桑子真帆と谷岡慎一の離婚理由は多忙以外にもあった!夫が漏らしたある不満とは?

Pocket

桑子真帆アナとと谷岡慎一アナが離婚することが発表されました。

離婚理由は「多忙」だけではなさそうです。夫婦の間に一体何があったのでしょうか?
 

スポンサーリンク



 

桑子真帆と谷岡慎一が離婚を発表

NHK「ニュースウオッチ9」(月~金曜後9・0)のメインキャスターを務める桑子真帆アナウンサー(31)と夫でフジテレビの谷岡慎一アナ(31)が離婚することが30日、サンケイスポーツの取材で分かった。この日は奇しくも桑子アナの31歳の誕生日で、昨年、2人が婚姻届を提出した記念日。関係者によると、結婚生活たった1年のスピード離婚の理由は、多忙によるすれ違いという。

美人で頭の回転が速く、人なつこい笑顔が魅力の桑子アナ。順調な結婚生活を送っていると思われたが…。

複数の関係者の話を総合すると、すでに2人は離婚の意思を固めており、近く離婚届を出す。桑子アナも谷岡アナも納得ずくの決定という。

 桑子アナはこの日も「ニュースウオッチ9」に生出演し、コンビを組む有馬嘉男記者(52)と普段どおり、歯切れのいい口調でニュースを伝えた。一方の谷岡アナも、生放送のレギュラー番組「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。担当するコーナー「ミニバスで行く! 東京ちょこっと旅」を笑顔で仕切っていた。

離婚理由について、関係者の1人はサンケイスポーツの取材に「独身のときのようにゆっくり食事やドライブに行けなくなった。最初のうちは一緒に晩酌を楽しんだりしていましたが、一緒の時間をなかなか持てなくなり心が離れたようです」と語った。

実際、桑子アナは平日夜遅くまで本番と打ち合わせに忙しい。さらに、昨年大みそかの紅白歌合戦で総合司会を務め、今年2月9日の平昌五輪の開会式では現地中継を担当した。今や、3月いっぱいで同局を退職した有働由美子元アナ(49)=現ジャーナリスト=に次ぐ存在感を発揮しており、期待のエースだ。

アナウンサー同士の結婚といえば、かつては「タブー」だと言われていまし。

ですが、近年では

生田竜聖&秋元優里(ともにフジテレビ すでに離婚)

中村光宏&生野陽子(ともにフジテレビ)

がゴールインしています。

ちなみに、今回離婚を発表した谷岡アナもフジテレビのアナウンサーです。

フジのが多いのは、何という偶然でしょうか。

ちょうど1年前、NHKの「ニュースウオッチ9」でスポーツニュースが終わって次の話題にうつろうとしたときに、有馬嘉男アナウンサーがサプライズとして

「桑子さん、今日は祝福の言葉がたくさんあったんじゃないでしょうか」

と結婚の話題に触れたのです。

現在もコンビを組んでいます。

さらに、有馬アナは

「番組は僕達がパートナーですけど、番組ではお互いに力を合わせて」

と言ったのです。

もしかすると有馬アナは

「あなたのような美人アナとパートナーになれる谷岡アナが羨ましい」

なんてことを考えていたのではないでしょうか。

NHKが番組放送内で結婚を祝福するなんて、異例中の異例です。

 

桑子アナと谷岡アナが結婚発表したとき「末永く幸せを築いていくだろう」と思われていましたが、まさかのスピード離婚となりました。

離婚理由は「多忙によるすれ違い」と発表されていますが、それ以外にも理由がありそうです。

 

桑子真帆の離婚理由&夫の不満内容は?

実は、2017年末から谷岡アナはある不満を抱えていました。

それは「妻との格差がどんどん広がってしまっていること」

実際、桑子アナは

●NHK紅白歌合戦で総合司会

●平昌五輪開会式の実況キャスター

に抜擢されており、アナウンサーとして相当の実績を積み重ねていたことが分かります。

一方の谷岡アナは、桑子アナのような抜擢があるわけではなく、日に日に焦りを感じていました。

この状況に対して、バナナマンの設楽統からは

「いや、これがなかなか盛り返せない…」

と辛らつなコメントが飛びました。

この言葉に、谷岡アナは余計に焦りを感じていたでしょう。

現代は、女性の社会進出が進んでいますが、それでも男性側が「自分が家族を養う」という意識を持っており、妻の方が年収が高かったり仕事で活躍していたりすると、不満を抱くものです。

ですので、谷岡アナが「格差によるストレス」を感じていたことも、桑子アナとの離婚理由の1つだと思われます。

 

スポンサーリンク



 

世間の反応

桑子アナの離婚発表に対して、世間ではどのような声があがっているのでしょうか?

「一緒に住むと嫌な部分が見えてくる」といった意見や、桑子アナのファンの残念がっているコメントが多く、中には「1年でスパッと決断したことに対する称賛の声もありました。

桑子アナは誕生日に離婚を決断することになり、複雑な心境でしょう。

とはいえ、これからもアナウンサーとして活躍してくれるはずです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です