勝田州彦の顔画像や経歴は?医師が告げた病気の内容が驚愕のものだった!

Pocket

14年前に小学3年生の女の子が殺害された事件の犯人が、勝田州彦容疑者であることが判明し、30日に再逮捕される流れとなりました。これまで勝田容疑者が起こしてきた事件は、身の毛がよだつほど恐ろしいです。これまで、どんな事件を起こしてきたのでしょうか?その詳細や、勝田容疑者の顔画像や経歴、さらには病気の内容についてもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

勝田州彦の顔画像や経歴は?

名前:かつた くにひこ

年齢:39歳

住所(出身地):兵庫県加古川市

職業:無職

勝田州彦容疑者は、高校を卒業した後に海上自衛隊に勤務しましたが、半年もたたないうちに辞めてしまいました。

その後は

●郵便局

●運送会社

など、さまざまな職を転々としていました。

もともと、1つのことを継続するのが苦手だったのかもしれません。

そして、14年前の2004年、勝田州彦容疑者が25歳ぐらいのころに衝撃的な事件を起こします。

 

岡山・津山市で起きた筒塩侑子(ゆきこ)さん殺害事件について

2004年9月に、当時津山市北小学校に通っていた3年生筒塩侑子さんが小学校から自宅に帰ろうとしたときに、勝田州彦容疑者に殺害されてしまった事件です。

目撃情報が見つかってから家族が娘を見つけるまでの時間は、わずか20分ほどでした。

筒塩侑子さんが通っていた小学校の場所や当時の校長・教頭の思いは?

警察はただちに捜査を開始し、延べ6万人の警察官が捜査に関わりましたが犯人を逮捕できないまま14年の月日が流れました。

この間、親族は情報提供を呼び掛けていたのですが、それでも犯人が見つかりませんでした。

当時、父をはじめ親族の方は、やり場のない怒りと悲しみを抱えながら、今日まで生きてこられたのだと思います。

筒塩侑子さんの父の勝義さんのコメント内容

平成16年9月3日に私たちの愛娘侑子を殺害した犯人が、この度判明したとの報道を聞き、ただただ驚いております。

事件以降、私たち家族は、言葉にできないほどの深い悲しみの中におりました。

正確なことが分からない中では、今の私たちには捜査の行方を見守ることしかできません。

どうか、私たち家族の心情を察していただき、私たち家族を始め、親戚、ご近所の方々へのインタビューや撮影を自粛していただきますようお願い申し上げます。

現在、ご家族が最も望んでいることは

「インタビューに来ないでほしい」

ということだと思います。

インタビューを受ければ受けるほど、犯人に対して憤りの気持ちが蘇ってきてしまい、平穏に過ごせなくなってしまいます。

現実を受け止めきれない中、それでも1日1日を精一杯生きてきた親族の言葉なだけに、重みを感じます。

また、

「なんとか逮捕してもらって事実を知りたい。その罪を償わせなければという思いでいっぱいです」

とも語っていました。

真実を最も知りたいのは、当然親族のはずです。

何としても、勝義さんをはじめ親族の方の想いに応えてもらいたいです。

 

中学3年生の女子生徒への殺人未遂事件について

この事件が起きたのは、2016年の出来事です。

事件現場は兵庫県姫路市の路上で、帰宅途中の中学生が被害に遭いました。

女子生徒が大声をあげたことで勝田容疑者は逃走し、8日後に逮捕されました。

この事故で女子生徒は全治1か月のケガを負ってしまったのです。

 

犯行動機については

「少女の腹部をさしたい」

「女性がくるしんでいる姿を見たい」

といった身勝手な理由からでした。

懲役15年が求刑されていたのですが

●自身の特殊な性格のせいで犯行に及んでしまったこと

●更生プログラムを受ける意思があること

が裁判で認められたため、懲役12年の判決となったのです。

このとき、裁判長は

「更生プログラムは他人に治してもらうものではなく、自分で身につけるもの」

という言葉を残しました。

この言葉は勝田容疑者には全く響いていなかったでしょう。

 

勝田容疑者はどのような病気なのか?

これだけ世間を騒がせるほどの事件を起こした勝田容疑者は、自身の特殊な性格を自覚しているとのことですが、「何か病気を抱えているのでは」と感じてしまいます。

精神鑑定を担当した方は

症状については、他人に身体的、心理的な苦痛を与えることに性的興奮を抱く「性的サディズム障害」と小児性愛障害が複合した「サディズム型ペドフィリア」

と述べていました。

初めて聞く病名です。複合的な病気なだけに余計に恐ろしさを感じてしまいます。

小中学生の女の子や、これぐらいの年代の子供を持つ親御さんが聞いたら「このような人とは絶対に関わりたくない」と感じるでしょう。
 

スポンサーリンク



 

世間の反応は?

●これはどう見ても、極刑が妥当だと思う。

●またまだ余罪がありそう。

●親の気持ち、お姉ちゃんの気持ちを考えると、どんな刑罰でも許せないと思います。

●加古川の小学生の女の子が亡くなった未解決事件にも関わっているのだろうか?犯人が逮捕されていないけど…。

●こんな人たちが普通に身近にいると思うと、子育て中の親は、本当に気が気でない。

やはり「犯人に対して許せない」と思っている方が多いです。

犯人に対する憤りだけでなく

●筒塩侑子さんは今生きてたらめっちゃ美人になってそうな子だ

と、小学生の女の子とが亡くなったことを残念がる声もありました。

 

おわりに

最近、小さい子が誰かに連れ去られたり亡くなったりする事件が相次いで報道されていますが、これまで以上に「安全を守る」意識が大切なのかもしれません。

犯人に対しては、最も重い罪を科してもまだ足りないぐらいだと思います。

果たして、勝田容疑者はどのような刑罰を受けることになるのでしょうか?気になります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



 
【最近話題のニュース】

NHK桑子真帆アナとフジ谷岡アナが離婚!決め手となった夫の不満とは?

斉藤久美子(90歳の女性)が運転中に信号無視して死亡事故が発生

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です