宮川泰介(日大)の高校は日大豊山!退部や退学の可能性はどれぐらいなのか?

Pocket

日大アメフト部の宮川泰介選手のタックル騒動が未だ収まる気配がありません。5月22日には宮川選手自らが記者会見を開きました。「退部」のウワサもありますが、果たしてどうなるのでしょうか?今回は、宮川選手の高校がどんな学校なのか、宮川選手の「アメフト」への思い、さらには退部や退学の可能性がどれぐらいあるのかをお伝えします。

スポンサーリンク



 

宮川泰介の高校やプロフィール

名前:みやかわ たいすけ

生年月日:1998年2月26日

年齢:20歳

出身高校:日大豊山高校

出身大学:日本大学

出身高校の日大豊山高校についてですが、

●東京都にある私立の男子校

●偏差値は57

●卒業生に俳優の伊勢谷友介や小説家の坂口安吾などがいる

●特進クラス・進学クラス・体育クラスに分かれている

●甲子園には過去に1度だけ出場している(2000年夏)

といった高校です。

実際に通っている(通っていた)生徒からは

●日本大学に進学したいならおすすめの学校

●ザ・男子校と言うイメージ

●特進クラスの生徒は真面目な子が多く、体育クラスは元気な子が多い

●部活が盛ん

という評価が挙げられています。

毎年、300名を超える生徒が日本大学に合格しています。

とても多い印象を受けますが、2017年5月時点では日大の学生数は67,933人です。

そう考えると、それほど多いというわけではないのかもしれません。

 

宮川泰介選手の場合は、おそらく体育学部に所属していたと思われます。

ちなみに、体育学部の2017年度の卒業生が39人で、そのうち31人は日本大学に進学しています。

日大はスポーツにも力を入れている大学であり、系列校は日大豊山以外にも

●日本大学第一高校

●日本大学第二高校

●日本大学第三高校(野球の強豪)

●日本大学鶴ケ丘高校

●日本大学高校

があり、これらの高校からスポーツが得意な選手を大学に送り込んでいます。

今回、相手選手に危険なタックルをしてしまったことで、大学だけでなく高校もそれなりに批判を浴びることになりそうです。

それだけでなく、これほどのニュースになったわけですから、次年度の生徒募集にも大きな影響があると思われます。

スポンサーリンク



 

宮川泰介選手の会見に対する世間の反応

今回の宮川選手の会見について、Twitterでの世間の反応を見てみましょう。

宮川選手の将来を心配する声や「とても優秀な人物」と評価する声が多いです。

20歳ぐらいの人間が、批判を一身に受けて会見場に姿を表せる20歳は、そうそういません。

 

宮川泰介選手の「アメフト」の想いは?

宮川選手は高校時代からアメフトを始めました。

(そうすると、中学校は日大豊山とは別の学校だと思われます)

始めた当初は「とても楽しい」と感じていたのです。

ですが、大学生になって日本大学という厳しい環境に身を置くようになり、あれほど好きだったアメフトが嫌いになってしまったと記者会見で述べていました。

 

野球やサッカーなどでも、もともと好きだったはずが「勝利至上主義」に変わったとたん「面白いと思わなくなった」といった声はよく聞きます。

プロならまだしも、やはり学生のうちは「目いっぱいプレーすることを楽しむ」ことが出来る土壌を作ってあげたほうが良いと思います。

そうすることで、大人になってもそのスポーツが好きでいられる人が増えるはずです。

アメフトが好きで真剣に取り組んでいた宮川選手を「アメフト嫌い」にした日大の指導者の罪は、とても重いです。

アメフト部の退部や退学の可能性は?

世間からは「アメフトを続けてもらいたい」という声がたくさんあがっているだけに、やはり気になるのが「退部するのか」「アメフトを辞めるのか」ということです。

まず、退部についてはどのように考えているのでしょうか。

5月16日の報道時点では

●宮川選手は「退部」の意向を示している

●それに対して日大は「そんな事実はなく、現在も部員です」と主張している

というように、報道の内容に食い違いが見られます。

なぜこのようになるのかを考えてみると

●選手は「退部したい」と思っている(あるいは、そう思うほど責任を感じている)

●しかし、学校側からすればスポーツ推薦などの兼ね合いもあり、簡単に受理するわけにはいかない

という事情があると思われます。

 

ですが、22日の会見で

「もうアメフトを続けるつもりはないし、その権利もない」

と明言しました。

そうすると、90%以上の確率で「退部」すると思われます。

 

では、「退学」の可能性はどれぐらいあるのでしょうか?

これについて、1つ気になる情報がありました。

どうやら、今回の反則プレーを傷害容疑で立件する可能性が浮上しているのです。

警視庁が本格的に調査に乗り出すことがすでに発表されています。

ある弁護士は

「指示があったとしても、本人の責任がゼロになるわけではない」

と言っています。

そうすると、宮川選手が罪に問われる可能性が残っていることになります。

 

万一、刑事事件として取り扱われてしまえば、宮川選手本人の意思とは関係なく、学校側が「退学」を言い渡す可能性が考えられます。

(その可能性は、現時点では50%ぐらいだと思います)

大学側としても「守りたくてもかばいきれない」となるのでしょう。

 

とはいえ、あれほど堂々と会見した宮川選手が、何らかの罪に問われてしまうのはとても心苦しいです。

もし学校を辞めさせられることになっても、手を差し伸べてくれる方がいることを願います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



 
【アメフト関連のニュース】

宮川泰介の記者会見の内容や動画・有名人のコメントを公開!

奥野耕世(タックルを受けた関学の選手)が高校時代に体験した悲しい出来事とは?

鳥内秀晃(関学アメフト部監督)の経歴やチーム優勝時の男前な発言内容は?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です