横浜市金沢区で高校生息子が父を殺害!犯行現場の自宅マンションを特定!

Pocket

神奈川県横浜市金沢区で、高校2年生の息子が父親を殺害するというニュースが起きました。先日も慶応大学の学生が同じような事件を起こしており、驚きました。今回は、犯行現場の自宅マンションがどこなのか、さらには高校2年生の息子の情報や家族の関係についてお伝えします。

スポンサーリンク



 

横浜市の高校生が父を殺害した現場の自宅

犯行現場は「横浜市金沢区の自宅マンション」であることが発表されています。

ニュースの映像をもとに、現場の詳細について調べてみました。

すると、映像の中に「ルヤハイツ」という文字が出てきていることが分かります。

(正確には「ツルヤハイツ」というマンションです)

この建物の場所を調べてみると、以下の建物が見つかりました。

この自宅マンションは、ニュースで発表されていたマンションと形状は同じです。

ニュースの映像はコチラ

そう考えると、犯行現場は杉田ビューハイムである可能性が高いと思われます。

このマンションは、最寄り駅の杉田駅(新杉田駅)から徒歩で約15分ぐらいの場所に建てられています。

周辺を見てみると多くの建物が並んでおり、近隣住民は父親の事や高校生のことを知っていたでしょう。

 

スポンサーリンク



 

高校生の息子はどんな人物なのか?

高校2年生の息子の年齢は「18歳」と発表されており、留年していた可能性も考えられます。

どの高校に通っているのかについては、現段階では発表されておりません。

 

また、息子は「このままだと家族が危ない目にあってしまうと思った」と供述しています。

そう考えると、普段から父は妻や子供たちに手をあげていたのかもしれません。

 

息子のことについて近所の人は「決して暗い子ではなかった」と述べています。

ですが、「夫婦の仲は良くなかった」という情報もあります。

 

そう考えると、息子は家族のために明るく振る舞い、家族のために今回の犯行に及んだのだと考えることも出来るのではないでしょうか。

事件を起こしたとはいえ「正義感」を抱いていた少年だったと思われます。

 

先日の慶応大学の学生が原因で父が亡くなった事件のケースと、背景が似ているような気もします。

親子関係について見つめなおす必要があると感じる今日この頃です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



 
【話題のニュース】

小室哲哉とkeikoの離婚可能性は何パーセント?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です