小林陵侑は彼女いるの?山をバックにポーズを披露したインスタ画像公開!

Pocket

スキー種目で平昌オリンピックに出場する小林陵侑選手!兄も出場するため兄弟そろって五輪の舞台に立つことになります。そんな小林陵侑選手は「イケメン」ですので、彼女がいるのかどうか気になってしまいます。今回は、小林陵侑選手の中学高校での実績や彼女の情報、さらには爽やかな姿が映ったインスタ画像平昌五輪の出場スケジュールをお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

小林陵侑は彼女いるの?中学・高校時代の輝かしい実績

まずは、小林陵侑選手のプロフィールからご紹介します。

名前:こばやし りょうゆう

生年月日:1996年11月8日(21歳)

身長・体重:173㎝・60㎏

出身地:岩手県

出身中学:八幡平市立松尾中学校

出身校:盛岡中央高等学校

所属:土屋ホーム

「土屋ホーム」は、レジェンドでおなじみの葛西紀明選手も所属しています。

 

小林陵侑選手は、葛西選手から指導を受けることもあります。

まさに「英才教育」ですね。

そんな2人が、以前に対談を行ないました。
 


 
見ての通り、小林陵侑選手はイケメンですから「彼女いるの?」と思ってしまいます。

現在のところは、彼女の情報は入ってきておりません。

今は競技に集中したい時期ですから、彼女どころではないのでしょう。

とはいえ、今も昔もモテていたと思います。

 

中学・高校時代も輝かしい実績を残していた小林選手

中学時代に出場した「全日本中学スキー大会」では、ジャンプと複合の2種目で優勝を果たしました。

この快挙を達成したのは、小林陵侑選手が2人目なのです。

 

高校時代には

2014年:第69回国民体育大会ノルディック複合少年の部 優勝

2014年:札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会少年の部 優勝

という結果を残しています。

ノルディックとジャンプの種目の両方で優勝を果たしています。

 

高校を卒業してから土屋ホームに所属し、

2016年ノルディックスキージュニア世界選手権男子個人 3位

2016年ノルディックスキージュニア世界選手権男子団体 3位

2017年ノルディックスキー世界選手権男子団体 7位

といったように、世界選手権出場も果たしています。

2017年の団体戦では、葛西紀明選手と出場しました。

 

そして、先日(2018年2月3日)に開催されたノルディックスキーUHB杯ジャンプ大会では惜しくも2位という結果に終わりました。

1位は、兄の小林潤志郎選手

「オリンピック当日はリベンジしてやる」と意気込んでいるでしょう。

小林陵侑と兄の潤志郎はどっちがイケメン?兄のインスタ画像を公開!

兄弟2人で表彰台に立つ姿が見られるかもしれません。

そうすると、両親は感極まって泣いてしまうのではないでしょうか。
 

スポンサーリンク



 

山をバックに決めポーズを披露したインスタ画像発見!

普段は熱心に練習に励んでいる小林陵侑選手

練習時以外ではどんな様子なのかを見てみると、こんな画像が見つかりました。
 

今日一日でまん焼け #slackline in #planica 🇸🇮

Ryoyu Kobayashiさん(@ryo_koba)がシェアした投稿 –


 
ピースが決まっていますね。

普段は寒い場所にいることが多いですから、暖かい場所が恋しくなるのでしょう。

小林陵侑選手の平昌オリンピックの出場種目ですが

2月8日(木)男子ノーマルヒル個人 予選

2月10日(土)男子ノーマルヒル個人 決勝

2月16日(金)男子ラージヒル個人 予選

2月17日(土)男子ラージヒル個人 決勝

2月19日(月)男子ラージヒル団体 決勝

となっています。

 

予選を確実に突破して、メダルを獲得してもらいたいです。

五輪での活躍に期待しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



 
【平昌オリンピック注目選手情報】
 
小林陵侑選手の師匠である葛西紀明の華麗なジャンプを公開!

伊東大貴選手が五輪前に乗り越えてきた壮絶な試練とは?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です