竹田匠吾の顔画像や犯行動機は?山口から和歌山に移った理由や子供の状況は?

Pocket

子供に怪我を負わせた竹田匠吾容疑者が逮捕されました。最近は似たような事件が多くてため息が漏れてしまいます。どうして子供に手をあげたのでしょうか?今回は、竹田容疑者の顔画像や犯行動機、さらには和歌山に移った理由などについてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

竹田匠吾容疑者の事件の概要

山口県警岩国署は8日、和歌山県橋本市の会社員、竹田匠吾容疑者(26)を逮捕した。「泣いているので黙らせようと思って投げつけた」などと供述し、おおむね容疑を認めているという。

逮捕容疑は2月11日午後11時~12日午前4時ごろ、当時住んでいた山口県岩国市のアパートの部屋で、抱きかかえていた長男を床に投げつけ、あおむけに倒れた状態で顔をつかんで押さえ付けるなどしたとしている。長男は頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などの重傷を負って現在も通院中だが、命に別条はないという。

県警によると、外出していた妻が帰宅し、長男が泣きやまないため市内の病院に連れて行ったが、病院側が虐待の疑いがあるとして岩国児童相談所に通報。2月13日に児相から連絡を受けた同署が捜査していた。

竹田匠吾容疑者の顔画像や犯行動機

名前:たけだ しょうご

年齢:26歳

住所:和歌山県橋本市

職業:会社員

竹田容疑者の顔画像は、現時点では公表されておりません。

情報が入り次第、お伝えいたします。

 

犯行動機については、竹田容疑者自身

「泣いているので黙らせようと思った」

と述べています。

ということは、子供に対してイライラしていたのでしょう。

●どうにかして泣き止ませたい

●でも、ぜんぜん泣き止まない

●だったら、何とかして泣き止ませよう

と考えたのだと思います。

 

ですが、力づくで泣き止ませようとしても、かえって泣き止まなくなります。

そのことを理解していれば、このような事態にはならなかったはずです。

 

スポンサーリンク



 

山口から和歌山に移った理由は?

今回の事件が起きたのは2月11日

山口県警岩国署が捜査を開始したのは2月13日

そして、実際に逮捕されたのが5月8日

だいたい3ヶ月ほど期間が開いています。

 

おそらく、山口県にいればもっと早くに逮捕されていたでしょう。

そうすると、捜査から逃れるために和歌山県に移ったと考えられます。

 

子供の状況は?

報道によると、現時点では退院しているとのことです。

今後は、子供の命を守るために、「親と一緒に暮らす」ことよりも「子供が安心して安全に暮らせる環境を整える」ことを優先した方が良いと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です