野村祐輔の彼女は浅田舞でなく誰なのか?甲子園での衝撃映像をもう1度!

Pocket

広島カープの若きエースである野村祐輔は、学生時代から「将来はプロで大成できる」と言われており、実際にその通りになった選手です。やはり気になるのは「彼女」の情報です。浅田舞ではないことを考えると、いったい誰なのでしょうか?高校時代の衝撃映像や年俸推移もあわせてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

野村祐輔のプロフィール

名前:のむらゆうすけ

生年月日:1989年6月24日

身長:177㎝

体重:84㎏

出身地:岡山県

出身高校:広陵高校

出身大学:明治大学

 

高校時代は3年夏の甲子園大会の決勝戦で、惜しくも敗れてしまいました。

(この時の衝撃映像は、後ほどお伝えします)

野村投手が3年生の時のチームには

●同級生:小林誠司(巨人)・土生翔平(広島)

●1年後輩:中田廉・上本崇司(ともに広島)

が所属していました。

これだけ実力のある選手が揃っていたわけですから前評判が高く「優勝候補」と言われていたのです。

野村投手だけでなく、他の選手たちも準優勝という結果に対して「嬉しさ」よりも「悔しさ」の方が強かったはずです。

 

明治大学に進むと、1年生の時から早速活躍しました。

1年秋には「防御率0.00」という驚異的な記録を達成しました。

大学4年秋には、高校時代に果たせなかった「日本一」を達成し、2011年ドラフト1位で広島に入団しました。

 

甲子園での衝撃映像

こちらは、今なお語り継がれる2007年夏の甲子園決勝戦の映像です。

特に衝撃度が強いのが、6分5秒~15秒あたりです。

●きわどい球を「ボール」と判定され、押し出し四球となる

●キャッチャーの小林がミットを叩きつける

●野村投手はあからさまに「エー(その判定はないでしょ!)」という表情を浮かべる

 

やはり、判定に納得がいかなかったのでしょう。

そして、その直後に満塁ホームランを打たれてしまいました。

後日、広陵高校の中井監督が「選手たちが可哀想だ」とコメントして高野連から厳重注意を受けることになってしまいました。

とはいえ、この時の悔しさをバネにして大学・プロの世界で活躍している野村選手は「さすが」と言えます。
 

スポンサーリンク



 

野村祐輔の彼女は浅田舞でなく誰なのか?

さて、野村祐輔の彼女はいったい誰なのでしょうか?

この情報を調べてみると「浅田舞」という名前が表示されますが、浅田舞が彼女の可能性は0%だと言えます。

というのも、先日このような報道がありました。
 


 
こんな情報が出る中で、浅田舞が野村祐輔と付き合っていることはないはずです。

 

以前、野村投手は紺野あさ美と噂になったのを覚えている方も多いでしょう。
 


 
当時、野村投手はプロ入りしてから2年ほどしか経っていませんでしたが、スポーツ紙で大きく取り上げられた事を考えると、当時2人は「彼氏・彼女」の関係だったのでしょう。

ですが、紺野あさ美は、杉浦稔大(現日本ハム)と結婚しました。

 

野村祐輔投手の現在の彼女ですが、確かな情報は入ってきておりません。

とはいえ「30歳ぐらいには結婚したい」と考えています。
 


 
そうすると、いずれまた交際相手が見つかるでしょう。

将来の彼女(結婚相手)は有名人なのか、それとも一般人なのか気になるところです。

 

野村祐輔の年俸推移

では、年俸はどのように変化しているのでしょうか

2012年:1500万円

2013年:4000万円

2014年:6000万円

2015年:5800万円

2016年:5200万円

2017年:1億円

2018年:1億2000万円

一時的に下がった時もありましたが、1億円プレーヤーの仲間入りを果たしたのは「さすが」と言えます。

 

今後の活躍次第では、2億円超えの可能性を秘めています。

そうすると、FA宣言をして他球団に移籍することになるのでしょうか?

それとも「地元愛」を貫いて広島に残留するのでしょうか?

このあたりも、注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です