2度にわたる「夫婦の危機」を乗り越えてきたわけですが、今回は本当に大丈夫でしょうか?

週刊文春の記事で、A子さんという女性と密会していたことが報じられました。

A子さんは現在も看護師で、小室さんはこの女性が勤務する病院にニンニク注射を打ってもらうことを目的に来院していました。

ですが、親密な関係になるにつれて、小室さんは仕事場や自宅にA子さんを呼び寄せるようになったのです。

もともとは「看護師と患者」だったのですが、徐々に「男女」の関係になっていったわけです。
 

スポンサーリンク



 

不倫報道後の心境は?

小室さんは週刊文春の取材に対して

「A子さんに来てもらったのはあくまで治療のため」

「A子さんと寝てたとも思う」

と語っており、不倫をしていたと思われてもおかしくない発言をしています。

 

さらに、keikoさんのことに話が及ぶと

「妻にはすでに話しており『大丈夫だ』と言っていた」

「かつては娘のように思っていたこともあった」

「自分に興味を持ってもらえないのは寂しい」

「どうやって妻を支えれば良いか分からず、それがストレスになっていた」

「自分にはkeikoしかいない」

と、keikoさんに対する切実な想いを口にしています。

 

小室さんはこれまで2度離婚しており、keikoさんは「3人目の妻」だということになります。

小室哲哉と離婚した元嫁はどんな人物?【画像アリ】

 

「小室哲哉がどんな人間なのか」ということを理解したうえで、結婚することを選択したはずです。

 

いつか不倫のウワサが出てしまう日がやってくることを、keikoさんは予想していたのでしょうか?

それとも「さすがに大丈夫だろう」と小室さんを信じていたのでしょうか?

いずれにしても、内心穏やかではないはずです。

 

小室哲哉とkeikoの離婚可能性は?

では、現時点で離婚するのは何%ぐらいなのでしょうか?

私の予想ですが、5%未満だと思います。

もし、これまで夫婦としての試練がないまま今回の報道が出たのであれば

「夫のことが信じられない」

という気持ちが強くなると思います。

 

ですが、これまで離婚してもおかしくない状況を2人で乗り越えてきたことを考えると、keikoさんとしても腹をくくっており

「もう1度、乗り越えよう」

という想いの方が強いのではないでしょうか。

 

とはいえ、keikoさんがこのまま水に流すとは思えません。

小室さんの今後の行動が離婚するかどうかの決め手になるわけですから、ホッとしている場合ではありません。

信頼回復のカギの1つになると予想される記者会見で、どんなことを語るのか注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です