津久井萌の大学や高校・彼氏は?巨漢男子への見事なタックル映像を公開!

Pocket

女子ラグビー界で最も注目されているのが津久井萌選手です。幼少期から男子と一緒に練習しており実力は折り紙付きです。時には、男子相手にタックルを仕掛けたこともありました。今回は、このときの映像はもちろん、津久井選手の高校や大学、さらには彼氏の情報などについてもお伝えします。

スポンサーリンク



 

津久井萌のプロフィール(高校や大学は)

名前:つくい もえ

生年月日:2000年3月28日

年齢:18歳

身長:152㎝

体重:53㎏

出身地:群馬県高崎市

出身高校:東京農業大学第二高校

大学:青山学院大学

ラグビーを始めたのは5歳の時で、小学校4年生の時から中学校3年生の時まで高崎ラグビースクールに通っていました。

また、中学時代は男子を押しのけてレギュラーメンバーとして試合に出場していたのです。

レギュラーを奪われた男子メンバーは、とても悔しかったでしょう。

 

出身高校である東京農業大学第二高校は、全国高校ラグビー大会に25度出場を果たしているラグビーの名門校です。

津久井選手は、高校時代も男子に混じって練習を重ねていました。

2年生の時にはニュージーランドに留学した経験もあり、3年時には、高校生で唯一女子ラグビーワールドカップ大会のメンバーに選ばれました。

このときのポジションは「スクラムハーフ(SH)」です。

スクラムハーフとは?

→フォワードとバックスとをつなぐ役目のポジション。攻撃の起点となる。

要は、パスを出す機会が多いポジションです。

正確に味方にパスを出せるかどうかが得点のカギとなりますので、重要な役割を担っています。

津久井選手はパスの練習を数多くこなしているのは、試合でパスを出す機会が多いからです。

 

「一体どの大学に進むのか」について注目されていました津久井萌選手

現在は青山学院大学に在籍しておりラグビー部として活動しています。

青山学院大学のと言えば、男子も女子も陸上部も有名です。

今後は、津久井選手の活躍でラグビー部も有名になっていくでしょう。

 

津久井萌の凄さとは?(タックル映像アリ)

【その1】

まず1つ目が、相手が男子であろうとも果敢に攻めていくことです。

小さいころから男子に交じって練習していたため、根性が据わっているのでしょう。

津久井選手自身も「男子に倒されると悔しい」と語っています。

中学時代、巨漢の男子に対して果敢にタックルを仕掛けた映像がコチラ

7分5秒あたりで、タックルした姿を見ることが出来ます)

めっちゃ痛そうですが、その後にプレーを続けている姿に拍手を送りたいです。

 

スポンサーリンク



【その2】

2つ目は、高校時代に出場した女子ラグビーワールドカップでの出来事です。

津久井選手は、5試合すべてに先発出場して「世界ベスト15」に選出されたのです。

 

このメンバーの内訳ですが

ワールドカップ出場国:12ヶ国

優勝:ニュージーランド(6名)

準優勝:イングランド(3名)

3位:フランス(2名)

4位:アメリカ(2名)

5位:カナダ(1名)

11位:日本(1名)

このように、6位以下の国のメンバーから選出されたのは、津久井選手だけだったのです。

もはや「世界の津久井」と呼んでも過言ではありません。

 

津久井萌の彼氏は?

好きな音楽グループは「E-girls」で、鷲尾伶菜ちゃんのファンという女の子っぽい一面もある津久井選手ですが、彼氏の方はどうなのでしょうか?

今のところ、彼氏の情報はありません。

現時点ではラグビーに集中したいのだと思います。

 

5月6日に放送されるジャンクスポーツでは「理想の男性のタイプ」が聞けるかもしれません。

一体どんな男性がタイプなのか、聞いてみたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です