斎藤慧(けい)のドーピング陽性反応はシロかクロか?過去の違反者は誰なのか?

Pocket

平昌五輪に出場する斎藤慧(けい)選手がドーピング陽性反応が出たことが分かりました。シロかクロなのかやはり気になるところです。今回は、斎藤慧選手がどのような選手なのかという事や、過去のドーピング違反者が誰なのかについてお伝えします。

スポンサーリンク



 

斎藤慧にドーピング陽性反応!

平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧(けい、21)=神奈川大=がドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者の話で明らかになった。違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてとなる。日本オリンピック委員会(JOC)が13日に公表する予定。

関係者によると、レースより前に実施された抜き打ち検査で検出されたという。夏季五輪では1984年ロサンゼルス五輪のバレーボール男子の選手から興奮剤が検出された事例がある。

ドーピング違反を巡っては、1月にカヌー・スプリントのトップ選手がライバル選手の飲料に禁止薬物を混入させる事例が発覚。スポーツ庁が競技団体などを集めて再発防止を訴えたばかりだった。

1月にカヌーの選手がドーピングに関するトラブルがあっただけに、オリンピック関係者にとっても「何事も起きませんように」と願っていたはずです。

今回の斎藤選手のケースは、意図的なものなのでしょうか?

それとも、何も知らずに飲んだものが検査に引っかかってしまったのでしょうか?

今後の検査結果の行方が気になります。

斎藤慧のプロフィール

生年月日:1996年2月20日(21歳)

出身地:神奈川県相模原市

血液型:O型

出身高校:光明学園相模原高等学校

現在:神奈川大学

兄弟:姉:兄:弟


プロフィールを見て頂ければわかるように、斎藤慧選手はこれまで様々な大会で優勝を果たしている実力の持ち主なのです。

斎藤選手の姉は仁美さんであり、今回の平昌五輪に出場する選手の1人です。

先日、3000メートルショートトラックリレーのレースを終えたばかりでした。

斎藤慧選手の平昌五輪の出場予定種目は

●2月13日:男子5000メートルリレー予選

●2月20日:男子500メートル予選

この2つです。

出場予定だった13日に、ドーピング検査で陽性反応が出たことに本人も驚いたでしょう。

今回のドーピングの報道を受けて姉としてもショックを受けているのは間違いありません。

やはり「シロ」であることを信じたいです。

スポンサーリンク



 

過去の違反者は誰なのか?

愛甲猛:プロ野球

伊藤信:競輪選手

伊藤喜剛:陸上選手

井端弘和:プロ野球

今村優香:バレーボール

入来祐作:プロ野球

大内仁:重量挙げ

大野果奈:バレーボール

神山雄一郎:競輪

北村克哉:プロレスラー

田中健太:ラグビー

田中幹保:バレーボール

田中路教:格闘家

塚本徳臣:空手

野村貴仁:プロ野球

福田力:格闘家

真木和:マラソン

山中亮平:ラグビー

養父鉄:プロ野球

横澤由貴:柔道

吉田香織:マラソン

ちなみに、1984年のロサンゼルス五輪の時にドーピング違反となったのは田中幹保です。

これだけたくさんいたことに驚いてしまいました。

プロ野球の井端弘和に違反経験があったのは意外でしたが、球団にも原因があったとされ最も軽い処分で済んでいます。

今後は、違反者が現れないことを願います。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です