赤穂ひまわりは双子の弟(雷太)と仲良し!両親・姉・妹もバスケの有名選手だった!

Pocket

スポーツ界で有名であり、、なおかつかなりの実力を備えた兄弟姉妹と言えば、プロ野球の田中広輔・俊太兄弟やスピードスケートの高木菜那・美帆姉妹などが有名です。ですが、今回紹介する赤穂ひまわりや双子の弟も、実力は折り紙付きです。今後、間違いなくバスケ界を引っ張っていくはずです。今回は、赤穂ひまわり選手の事や兄弟姉妹や両親のことをお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

赤穂ひまわりのプロフィール

名前:あかほ ひまわり

生年月日:1998年8月28日

年齢:19歳(2018年5月時点)

身長:184㎝

出身地:石川県

出身中学:昭和学院中学校(千葉県)

出身高校:昭和学院高等学校(千葉県)

 

昭和学園高校は、言わずと知れたバスケの強豪校であり、赤穂ひまわり選手はチームの中心選手として活躍しました。

1年:全国高等学校選抜優勝大会 準優勝

2年:全国高等学校選抜優勝大会 3位

3年:全国高等学校選抜優勝大会 3位

という成績を収めています。

 

高校卒業後はデンソーに入社し、バスケを続けています。

同じチームに、こちらも有名なオコエ桃仁花が所属しています。

赤穂ひまわりの双子の弟(雷太)はどんな選手?

ではつぎに、赤穂ひまわりの双子の弟について紹介します。

名前:あかほ らいた

身長:194㎝

出身高校:市立船橋高校(千葉)

高校3年時にはキャプテンに指名され中心選手として活躍し、チームを全国ベスト8へと導きました。

現在は、青山学院大学で活躍しています。

ちなみに、赤穂ひまわり選手も雷太選手もお互いに「兄弟(姉妹)の中で最も仲がいい」と語っています。

ひまわり選手から見た雷太選手の長所は「やさしい」こと

逆に、雷太選手から見たひまわり選手の長所は「マイペースですぐに気持ちの切り替えができること」

と、インタビューで答えていました。

雷太選手は3人の姉妹と一緒に生活していたわけですから、人間関係を築くのに苦労した部分もあるかも知れません。

同い年のひまわり選手には、話しやすかったのだと思います。

 

スポンサーリンク



 

赤穂ひまわりの姉・妹や両親について

冒頭でもお伝えした通り、赤穂ひまわり選手の両親や姉・妹もバスケの世界では名が知られ渡っているのです。

父:真(まこと)さん

日本代表にも選ばれたことがあり、世界大会で銀メダルを獲得しました。

この快挙は、日本男子バスケ史上初の出来事でした。

母:久美子(くみこ)さん

日本体育大学でもバスケをしており、実力のある選手でした。

 

姉:赤穂さくら

年齢はひまわり選手よりも2つ年上で、高校・社会人チームともひまわり選手と同じです。

2014年に開催されたアジア大会の日本代表に、高校生の中で1人だけ選ばれた経験もあります。

また、現在はリオデジャネイロ五輪代表候補と呼び声が高いです。

妹:赤穂かんな

ジュニアオールスターの石川県選抜に選ばれた経験があり、現在は石川県立津幡高等学校の2年生です。

 

6人家族で、6人ともにバスケがめちゃめちゃ上手い赤穂家族のような家族は、この先現れることはないでしょう。

今後、ひまわり選手はもちろん、弟や姉妹の活躍も楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です