納富優斗君の自宅や父親の名前は?窒息死になった原因は何なのか?

Pocket

4歳の納富優斗君が窒息死になってしまったというニュースがありました。父親から連絡があったようですが、窒息死になった原因は一体何なのでしょうか?今回は、この内容のほかに、自宅や父親の名前などについても調べてみました。
 

スポンサーリンク



 

納富優斗君が亡くなった事件の概要

福岡県警小倉北署は12日、自宅から救急搬送された北九州市小倉北区砂津の納富優斗(ゆうと)ちゃん(4)が死亡し司法解剖の結果、窒息死と判明したと発表した。同署が詳しい状況を調べている。

同署によると、11日午前6時25分ごろ、父親(27)から「子供が呼吸をしていない」と119番があった。約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認され、病院が警察に通報した。父親は10日午後9時ごろ、2階の部屋に優斗ちゃんを寝かしつけ、自身は別室で寝た。優斗ちゃんは別の家人と寝ていたという。11日午前6時25分ごろ、父親が起こしに行って息をしていないのに気付いた。

5月10日の夜に、優斗君は1人ではなく別の家人と寝ていたとありますが、

●兄弟姉妹の中の誰かなのか

●母親なのか

●祖父母なのか

気になるところです。

もし、母や祖父母であれば

「どうして気づくことが出来なかったのか・・・」とショックを受けているでしょう。

 

スポンサーリンク



 

納富優斗君の自宅や父親の名前は?

こちらが、自宅となります。

住所ですが

北九州市小倉北区砂津

というところまでは判明しています。

自宅の周辺地図はコチラ

周辺は新幹線が走っており、高いビルが立ち並んでおります。

新幹線で移動中だった人たちも、今回の事件に驚いているでしょう。

父親の名前ですが、現時点では判明しておりません。

情報が入り次第、改めてお伝えします。

 

窒息死になった原因は

今回、納富優斗君は「窒息死」だと発表されていますが、どのようなことが原因なのでしょうか?

あくまで推測ですが

●掛け布団をかぶっており、そこからしばらく出てこなかった

と考えられます。

 

実際に、布団をかぶっていた子供が苦しい思いをしてしまう可能性は、十分に考えられます。

過去にも、就寝中に小さい子供が亡くなってしまったニュースが流れていました。

実は、大人であっても油断は禁物です。

「掛け布団が原因で呼吸をするのがしんどくなった」という体験談は、探せば簡単に見つけることが出来るぐらいです。

 

今回の事件についてのコメントの中に

「犯人は父親なのでは?」

という内容がありましたが、おそらく違うと思います。

このように考える前に、子供が布団をかぶって呼吸しづらくなった可能性を考えてもらいたいものです。

 

「子供の身に起こってしまった事故」と捉えるのではなく、大人も寝る時には気をつけたいものです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です