藤原恭大の進路や彼女は?高校で実現した奇跡と呼べる出来事とは?

Pocket

2018年のドラフト候補として、早い段階で名前が挙がっているのが藤原恭大選手です。そのため「進路」について気になっている人が多いです。そして、もう1つ気になるのが「彼女」についてです。今回は、藤原選手の進路や彼女のこと、さらには高校で実現した「奇跡」と言っても過言ではない出来事についてもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

藤原恭大のプロフィール

名前:ふじわら きょうた

生年月日:2000年5月6日

血液型:B型

身長:181㎝

体重:76㎏

出身地:兵庫県尼崎市

出身中学:豊中市立第五中学校

中学時代の出身チーム:オール枚方ボーイズ
 


 
小学校時代はオリックスのジュニアチームに加入しており、当時から将来の活躍が期待された選手だったのです。

中学時代、オール枚方ボーイズでは報徳学園に進んだ小園海斗選手とチームメイトでした。

藤原選手と小園選手は、高校2年時にU-18の日本代表に選出されました。(2人とも、2018年のドラフト候補です)

 

高校進学に関して、藤原選手が本当に行きたかった高校はPL学園でした。

なぜなら、2つ上の兄(海成さん)がいたからです。
 


 
ですが、PL学園が野球部員の募集を停止したため、恭大君はPL学園に進むことが出来ませんでした。

 

そこで選んだのが、大阪桐蔭高校

1年夏からベンチ入りを果たし、レギュラーの座をつかみました。

その後もレギュラーとして活躍し、2年春・夏に甲子園に出場しました。

藤原恭大選手のプレーで特に印象に残っているのが、コチラ
 


 
2年夏の大阪大会準決勝(履正社戦)で、ライト前の当たりだったものの快速飛ばして2塁打にした場面です。

これをきっかけに逆転し、勝利を収めました。

リアルタイムでこのシーンを見た時、鳥肌が立ちました。

 

2018年秋以降はケガをしていたようですが、甲子園大会には出場できる見込みです。

甲子園でも、鳥肌が立ってしまうようなプレーに期待しましょう。

 

藤原恭大選手に彼女はいるの?

藤原選手については野球のプレー以外で注目を集めているのは「イケメン」であるということです。

先日放送された「戦え!スポーツ内閣」に出演した稲村亜美さんが

「最近、野球をやっている女子に好きな選手を聞いてみると、プロ野球選手ではなく藤原恭大選手と答える子がいる」

と語ってしました。

女子たちが藤原選手のことを好きな理由は、当然イケメンだということも大きな理由です。

 

そんな藤原選手に、彼女はいるのでしょうか?

現在のところは、彼女についての情報は入ってきておりません。

大阪桐蔭の先輩である中田翔選手は、高校時代に彼女がいて周囲に自慢していたようですが、藤原選手はそのようなことをするタイプではなさそうです。

今は野球に集中するために彼女を作っていないでしょうが、校内には「藤原選手の彼女になりたい」と思っている生徒がたくさんいるはずです。

将来結婚するとしたらどんな相手なのか、気になります。
 

スポンサーリンク



 

藤原恭大選手の進路(ドラフト)情報

下級生の頃から「ドラフト候補」として名前が挙がっていた藤原選手

当然、2018年のドラフトは1位指名の候補であり、進路について注目が集まっています。

 

2018年になってから、オリックス「藤原選手を徹底的にマークする」ことを発表しました。

球団関係者の方も、藤原選手がオリックスのジュニアチームに加入していたことを当然把握しており「縁があると感じている」と答えています。

オリックス以外にも、阪神が熱い視線を送っており、年始のタイミングでスカウトが西谷監督に挨拶を済ませています。

関西の2球団にとっては、何が何でも獲得したいはずです。

今後も、進路の動向が気になります。

新たな進路情報が入り次第、随時更新していきます。

 

高校で実現した「奇跡」に近い出来事とは?

最後に、この内容についてお伝えします。

私も、このことを最初に知った時はビックリしてしまいました。

 

その内容は「同じ中学校の選手と甲子園のベンチ入りを果たしたこと」です。

地元の選手が集まる高校ならまだしも、全国から有望な選手が集まってくる大阪桐蔭において、同じ中学の選手が同時にベンチ入りを果たすのは極めて珍しいケースです。

もはや「奇跡」といっても過言ではありません。

その相手とは、前キャプテンの福井章吾選手です。
 


 
藤原選手も福井選手も、豊中5中出身です。(学年は福井選手の方が1つ上です)

お互いに、まさか同じ中学の選手が一緒にメンバー入りするなんて夢にも思っていなかったでしょう。

 

今後、もしかすると藤原選手は、この出来事以上の「奇跡」を起こしてくれるかもしれません。

甲子園での活躍に期待しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です