大杉漣の死因である急性心不全はどんな病気?いつから発症したのか?

Pocket

大杉漣さんが亡くなってしまったというニュースを聞いて驚いてしまいました。死因「急性心不全」と発表されていますが、これはどのような病気なのでしょうか?また、いつから発症していたのでしょうか?今回は、この情報だけでなく、これまで応援していた人の声もお届けします。
 

スポンサーリンク



 

大杉漣さんの訃報について

俳優の大杉漣(おおすぎ・れん/本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さんが21日、急性心不全のため急死した。66歳。同日、所属事務所の公式サイトで発表された。

公式サイトでは「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」と報告。葬儀は本人・家族の意向で、親族のみで執り行う。

 


 
この報道を最初に知った時、「エッ!」とビックリしました。

というのも、

「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」

に大杉漣さんが出演予定だったからです。
 


 

第4話以降がどのような形で放送されるのかも、気になるところです。

大杉漣の死因について「急性心不全」と発表されていますが、果たしてどんな病気なのでしょうか?

 

大杉漣の死因である急性心不全について

【どんな病気なのか】

心臓のポンプとしてのはたらきが急速に低下して、全身の血液の流れが滞る状態(うっ血)です。

【急性心不全の原因は】

最も多い原因は、急性心筋梗塞(しんきんこうそく)などの 虚血性(きょけつせい)心疾患です。ほかの原因としては 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)、 心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)、高血圧性心疾患、先天性心疾患、 甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)などがあります。

急性心筋梗塞では突然に発症することが多いのですが、その他の病気では慢性に続いている心不全が急速に悪化して急性心不全になることがあり、慢性心不全の急性 増悪ぞうあくと呼ばれます。このような場合は、心不全を悪化させる誘因がはたらきます。

誘因として多いのは、かぜなどの感染症、不整脈、肉体的・精神的なストレス、過剰な飲水・飲食、薬ののみ忘れなどです。

 

2月18日には自身のブログを更新しており、突然急性心筋梗塞が発症したのだと思われます。

恐らく、大杉漣さん自身も病気が進行していることに気づいていなかったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク



 

大杉蓮さんを応援していた人の声

これまで、数々のドラマに出演していた大杉漣さん

突然のお別れに、驚いている人も多いです。
 


 


 


 


 
大杉漣さんのことを応援していた人がたくさんいたことが伝わってきます。

大杉漣さんの猫との出演CM(全シリーズ)や飼い猫の画像を公開!

ご冥福をお祈り申し上げます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です