中央学院高校野球部メンバー2018 大谷選手の逆方向の1発が圧巻!(動画アリ)

Pocket

秋の関東大会で優勝を果たし、選抜甲子園大会でも上位進出が期待できる中央学院高校。注目選手の1人である大谷拓海選手の神宮大会でのホームランを打った時、大歓声が沸きました。今回は、中央学院高校野球部のメンバーはもちろん、チームの特徴についてもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

中央学院高校野球部メンバー(2018年)

ベンチ入り選手

1:大谷拓海(3年)右左 

2:池田翔(3年)右右 ※主将

3:長沼航(2年)右右

4:手塚歩夢(2年)右右

5:川崎和希(3年)右右

6:平野翔(3年)右左

7:田中大暉(3年)右左

8:宇田周平(3年)右左

9:西村陸(3年)右右

10:畔柳舜(2年)右右

11:高鹿隼人(2年)右右

12:和田将幸(2年)右右

13:高岡颯(3年)右右

14:西山空(3年)右右

15:菊島岳(3年)右右

16:信田虎輝(3年)右左

17:長谷川剛士(3年)右両

18:森健輔(3年)右右

レギュラーメンバーは全員、中学時代はシニアのチームに所属していました。

2012年の春・夏・秋の大会でベスト8入りしてから、有力な選手たちが集まるようになったと思われます。

 

最近の公式戦スタメン【明治神宮大会初戦】

1(中) 宇田周平

2(左) 田中大暉

3(三) 長沼航

4(投) 大谷拓海

5(捕) 池田翔

6(遊) 平野翔

7(右) 西村陸

8(一) 西山空

9(二) 手塚歩夢

 

大谷拓海選手の紹介

エースで4番、まさにチームの大黒柱なのがこの選手です。

投打の二刀流で活躍している姿は、メジャーリーグに舞台を移した大谷翔平選手と重なります。

苗字が同じであることは、大谷拓海選手も嬉しく思っているかもしれません。

頭角を現したのは1年秋で、県大会準々決勝で9回2アウトまでノーヒットに抑えるピッチングを披露しました。

2年生になってから伸び悩んだものの「打たれた後にどうするか」を考えるようになり、秋以降はチームを勝利に導くピッチングを披露しました。

打者としての実力も一級品で、明治神宮大会では逆方向にホームランを放ちました。
 


 
甲子園では、投打両方での活躍に期待が持てる選手です。

プロに進めるかどうかは、甲子園での活躍がカギとなります。
 

スポンサーリンク



 

中央学院野球部はどんなチーム

2017年春・夏の大会はまさかの初戦敗退

チーム内でも動揺が広がったでしょう。

ですが、秋は県大会準優勝・関東大会優勝を果たし春夏あわせて甲子園初出場を決めました。

「目の前の勝利を大切にする」

この意識がチーム内で徹底されたことが躍進のきっかけになったと監督は語っていました。

 

攻撃編

大谷選手に注目が集まりますが、前後を固める3番・長沼選手は関東大会決勝で1発を放っており、5番・池田選手は秋の公式戦で2本のホームランを放っています。

1・2番の宇田・田中選手は走力もあり状況に応じたバッティングができると評判です。

クリーンナップの前にランナーをためることが出来るかどうかがカギとなります。

 

守備編

秋の公式戦は全部で14試合あった中で、無失点で勝ち上がったのは初戦のみでした。

千葉県大会準々決勝以降のスコアを見てみると

【県大会】

準々決勝:3-2(千葉黎明)

準決勝:5-2(習志野)

決勝:3-4(拓大紅陵)

【関東大会】

1回戦:6-3(花咲徳栄)

準々決勝:5-1(霞ヶ浦)

準決勝:3-2(東海大相模)

決勝:6-5(明秀日立)

 

このように「粘って勝つ」ことができるチームなのです。

守備からリズムを作っていくことが出来れば、甲子園でも上位進出が狙えるチームです。

甲子園でどこまで勝ち上がることが出来るか、注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です