井納翔一 嫁の画像や馴れ初めは?妻批判した女性の衝撃の書き込み内容は?

Pocket

現在、横浜DeNAベイスターズで活躍する井納翔一投手が、自身の嫁をネット上で批判されたことがきっかけで損害賠償を請求しました。ネット上に書き込み内容を見れば、井納投手が腹を立てるのも無理はありません。今回は、その内容や嫁の画像や馴れ初めについてお伝えします。

 

スポンサーリンク



 

井納翔一と嫁の画像や馴れ初めは?

井納投手が生まれたのは1986年で、年齢は31歳

木更津総合高校ー上武大学ーNTT東日本を経て2012年にプロ入りしました。

本来であれば、大卒選手の場合は社会人チームに所属して2年たてばドラフト対象になるのですが、井納選手はNTT東日本に4年間在籍していました。

一時は野球を諦めかけた時もあったようですが、社会人4年目に大活躍してプロ入りを果たした選手です。

そんな井納投手は、2016年1月に現在の嫁と結婚しました。

相手は3歳年下で川崎市在住(一般の方です)

馴れ初めは知人の紹介で、井納投手の一目惚れがきっかけでお付き合いすることになったのです。

嫁の画像について様々なうわさがありますが、現在のところ特定されておりません。

 

井納投手のことを食事面を含めて献身的にサポートをされていらっしゃいます。

2016年9月には子供を授かりました(男の子です)

父の背中を見てベイスターズにユニフォームにあこがれて野球を始めるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク



 

井納翔一の嫁を批判した女性の衝撃の書き込み内容

ネット上で井納選手の嫁を批判した件で訴えられたのが、20歳女性の山田さん(仮名)

2017年7月にある掲示板で井納選手についての書き込みから奥さんの写真を見つけて、明らかに批判と思われる内容を書きこみました。

その内容とは

「そりゃこのブスが嫁ならキャバクラ行くわ」

もはや言い逃れはできません。いくら何でも井納投手に失礼です。


これを問題視した井納選手は、通信会社を通して情報開示を請求

かかった費用は77万円!高すぎます。

損害賠償として191万9686円を請求する通知を送りました。

書き込みをした女性は「そんなお金払えない」と言っているようです。

 

井納投手としても、このような行動をとりたくて取っているわけではないはずです。

7月と言えばシーズン真っ只中で、チームはクライマックスに進出できるAクラス入りを目指して必死に戦っている最中でした。

そのような大変な状況だったにも関わらず行動を起こしたのは「何としても嫁を守ってやらないと」という想いが湧いたからだと思います。

井納翔一の宇宙人エピソードや見事な反射神経を紹介!

家族の大黒柱であると同時に、チームの大黒柱でもある井納投手

2017年は思うような活躍ができない日が続きましたが、2018年はラミレス監督の期待に応えるピッチングを披露して家族を守ってもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



 
【最近話題のニュース】
 
日本たばこ産業(JT)部長がタクシー代を払わず逃走!

宿題忘れた小学生に手をあげた教師が勤める小学校は?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です