斉藤謙一の顔画像や経歴は?ヘリ墜落の原因に関する専門家の分析は?

Pocket

佐賀県神埼市の住宅地にヘリが落下してしまい騒動に巻き込まれるニュースがありました。ヘリを操縦していた斉藤謙一さんは、どのような人物なのでしょうか?また、ヘリが墜落した原因が何なのかも気になります。今回は、斎藤謙一三の顔画像や経歴(階級)、さらにはヘリ落下の原因についての専門家の見解をお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

斉藤謙一の顔画像や経歴

斎藤謙一さんの年齢は43歳で、階級は2等陸佐です。

この階級は、陸上自衛隊の17段階に分けられている階級のうち、上から5番目の階級にあたります。

実際、この階級になれば陸上自衛隊の隊員が普段滞在する軍事基地においてサブリーダーぐらいの権限があり、メンバーを率いる「副連隊長」になることも出来ます。

階級の位置と仕事内容を考えても、かなり上の立場だということが分かります。

 

現在のところ、斎藤謙一さんの行方は分かっておらず、顔画像についても判明しておりません。

情報が入り次第、改めてお伝えします。

事故が起きた時は「機長」としてヘリに乗り込んでいた方です。

意識が戻っているのかどうかも判明しておりませんが、何とか戻っていることを願うばかりです。

 

スポンサーリンク



 

ヘリ墜落の原因に関する専門家の分析は?

佐賀県神埼市にヘリが墜落してしまったわけですが、その原因について専門家はどのような見解を述べているのでしょうか?

これまで「防衛省」「ミサイル防衛」といった書籍を出版し、防衛問題の長らく担当してきたフジテレビ解説委員の能勢伸之さんは

「テールローターが、なんらかのトラブルで、うまく働かないという状況になったときに、ヘリのパイロットの方たちは、基本的には、機首を前に倒して、それでメインローターの力だけで、とにかく前に進もうと。危険ではないところに向かって、進もうとしたのかもしれないですね」

と述べています。
 


 
「テールローター」とは、ヘリコプターの後方につけられたローターの事であり、この部分に異常が発生したという事なのでしょう。

もしこれが壊れてしまった場合の対処法なのですが、エンジンを停止させてヘリを降下させてメインローターを回転させながらヘリのバランスを整えて緊急着陸する必要があるのです。

とはいえ、もし低空飛行だった場合は、そのまま落下することもあるのです。

では、このことを踏まえて映像を見てみましょう。

映像を見る限りの判断ですが、確かに低空飛行をしており、機長たちが何とかヘリのバランスを整えようとしているようにも見えます。

そうすると、やはりテールローターに何らかの異常が発生していた可能性も考えられます。

 

仮にそうだった場合、飛行中にテールローターが壊れてしまったのか、あるいは飛行前から異常が発生していたのかも気になるところです。

このあたりは、念入りに調査を行なって真相を突き止めてもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



 
【最近の気になるニュース】

原大智(平昌五輪銅メダル獲得)の彼女やプロフィールは?

高木美帆(平昌五輪銀メダル獲得)は普段どんな服を着ているのか?化粧姿も可愛い!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です