文元洸成の進路や彼女は?プロからどのような評価を受けているのか?

Pocket

下級生の頃から智辯和歌山高校の4番を任されていた文元洸成選手の、チームを勝利へ導くバッティングに注目が集まっています。そんな文元選手は現在、ドラフトで指名される可能性はどれぐらいあるのでしょうか?そこで今回は、文元洸成選手の進路や彼女の情報についてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

文元洸成のプロフィール

名前:ふみもと こうせい

生年月日:2000年9月22日

血液型:B型

身長:174㎝

体重:80㎏

出身中学:川西市立緑台中学校(兵庫県)

中学時代の所属チーム:神戸中央シニア
 


 
中学時代はキャッチャーでしたが、智辯和歌山高校に入学してからバッティングを生かすためにファーストに転向しています。

入学してすぐ4番を任されており、それだけ高嶋監督から期待されていたことが伝わってきます。

ですが、その後は紆余曲折があり「スタメン落ち」も経験しています。

 

甲子園に初めて出場したのは2年夏で、1回戦に「6番・ファースト」で出場しました。

(結果は、1打数1安打3四球でした)

 

【2018年春の選抜の成績】

2回戦(対富山商業)5打数2安打1打点

3回戦(対国学院栃木)4打数3安打0打点

準々決勝(対創成館)5打数1安打1打点

準決勝(対東海大相模)3打数1安打2打点

計:17打数7安打4打点(打率.412)

 

全ての試合で4番を任され、毎試合ヒットを打っています。

いよいよ、大阪桐蔭との決勝を迎えます。

智辯和歌山の選手の誰もが「大阪桐蔭には負けられない」と意気込んでいます。

チームを優勝へ導くバッティングを披露できるのか、期待が高まります。
 

スポンサーリンク



 

文元洸成選手に彼女はいるのか?

文元選手の彼女について調べてみたのですが、彼女についての情報はありません。

智辯和歌山は練習が厳しいことで有名ですから、彼女を作っている暇はないでしょう。

とはいえ、学校内には文元選手のファンがいるかも知れません。

 

文元洸成選手の進路やドラフト情報について

文元選手の将来の夢は「プロ野球選手」であり、高卒なのか、大学(あるいは社会人)を経てからプロに入るつもりなのか分かりませんが、いずれにしても「プロに入りたい」という強い気持ちは持っているはずです。

では、現在の文元選手に対してプロの関係者はどのような評価を下しているのでしょうか?

 

プロスカウトからの評価内容を見つけることはできませんでしたが、スポーツライターで有名な小関順二さんによると

無駄を排してシンプルなバッティングを究めようとする姿勢が素晴らしい

と評価しており、選抜出場選手で構成されたベスト9にも選ばれています。

ちなみに、小関順二さんという人は『プロ野球 問題だらけの12球団』という書籍を毎年刊行している人です。

 
たしかに、力みながらスイングしているわけではないものの、スタンドまで持っていくことの出来るバッティングは、魅力的です。
 


 
現段階における文元選手の評価は

「低いわけではないけれど、決して高いわけではない」

といったところでしょう。

もしプロ入りを目指すのであれば、バッティングだけでなく守備も上達したうえで「ファースト以外でも守れる」ことをアピールする必要がありそうです。

そう考えると、高卒即プロ入りは難しいと思います。

 

ドラフトで指名されるかどうかはともかく、文元選手には高校を卒業した後のステージでもがんばってもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です