乙訓高校野球部メンバー(2018年)コーチは元プロ選手が務めていた!

Pocket

2018年の選抜高校野球に出場する乙訓(おとくに)高校は、公立高校でありながら近年メキメキと実力をつけているだけに、とても気になる学校です。今回は、乙訓高校野球部メンバーやスタメンや注目してほしい選手、さらにはチームの特徴や監督・コーチのこともご紹介します。
 

スポンサーリンク



 

乙訓高校野球部メンバー(2018年)

まずは、乙訓高校野球部メンバーからお伝えします。

1:川畑大地(3年):右右

2:薪谷宗樹(3年):右右

3:大西陽大(3年):右左

4:松本竜次郎(3年):右左

5:中川健太郎(3年):右左

6:大上翔也(3年):右右

7:浅堀大暉(3年):右右

8:伊佐駿希(3年):右右

9:宮田康弘(3年):右右

10:富山太樹(3年):左左

11:長谷川諒(3年):右左

12:嘉門凌大(2年):左左

13:秋山隆太朗(3年):右右

14:茨木祐哉(3年):右右

15:片岡正之介(3年):右左

16:山根慎輔(3年):右右

17:山本レオ(3年):右右

18:工藤裕貴(3年):右左

上級生が主体のメンバーであることが分かります。

エースの川畑投手とサウスポーの富山投手は、旧チームでも主力メンバーでした。

 

最近のスタメン(近畿大会準決勝)

1:遊:大上翔也

2:一:大西陽大

3:左:浅堀大暉

4:右:宮田康弘

5:三:中川健太郎

6:捕:薪谷宗樹

7:中:伊佐駿希

8:二:茨木祐哉

9:投:川畑大地

選抜の注目選手

宮田康弘(外野手)

チームで4番を務め、近畿大会では抜群の勝負強さを発揮しました。

準々決勝の智弁学園戦では、初回に3ランを放ちチームを勢いづけました。

秋の公式戦は

打率:.486 本塁打:3 打点:13

という見事な成績です。

甲子園では、チームを勝利に導く1発が出るのでしょうか。

 

スポンサーリンク



 

乙訓高校野球部はどんなチーム

乙訓高校は京都府にある公立校で、野球部のメンバーは全員地元出身です。

中学時代から有名だった選手は1人もいない中、甲子園出場を果たしました。

実は、21世紀枠の推薦も受けていたのですが、近畿大会ベスト4という実力が評価されて一般選考で選ばれました。

監督の市川靖久さんは、もともと北稜高校で10年間野球部を指導していました。

乙訓高校野球部市川監督の母校の後輩にメジャーリーガーがいた!

 

2015年から乙訓高校に赴任して、同時に野球部を指導するようになりました。

指導方針は

「選手の良いところを伸ばす」

「負けにくいチームから勝ち切れるチームを作る」

「人間力を磨く」

2017年夏は京都府大会初戦敗退という結果に終わったのですが、その悔しさをバネにして秋は京都府大会を制覇しました。

選手たちも「秋は絶対に優勝する」と宣言し続け、その目標を達成するだけでなく甲子園出場という快挙を成し遂げました。
 

コーチは元プロ選手

乙訓高校野球部のコーチを務めるのは、染田賢作さん
 


 
同志社大学時代は完全試合を達成し、2004年に自由獲得枠で横浜に入団しました。

活躍を期待されたものの1軍未勝利に終わり、その後は打撃投手を務めていましたが、コーチから「教員になった方がいい」とアドバイスを受けたことがきっかけで、教員を目指すようになりました。

●2014年:母校の奈良県郡山高校の非常勤講師

●2015年~:乙訓高校に赴任(保健体育科教諭)

というのが教員になってからの経歴です。

 

選手たちからも尊敬を集めており、チームにとってなくてはならない存在でしょう。

もし教え子の中からプロ野球選手が誕生したら、染田さんとしても嬉しいでしょう。

 

選抜では強豪をなぎ倒す番狂わせが見られるのか楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です