選抜2018の注目選手(投手編)150キロ超えが期待されるのは誰なのか?

Pocket

まもなく開幕する選抜高校野球2018!今年も注目選手が目白押しです。前評判が高い選手がどんな活躍を見せてくれるのか、今から楽しみです。夏以上に投手の仕上がりが勝利のカギを握る春の選抜大会!今回は【投手編】ということで特に注目してもらいたい選手をお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

選抜高校野球2018 注目選手は?(投手編)

市川悠太(明徳義塾高校:2年)

まずはじめにご紹介するのは、昨秋の明治神宮大会を制した市川投手

秋の公式戦(高知大会・四国大会・明治神宮大会)の計10試合をすべて1人で投げ抜きました。

 


とはいえ、順当に勝ち上がってきたわけではありません。

高知大会準決勝では3点リードしていたにもかかわらず9回に同点に追いつかれてしまう苦しいピッチング内容でした。

ですが、修正能力の高さはピカイチで、決勝では強打の英明打線を1失点に抑えました。

 

「まだ体のバランスが悪いからこの冬は体幹をしっかり鍛えたい」と述べており、現状に満足していません。

高知県出身の市川投手が甲子園で活躍すれば、例年以上に地元の方が喜んでくれるはずです。

馬淵監督の甲子園通算50勝まで、残り1勝!

2018年の選抜で達成できるかどうかは、市川投手の活躍にかかっています。

 

柿木蓮(大阪桐蔭高校:2年)

名門、大阪桐蔭高校のエースに君臨する柿木投手

昨夏のことを覚えている方も多いでしょう。

仙台育英戦に先発し、9回2アウトまで点に抑えていたもののまさかの逆転負けを喫してしまいました。

ですが、同じ失敗を2度繰り返さないところが、さすが大阪桐蔭のエース!

昨秋の近畿大会決勝(智辯和歌山戦)では1-0で逃げ切り、柿木投手は完封勝利を収めてチームを優勝に導きました。

柿木投手自身も、仙台育英戦での出来事が頭によぎったようです。

 

明治神宮大会では文句なしの優勝候補でしたが、準決勝で創成館(長崎県)に敗れてしまいました。

柿木投手は3回4失点で、今1つピリッとしない内容でした。

 

「甲子園の借りは、甲子園で返す」が大阪桐蔭の選手の合言葉!

甲子園だけでなく明治神宮の借りもまとめて返して、2018年の選抜優勝に導けるか注目です。

 

スポンサーリンク



 

細川拓哉(明秀日立高校:2年)

先ほど紹介した市川投手や柿木投手と比べると全国的に有名と言うほどではありませんが、素材はピカイチな細川投手

もともとは野手として高校に入学しましたが、金沢監督に資質を見込まれて投手に転向したのです。

にもかかわらず、最速144キロを誇るストレートと切れ味鋭いスライダーで関東のバッターたちを打ち取っていき、チームを関東大会準優勝に導きました。

 


2つ上には横浜DeNAで活躍する兄(成也)がいます。

高卒新人ながらデビュー戦から2試合連続ホームランを放った選手です。

甲子園での活躍次第では、プロ入りも夢ではなくなります。

2018年選抜では、プロ野球のスカウトたちをどれだけうならせることが出来るのか、そして150キロを出せるかどうか注目です。

 

選抜高校野球2018の注目野手は?

 

今回紹介した投手以外にも、2018年選抜大会で注目してもらいたい投手の情報を随時更新していきます。

開幕日が本当に待ち遠しいです。ニューヒーローの誕生にも期待しましょう。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です