大阪市のJR大正駅で男性を刺して逃走した犯人は誰なのか?駅の様子は?

Pocket

大阪市のJR大正駅で男性が刺されてしまうという事件がありました。今朝の通勤ラッシュの時間帯の出来事なだけに、驚いた人も多かったはずです。犯人はどのような人物なのか気になるところです。一体、誰なのでしょうか?大正駅の様子についてもお伝えします。

スポンサーリンク



 

大阪市のJR大正駅で男性を刺して逃走した犯人は

現時点で判明しているのは

●身長170~175センチぐらい

●年齢は40代~50代ぐらい

●黒色の上着に黒色のズボン姿の格好をしていた

●白色のマスクをつけていた

ということです。

 

被害者と犯人は知り合いだったわけではなく、駅のホームでもみ合いになるという形でトラブルが起こっていました。

そのことがきっかけで、犯人は被害者に対してカッとなってしまったのかもしれません。

それにしても不思議なのは、どうして全身の格好が黒だったのでしょうか?

「たまたま」の可能性が高いですが、何か狙いがあったのかもしれません。

このあたりは、取り調べを行なえば判明するでしょう。

 

 

※犯人は「小泉元和(62)」で、大阪府豊中市の私立高校で警備員をしていることが判明しました。

 

スポンサーリンク



 

JR大正駅はどんな様子なのか?

この駅は「環状線」の駅の1つであり、1日の利用者数が多く朝と夕方は通勤ラッシュに巻き込まれます。

ちなみに、プロ野球のオリックスの本拠地である「京セラドーム大阪」まで徒歩で10分ほどで行くことが出来ます。


このような場所で事件が起こってしまったことに、驚きを隠せません。

事件が起きたのは「午前6時55分ごろ」と発表されており、間違いなく会社に向かうサラリーマンや学校に向かう学生たちが、多く乗車している時間帯です。

それだけに、現場を目撃した人だけでなく大正駅を利用する人たちの間には動揺が広がっていたことが予想されます。

実際に映像で駅構内を確認してみると騒然としており、多くの警察官が駆けつけて現場検証をしていました。

一刻も早く犯人が捕まることを願います。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です