林和成監督(星稜高校野球部)の経歴は?内山&東海林のバッティングがエグい!

Pocket

星稜高校監督を務める林和成さんは、松井秀喜さんの1年後輩で、貴重なアドバイスをもらったことのある監督です。松井さんからアドバイスをもらえるのは、他校の監督からしてみればとてもうらやましいと感じるでしょう。今回は、林和成監督の経歴はもちろん、今大会注目の内山君や東海林君のバッティング映像についてもお届けします。

スポンサーリンク



 

林和成監督(星稜高校野球部)の経歴

名前:はやし かずなり

生年月日:1975年7月23日

年齢:44歳

出身地:石川県

出身高校:星稜高校

出身大学:日本大学

指導科目:地歴公民

高校時代は松井秀喜選手と三遊間を組み、甲子園にも出場しました。

結果的に「スター」となった松井選手の横を守っていたことは、林監督にとっても良き思い出の1コマと言えるでしょう。

 

大学時代は準硬式野球部に所属し、キャプテンを務めました。

大学4年時に「卒業したら母校である星稜高校のコーチにならないか」と誘いを受けました。

家業を継ぐか、野球界に身を投じるか

散々悩んで、松井選手に相談しました。

 

そこで

「どちらの道を選んだとしても、応援する」

「もし星稜で指導者になれば、全面的に協力する」

といった言葉をかけられ、指導者の道に進みました。

 

【指導者としての経歴】

1998年~:星稜高校のコーチ

2004年~:星稜高校野球部長

2011年~:星稜高校監督

2013・2014・2016年に、監督として夏の甲子園に出場しています。

 

星稜高校の監督と言えば、山下智茂さんが真っ先に思い浮かびます。

偉大な名監督と同じ立場になった時のプレシャーは半端なものではなかったはずです。

そんな林監督に対して、松井さんは

「伝統とか気にすることはない!林監督の色を出せばいい!」

とアドバイスしたのです。

現役時代に、読売巨人軍ニューヨーク・ヤンキースなど伝統ある球団でプレーした人の言葉だけに、重みがありますね。

今後、星稜高校の新たな伝統を築き上げることを期待されている監督です。

 

2018年の甲子園開幕戦は、松井秀喜さんが始球式を務める試合に出場することになり、林和成監督自身

●震えが止まらない

●この上ない喜び

と語っていました。

林監督にとっても星稜の選手にとっても初戦は「絶対に負けられない戦い」といえる状況の中、見事に勝利しました。

そして、2019年は春夏共に甲子園に出場し「4期連続の出場」となりました。

近年「優勝候補」として注目されている中、なかなか甲子園で上位進出できていない状況が続いています。

今年こそは、優勝争いに絡む結果を残してもらいたいです。

奇跡の大逆転勝利の舞台裏

星稜高校の大逆転劇と言えば、2014年夏の県大会決勝戦

相手は小松大谷高校で、9回裏に8点差を逆転して甲子園出場を決めました。

様々なテレビ番組で取り上げられ、大変話題になったのが今でも記憶に残っている方も多いでしょう。

9回裏に林監督が考えたのは、拍子抜けするほどシンプルです。

それは

「笑おう」

ということ

実は、当時の星稜高校は「必笑」が合言葉だったのです。

 

もし、監督や選手が点数差に縮こまってしまったら、あれほどの大逆転は実現していなかったでしょう。

それにしても、あの展開で笑えるほどの強心臓ぶりは、凄まじいです。どれほどの強豪校でも、悲壮感を漂わせてもおかしくないような展開です。

星稜高校の選手たちを見ていると、春の甲子園ではリードを奪われると悲壮感を漂わせているようにも見えました。

今夏の大会では準々決勝あたりでようやく選手たちに明るさが見られるようになりました。

準決勝以降もノビノビとプレーしてもらいたいです。

スポンサーリンク



内山&東海林のバッティング映像

今大会は奥川投手に注目が集まっていますが、打撃陣からも目が離せません。

特に内山選手と東海林選手は将来プロ入りの可能性が高く、今から注目してもらいたい逸材です。

●内山壮真

星稜中学出身で、様々な関係者が「モノが違う」と口をそろえるのが内山選手

身長172センチ、72キロの体格を考えると2番バッターというイメージを持つかもしれませんが、1年夏からチームで3番をを担っていて、新チームでは4番を任されるようになりました。

バッターボックスの後ろに立って豪快に振り抜くバッティングは、まさに「中田翔」を思い起こさせます。

昨年の甲子園では2試合連続安打と結果を残しました。

このときは、バッティング以上に守備で観客を沸かせました。

この俊敏な動きを見ると、下級生とは思えません。

そして、今年の予選では特大ホームランを放ちました。

今夏はあまり調子がよくなさそうでしたが、準々決勝で待望の「甲子園1号」が飛び出しました。


変化球に上手く対応しました。

準決勝以降のバッティングに期待が持てます。

●東海林航介

読み方は「しょうじこうすけ」です。

昨年からメンバー入りを果たしており、4期連続甲子園出場を果たしました。

もともとは守備と走塁の評価が高かった選手でしたが、高校に入ってから打撃力もアップしました。

それを存分に発揮したのが今年の石川大会決勝戦

もしこの場面で東海林選手が凡退していたら、甲子園出場を果たせなかったかもしれません。

甲子園では4試合連続でヒットを放っており、準々決勝では4安打を放ち好調を維持しています。


星稜が優勝するには、この2人の活躍が不可欠です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です