郷亜里砂は妹もかわいい(画像アリ)メディアから「美人スケーター」と紹介された!

Pocket

平昌五輪のスピードスケートに出場する郷亜里砂選手の名前を初めて聞いた時に「美人なモデル」というイメージが湧いてきました。実際に画像を見てみると、確かに美人です。しかも、もかわいいのです。今回は、郷亜里砂さんがこれまで歩んできた道のりや妹のこと、さらにはオリンピックの意気込みについてもご紹介します。
 

スポンサーリンク



 

郷亜里砂のプロフィール

名前:ごうありさ

生年月日:1987年12月12日(30歳)

出身地:北海道帯広市

血液型:A型

身長:160㎝

体重:54㎏

現所属:イヨテツスピードクラブ
 


 
郷亜里砂さんは、小学校低学年の頃からスケートに取り組んでいました。

熱心にコーチをしたのは父であり、父がいたからこそオリンピックに選出されるだけの実力を身につけられました。

郷亜里砂さんには、こんなエピソードがあります。

ライバルに勝ち、新たなライバルを見つけて勝つために努力する長女。マイナス20度の世界で鼻水を垂らしながら特訓もした。高学年になり父は釧路まで1時間半も車を飛ばしショートトラックの練習。大学3年まで“二刀流”を貫いた。これがコーナーを得意とする原点だ。

父も娘のために必死だったことが伝わってきます。

 

郷亜里砂さんの出身高校は白樺学園高校

体育コースが設置されている学校で、部活動が盛んです。

スピードスケートの世界で有名人になった方も多く、五輪出場経験がある清水宏保さんや大菅小百合さんの母校です。

 

出身大学は、山梨学院大学です。

箱根駅伝で有名な大学ですね。

大学の正門には、郷亜里砂さんを応援する横断幕が掲げられていました。
 


 
やはり、五輪代表となると沢山の方から応援されますね。

それだけメダル獲得への期待が高まっているという事でしょう。

 
大学を卒業した後は山口県や北海道の企業に所属して、2014年から愛媛県の国体強化選手となり「イヨテツスピードクラブ」に所属しました。

このクラブは、愛媛県内にある「伊予鉄グループ」の一部であり、愛媛県スピードスケート連盟理事長が郷選手と同じく山梨学院大学の出身だったという縁があったのです。

そのため、郷亜里砂選手は愛媛県と縁があるのです。
 


 
2014年にソチ五輪代表を逃した時に「やりきっていない」と感じて引退せずに現役続行の道を選びました。

27歳の時に初めてワールドカップ代表に加わり、2017年シーズンでは4度も表彰台に上がりました。

平昌五輪代表選考会では2位に入り、念願だったオリンピックの切符を勝ち取りました。

イヨテツスピードクラブに加入してから目に見える結果を出すようになったことが分かります。

「目標はメダル獲得」と語る郷亜里砂選手

どんな結果になるのか、今から楽しみです。
 

スポンサーリンク



 

郷亜里砂は妹もかわいい

郷亜里砂さんについて調べると「かわいい」というワードが表示されます。

たしかに、亜里砂さんがかわいいのは間違いないですね。

実は、かわいいのは姉だけではないのです。
 


 
こちらは、郷亜里砂さんの高校の先輩である大菅小百合さんとの3ショットです。

●アリサとマリナ

●美人姉妹

とあるように「マリナ(真璃那)」さんが郷亜里砂さんの妹なのです。

中央が大菅小百合さん、左が亜里砂さん、右が妹の真璃那さんです。

大菅さんが言うように、間違いなく「美人姉妹」ですね。

妹の真璃那さんがスケート選手なのかどうかは分かりませんが、運動神経は良さそうですね。

姉妹のショットがもう1つありました。
 

うちの番犬!のり。今日も元気!

郷亜里砂さん(@arisago)がシェアした投稿 –


 
姉妹だけでなく、ワンちゃんも可愛らしいです。

亜里砂さんと妹の真璃那さんには、彼氏がいるのでしょうか?

現時点ではいるのかどうか分かりませんが「彼氏になりたい」と考えている男性は多いでしょう。

 

「かわいい」ということが話題になっており「美人スケーター」と紹介された郷亜里砂選手
 


 
「実力もあるんだ」ということを五輪の舞台で証明してもらいたいです。

郷亜里砂選手の活躍に期待しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です