平尾龍磨の処罰(処分)は?逃走中は生活をどうしていたのか?

Pocket

4月30日、23日間にわたって逃走していた平尾龍磨受刑者がようやく逮捕されました。気になるのが逃走中にどうやって生活していたのかということと、処罰(処分)内容のことです。今回は、重い処分になると思うのですが、果たしてどうなるのでしょうか?
 

スポンサーリンク



 

平尾龍磨受刑者の身柄を確保!

事件の概要

4月8日に愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が脱走した事件で広島県警は30日、広島市南区にあるJR広島駅近くの路上で同容疑者の身柄を確保し、逃走の疑いで逮捕した。逃走車両を乗り捨て、潜伏していたとみられる広島県尾道市の向島(むかいしま)では大規模な捜索が続けられていたが、脱走から23日目に確保されたのは同島から約70キロ離れた場所。平尾容疑者は調べに対し、「海を泳いで(本州側へ)渡った」と話しているという。

普段は静かな向島が警察官の捜索によって騒然となってから3週間あまり。脱走した平尾容疑者が確保されたのは、遠く離れた広島市の中心部だった。

警察官が付近を捜索していたところ、警察車両に気付いた平尾容疑者が路地に入って走り出した。警察官は小学校の塀を乗り越えようとしたところを引きずり下ろし、地面に組み伏せた。目撃者によると、警察官の「待て!」「ワッパ(手錠)かけろ!」の声が響く中、平尾容疑者は観念したのかおとなしくなったという。現場はマツダスタジアムの近くで、警察官が容疑者を取り押さえる横を球場に向かう広島ファンが通り過ぎていった。

そういえば、平尾受刑者が逮捕された日(4月30日)は、マツダスタジアムで広島が阪神と試合を行ないました。

逮捕の瞬間を目撃した広島ファンからしてみれば、まさか逃走中の平尾受刑者だとは思わなかったでしょう。

とはいえ、逃走中の23日間はどのように生活をしていたのでしょうか?

 

平尾龍磨の逃走中の生活

現時点で判明しているのは

●所持金を2万円ほど持っていた

●向島では空き家などの食料品を食べて潜伏していた

ということです。

要するに「窃盗」しながら生活していたという事です。

今回、逃走中に食べ物だけでなくお金や車も盗んでおり、判明しているだけで7件も窃盗を行なっています。

たしかに「所持金2万円」と報道されたときに「どうしてお金を持っているの?」と思ったのですが、おそらく盗んで手に入れたのでしょう。

それだけでなく、身分証を盗んでネットカフェを利用していたことも判明しています。

 

逃走して物をを盗んだだけでなく、住居にも侵入しようとしていたわけですから、それなりに重い処罰が課せられるような気がするのですが、果たしてどうなるのでしょうか?

 

スポンサーリンク



 

平尾龍磨の処分(処罰)内容は?

今回、平尾受刑者が問われる可能性がある罪と処罰内容ですが

●逃走罪(1年以下の懲役)

●窃盗罪(10年以下の懲役または50万円以下の罰金)

●住居侵入罪(3年以下の懲役または10万円以下の罰金)

となっています。

 

逃走罪の内容ですが、もう少し重い処罰なのだと思っていました。

今回の件について、ある弁護士は

量刑は逃走中の窃盗罪を中心に決められることになりそうで、逃走罪と住居侵入罪を合わせた場合、一番重い罪の5割増となる

情状は相当悪いが、今回の逃走中に窃盗を7件やっていたとしても、現時点で分かっている盗んだもの(現金や車など)の額などから考えれば、加算される刑期は10年に満たないかもしれない

と語っています。

 

ということは

●最も重い処罰である窃盗罪を中心に刑罰が決まる

●最高刑が懲役15年

であることになります。

 

もう少し重い処分になると思っていただけに、意外でした。

たくさん罪を犯したから重い処罰になるという事ではなく、罪の内容と程度によって処罰の内容が決まるのですね。

窃盗にしても

●額が少なければ処分が軽くなり、多ければ重くなる

という事になります。

果たして、実際にどのような処罰が下されるのでしょうか?今後の報道からも目が離せません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です