福岡市西区で宿題忘れた児童に暴行した教師の小学校や処分内容は?

Pocket

福岡市西区の小学校で、担任教師が生徒に手をあげてケガを負わせるというニュースがありました。悲しくもなれば、呆れた気持にもなってしまいます。この教師はどの小学校に勤務しているのでしょうか?手をあげらえた児童の画像や処分内容についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク



 

福岡市西区で宿題忘れた生徒に暴行した教師の小学校は?

福岡市西区と言えば、たくさんの観光スポットがホテルが立ち並んでいる大きな町です。

「福岡市西区」にある小学校を調べてみると、20校以上がヒットしました。

それだけたくさんの人が住んでいるということが分かります。

(西区には、約20万人が暮らしています)

 

現段階ではどの小学校なのかを特定することが出来ませんが、情報が入り次第改めてお伝えします。

教師から手をあげられた児童の画像

現在も、普通にランドセルを背負うことはできていません。

今後、教師の存在がトラウマにならないか、とても心配です。

 

今回、児童に手をあげた教師は「傷害容疑」を掛けられているわけですが、ケガをさせたのであれば、そうなってしまうのも無理はありません。

教師としても「きちんと宿題をさせなければならない」と思っていたようです。

とはいえ、今回の行動を振り返ってみると、生徒に腹を立てるだけでなく、「生徒に宿題をきちんとさせられない」自分自身に腹を立ててしまったのではないでしょうか。

だからといって児童に手をあげてしまっては、自身の将来の教師としての活動にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

スポンサーリンク



 

教師に対する処分内容はどうなる?

もし教師に反省の色が見られて「改善の余地あり」と判断されたのであれば「停職処分」になるでしょう。

ですが、そのような様子が見られなかったり、あるいは今回の事態を教育委員会が重く受け止めた場合は「懲戒免職」になる可能性も考えられます。

私としては、後者の可能性が高いような気がします。

 

以前から「体罰はよくない」という風潮が強まっていますが、いまだに生徒に対する体罰がニュースになる昨今です。

今回の事件を受けて、世間からは

●教師が大人になり切れていない

●自分の子供だったら絶対に許せない

●市や教育委員会はどのように対処しているのか

といった、厳しい意見が多く寄せられています。

たしかに、自分の子供が教師から手をあげられたとなれば、受け入れられません。

 

中には「研修が必要だ」という声もありますが、それ以前い重要なのが「教師1人1人の自覚」

「体罰は絶対によくない」と思える教師だけが、未来を担う生徒たちと関わる資格があると言えます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



 
【最近の気になるニュース】

渡辺薫(日本たばこ産業部長)がタクシー運転手に手をあげた!社長はどんな人?

タクシーを奪って乗り捨てた島本容疑者の顔画像!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です