小原玲の嫁・子供の画像や天安門事件の現場での衝撃の体験とは?

Pocket

現在、動物カメラマンとして活躍する小原玲さんは、元フライデーの記者であり、天安門事件の現場にいた経験がある方です。この事件で体験したことが衝撃的で驚きました。一体、どのような経験をしたのでしょうか?今回は、小原玲さんの経歴や嫁・子供のこと、さらにはフライデー時代にゲットしたスクープの内容についてもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

小原玲の経歴やプロフィール

名前:おはら れい

1961年生まれ

年齢:57歳

出身地:東京都

出身高校:群馬県立前橋高等学校

出身大学:茨城大学人文学部社会科学科

高校3年生の時、前橋高校の野球部が甲子園に出場し、エースの松本稔投手が完全試合を達成しました。

自身の在学中に野球部が甲子園に出場するのは、とても貴重な経験ですね。うらやましいです。

小原さんは写真でグランプリをとっており、卒業式では松本投手と共に表彰されるというこれまた貴重な経験をしたのです。

大学時代は写真部に所属しました。

 

大学卒業後は、1984年に創刊された「FRIDAY」のエースカメラマンとして活躍しました。

翌年の1985年には、田中角栄が入院したり「ロス疑惑」で三浦和義が逮捕されるといった大きな出来事が立て続けに起こりました。

このとき、小原さんは最前線で撮影に挑んでいたのです。

その後も、

●玉置浩二と石原真理子の不倫愛

●長渕剛と志穂美悦子の熱愛

このようなスクープを収めることにも成功しています。

ですが、小原さんはFRIDAYを去ることを決断します。

理由は「男女の浮いた姿を撮影するためにカメラマンになったのではない」という想いがあったからです。

 

今でこそ、FRIDAYは男女の熱愛スクープを撮影しているイメージが強いですが、創刊したばかりの頃は事件を中心に追っていたのです。

その後、動物写真家に転向してアザラシを撮るようになり、最近では「シマエナガ」を狙って撮影しています。

とってもかわいくて、癒されますね。

 

小原玲の嫁や子供について

小原玲さんの奥さんは、小説家の堀田あけみさんです。

高校時代に作成した『1980アイコ十六歳』が文藝賞を受賞することになったのです。

文藝賞受賞の最年少記録を打ち立てたのでとても話題となり、映画化されたのです。

これだけ早く賞を受賞できたということは、よほど才能があったのでしょう。

現在、小原さんの嫁の堀田さんは椙山女学園大学国際コミュニケーション学部の教授職にも就いており、夫婦の間には3人の子供がいます。

小原玲の家族写真

お子さんの名前と現在のおよその年齢は

●長男:真斗君(20歳ぐらい)

●次男:海斗君(18歳ぐらい)

●長女:琴子さん(年齢は不明だが次男よりも年下)

となっています。
 

スポンサーリンク



 

天安門事件での現場での衝撃の体験とは?

小原玲さんは、天安門事件の撮影をした経験があります。

ある日、学生たちから「公安のスパイを突き出しに行くからそれを取材してくれ」と頼まれました。

すると、いきなり数十人の警察がやってきて小原さんは両腕を抱えられカメラを没収されたのです。

そのまま連れていかれそうになり危機一髪の状況でしたが、この様子が天安門広場に伝えられたことで多くの学生たちが小原さんを助けにやってきました。

もしこのとき学生たちがやってこなければ、小原さんは今頃どうなっていたか分かりません。

小原さんは、このときのことを伝えられず、天安門事件は中国政府の弾圧行動としてのみ語られることがとても悔しかったとのことです。

 

そんな小原さんは、2018年4月29日に「明石家さんまの転職DE天職」に出演します。

表題は「さんまVS元フライデーカメラマン30年ぶり今夜対面!密会の裏側」であり、どんなことが語られるのか、とても気になります。

もしかするとさんまさんは、当時からフライデーに狙われていたのかもしれません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です