内藤剛志と沢口靖子のキスシーンは?ラブシーンを演じる時の心境も気になる!

Pocket

俳優の中でも大人の男性の雰囲気を醸し出している内藤剛志さんは、沢口靖子さんと共演がとても多いです。「千と千尋の神隠し」でも共演しているとは思いませんでした。そんな2人のキスシーンは、どのような様子だったのでしょうか?また、内藤さんがラブシーンを演じる時に考えていることもあわせてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

内藤剛志のプロフィール

名前:ないとう たかし

生年月日:1955年5月27日

年齢:62歳

血液型:O型

出身地:大阪府

大阪星光学院高校卒業

日本大学芸術学部映画学科中退

 

私がはじめて内藤剛志さんを知ったのは、2005年に放送されたドラマ「夜王」を見た時です。
 


 
このドラマで、内藤剛志さんは、TOKIOの松岡昌宏さん(遼介役)と北村一輝さん(聖也役)がナンバーワン争いを繰り広げたホストクラブ「ロミオ」の支配人役として出演していました。

北村一輝さんのホスト役もサマになっていましたが、内藤さんの支配人役もピッタリはまっていたのを、今でも覚えています。

今なお落ち着いた雰囲気を醸し出している内藤剛志さんは、やはりホテルやクラブの支配人(経営者)の役柄がピッタリなのだと思います。

 

内藤剛志と沢口靖子のキスシーンは?

内藤剛志さんと共演が多くて有名なのが、沢口靖子さん

初めて共演したのは、1989年に放送されたNHKドラマ「その人の名を知らず」で、2人は兄弟役で出演しました。

その後

●ホテルウーマン

●科捜研の女

●千と千尋の神隠し

●サスペンスシリーズ

で共演を果たしています。

 

内藤さんと沢口さんがキスシーンを演じたのは、「ホテルウーマン」でのことです。

しかも、キスシーンについてかなり真面目に打ち合わせをしていた模様です。
 


 
内藤剛さんの誠実さがにじみ出ています。

キスシーンの画像がないのが残念ですが、当時ドラマでキスシーンを見た人は

沢口靖子と内藤剛志 なんか熱いキスシーンだったなー 今は科捜研の女でこの二人共演してるけどいつも思いだしちゃうのよね

とコメントしています。

実際のドラマではキスシーンが繰り広げられていた模様です。

 

現在、沢口靖子さんは50歳を超えているものの、今なお綺麗です。

今後、内藤さんと沢口さんが共演するとすれば「科捜研の女」になる可能性が高いでしょう。

というのも、このドラマは1999年から毎年のように放送されおり、2017年にはシーズン17を終えたのです。

そうすると「シーズン18」を放送しないのは考えづらいです。

科捜研の女でキスシーンを演出できるかどうかは微妙ですが、2人のキスシーンを1度でいいから見てみたいものです。
 

スポンサーリンク



 

内藤剛志がラブシーンを演じる時に考えること

内藤さんはこれまで、沢口靖子さん以外にも、1997年放送の「不機嫌な果実」で石田ゆり子さんとキスシーンを繰り広げました。

ちなみにこのドラマは、栗山千明さん主演で2016年にも放送されて話題になりました。

 

内藤さんはラブシーンを演じる時について

スイッチが入って役として好きになり、家に帰るときはスイッチを切って奥さんが一番好きになる

と語っています。

なるほど、内藤さんの中でスイッチを切り替えているのですね。

 

そんな内藤剛志さんは、2018年4月12日から放送される「警視庁捜査一課長」で、安達祐実さんと共演します。
 


 
この2人が共演するのは「家なき子」以来23年ぶりなのです。

一時は「不仲説」もささやかれていましたが、本人たちは否定していました。

2人がどのような役柄を演じるのか、楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です