竹内択の嫁は超美人(画像アリ)結婚の決め手になった2つの要因は?

Pocket

2018年の平昌五輪に出場する竹内択選手は、3度目のオリンピックとなります。前回出場した年は最愛のパートナーであると結婚した年でもあります。今回は、竹内択選手の嫁や子供の画像や結婚を決めた要因、さらには過去の五輪での成績や平昌五輪の出場スケジュールについてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

竹内択の嫁や子供の画像

竹内択選手は2014年に、4年近くお付き合いした一般の女性(松田新菜さん)と結婚しています。

当時の奥さんの年齢は25歳と発表されていましたので、現在は28歳ぐらいだと思われます。

竹内選手と奥さんとの結婚式の様子が収められた画像を見てみたのですが、嫁さんの美しさに思わず見とれてしまいました。

竹内択の嫁の画像

 

結婚するまでは喧嘩したこともあったようです。

そんな中、竹内選手が嫁との結婚を決意した要因の1つが「料理が上手で胃袋をつかまれたこと」

やはり、アスリートは体が資本ですから、美味しくてバランスの取れた料理を用意してくれる奥さんは、とても大切な存在です。

また、竹内選手が入院している最中に懸命に看病してくれたことに対して、感謝の気持ちがつづられていました。

 

このように

●料理が上手

●自分のことを大切にサポートしてくれる

この2つが、結婚の決め手になったのでしょう。

 

2016年には長男が誕生しました。
 


 
将来は、スキー選手になるのでしょうか?

そして、2018年1月には次男が誕生したというニュースがありました。

竹内選手いわく「嫁に似ている」とのことです。

嫁や2人の子供たちの声援を力に変えて、平昌オリンピックではぜひメダルを獲得してもらいたいです。
 

スポンサーリンク



 

竹内択のプロフィールや平昌五輪出場種目の日程

名前:たけうち たく

生年月日:1987年5月20日(30歳)

出身地:長野県

身長:175cm

体重:59kg

竹内選手は、中学卒業後にフィンランドに留学してフィンランド語を勉強しながら職業学校に通い、コーチの指導を受けていました。

そのため、最終学歴はフィンランドの「サボン・アンマティカ・アイクイスオピスト高」となっています。

まさに「スキー留学」です。

中学を卒業して、地元を離れて他府県の部活の強豪校に進学するケースはよく見られますが、海外に向かうケースは珍しいです。

まさに「向上心の塊」の選手です。

 

2006年に日本に戻り「北野建設」に所属し、2010年にはバンクーバーオリンピックに出場

団体戦で5位という成績を収めました。

それから4年後に開かれたソチオリンピックでは、団体戦に出場し銅メダルを獲得

闘病中だったにも関わらずメダル獲得に貢献しているのは、凄まじいです。

 

両方の大会に出場した葛西紀明・伊東大貴選手は、今回の平昌オリンピックに出場します。

葛西紀明の前回大会のジャンプが圧巻!

伊東大貴の再婚のウワサは本当なのか?

【竹内択選手の平昌五輪出場種目と日程】

2月8日(木)男子ノーマルヒル個人 予選

2月10日(土)男子ノーマルヒル個人 決勝

2月16日(金)男子ラージヒル個人 予選

2月17日(土)男子ラージヒル個人 決勝

2月19日(月)男子ラージヒル団体 決勝

 

今回も、メダル獲得の期待が持てる竹内選手

団体戦はもちろん、個人戦での結果にも注目が集まります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です