滋賀県彦根市で警察官が撃たれる!犯人と被害者は誰?どんなトラブルがあったのか?

Pocket

滋賀県彦根市で、警察官が同僚を撃つという思いもよらない事件が起きてしまいました。犯人は同僚である人物だと発表されていますが、一体誰なのでしょうか?また、2人の間にはどのようなトラブルがあったのかについても調べてみました。

スポンサーリンク



 

滋賀県で警察官が撃たれた事件が発生

事件の現場は?

今回の事件が起きたのは、滋賀県彦根市の河瀬駅前交番だと発表されています。

こちらは、河瀬駅前交番の周辺となります。

周辺には住宅が立ち並んでおり、学校も建っています。

このような場所で警察官が事件を起こしたとなると、町の人たちが動揺するのも無理はありません。

しかも、学校は新学期が始まったばかりであり、これからスタートというときにこのような事件が起きたとなると、先生も生徒たちも不安で仕方がないはずです。

明日以降、近隣の学校でどのような対処がなされるのかも、気になるところです。

スポンサーリンク



 

犯人や被害者は誰なのか?

犯人の情報ですが、19歳の巡査の行方が分からなくなっており、「この人物が怪しい」というのが県警の見解です。

そして、被害者は井本光(あきら)巡査部長で、年齢は41歳です。

ということは、被害者である井本巡査部長と、加害者である犯人は「上司と部下」の関係だったと考えられます。

どんなトラブルがあったのか?

今回の事件は、撃たれてしまったのも警察官で撃ったのも警察官という極めて珍しい事件です。

過去にも似たような事件があったのかもしれませんが、私の中では記憶にありません。

 

何か、捜査方法(仕事の進め方)を巡って意見が合わずにトラブルになったのでしょうか?

たとえそうだとしても、ここまでの事件に発展しないでしょう。

警察官どうし、お互いに話し合いで解決できることについて、わざわざ大きなトラブルを起こす必要はないでしょう。

 

そうすると「個人的に何か恨みを抱いていた」のでしょうか?

あくまで推測ですが、こちらの可能性が高いと思われます。

では、そうだとすると、どのような恨みを抱いていたのでしょうか?

●嫌なことを言われた(やられた)

といったように、よほど許せないことがあったのかもしれません。

ですが、そうであってもとしても撃つ必要はないと思います。

おわりに

今回の事件で最も驚いているのは、滋賀県警の警察官かもしれません。

自分と一緒に仕事をしたかもしれない人物に容疑を掛けることになるとは、夢にも思わなかったはずです。

近隣の住民の方からは

平和な地域なのに・・・怖くて戸締まりをした

テレビで知り、びっくりした。近くに交番があって一番安全なところと思っていたのに・・・

明日以降、子供たちを塾に通わせてよいものなのか・・・

といったように、動揺が広がっています。

 

いち早く、犯人を捕まえてもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です