野崎幸助の女一覧は?嫁へのプロポーズの言葉が前代未聞の内容だった!

Pocket

紀州のドン・ファンという異名を持つ野崎幸助さんが亡くなったことがニュースになりました。どんな人物なのかを調べてみると、豪快なエピソードをたくさん持っている人物であることが分かりました。今回は、野崎幸助さんの女一覧や最近結婚した妻のこと、さらにはプロポーズ時の言葉などをお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

野崎幸助(紀州のドン・ファン)が死去

5月26日未明にNEWSポストセブンが報じた、和歌山県の実業家・野崎幸助氏の急逝。野崎氏は酒類販売業や不動産業などで成功を収めた傍ら、艶福家としてメディアに取り上げられ、2016年12月には、『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』(講談社+α文庫)を出版したことで話題となった人物だ。

5月26日午後。和歌山県田辺市にある野崎氏が経営していた会社を訪れると、和歌山県警の警察官ら10人ほどが社内に入っていくのが見えた。社内では白い手袋とマスクをつけた警察官らが、書類を眺めたり、カメラで撮影したりしていた。

近隣住民によると、「24日の午後10時頃、自宅で倒れて救急車で搬送され、そのまま亡くなったらしいと聞きました。つい先日までピンピンしていたから驚きました」というが、死因は明らかになっていない。

ドン・ファンという人物は「色男」として有名でこれまで1000人以上の女性を口説き落としたというエピソードがあり、スペインでは「伝説の人物」とも言われています。

野崎幸助さんはこれまで4000人の美女を口説いてきたと言われています。

もしかすると

●俺はドン・ファン以上の英雄だぜ

●ドンファンのことを「スペインの野崎幸助」と呼ぶべきだ

なんてことを考えていたかもしれません。

 

野崎幸助のプロフィールや経歴

名前:のざきこうすけ

生年月日:1941年

年齢:77歳

住所:和歌山県田辺市

幼い頃から

「美人と付き合いたい」「そのためには金持ちになるしかない」

と想い続け、中学校を卒業してから商売の道に足を踏み入れました。

鉄屑拾いや金融業や不動産業を営み、総資産は数十億円とも言われています。

 

2016年には『紀州のドン・ファン美女4000人に30億円を貢いだ男』を出版しました。

実際に本を読んだ人からは

●めちゃめちゃ面白い

●ここまでの野心を持てるのが凄すぎる

●自分もこんな風に生きてみたい

といったように、称賛の声がたくさんあがっています。

 

以前に「ネオヒルズ族」で話題になり、一度破産をしたものの復活を遂げた与沢翼を思い起こさせます。

両者に共通するのは「クレイジー」であること

与沢翼さんは、そのうち「総資産数百億」に到達しそうな気がします。

 

経営していた不動産会社の名前と場所は

「一体、経営していた会社はどこにあるのか」と気になって調べてみたら、以下の情報にヒットしました。

紀州のドンファンこと野崎幸助氏の不動産会社アプリコは廃業届が出され会員名簿から抹消

葬儀は30日に田辺市内の斎場で行われたそう

死亡した当日も朝から会社で仕事、夕方に帰宅、夜10時すぎに自宅2階の寝室でソファに座った状態で息絶えていた。

不動産会社アプリコが、野崎さんが経営していた会社であるのは間違いなさそうです。

【会社の場所】

都会の一等地にビルを構えていそうなイメージですが、この会社のビルは都会とはかけ離れた場所にあります。

「生まれ育った場所で会社を経営したい」と考えていたのかもしれません。

 

野崎幸助の嫁へのプロポーズの言葉は?

野崎さんは76歳の時に、21歳のファッションモデルと結婚しました。

見るからに、美人なのが伝わってきます。

「私にとって理想の女性」と大絶賛していました。

年の差55歳であり、周囲からも

●財産目当てではないのか

●いくら何でも年齢差がありすぎる

と言われたようですが、「どうせ嫉妬しているだけでしょ」と全く相手にしませんでした。

 

プロポーズ時の言葉は

「キミの人生をピンク色に染め上げたい。ボクの最後の女性になってくれませんか?」

「ピンク色に染めたい」なんていう言葉、聞いたことがありません。

言った方も言われた方が恥ずかしくなってしまいそうですが、全く恥ずかしげもなくさらっと言ってのけたのでしょう。
 

スポンサーリンク



 

野崎幸助の女一覧について

野崎さんはこれまで2度結婚しており、先ほどのモデルさんとの結婚は3度目だったのです。

これまで野崎さんと結婚した2人の女性は、結婚が決まった瞬間は天にも昇る思いだったかもしれません。

ですが、結婚したとしても浮気を繰り返されたら、いずれは堪忍袋の緒が切れるでしょう。

 

実は、2017年には別の女性と交際していたのです。

年末は恋人の美紀ちゃんと一緒に年を越しました。

美紀ちゃんは昨年(2016年)秋に私が銀座でナンパした元モデルの美女。

身長は170cmと、私より10cm以上も高く、20代半ばで私好みのボン・キュッ・ボンのダイナマイトバディですが心優しい大和撫子です。

「付き合ってくれたら30万円のお小遣いもお渡しします」

美紀ちゃんには年の瀬に羽田から私の住む南紀白浜に飛んでもらい、自宅で吉兆の特製のおせち料理や、勝浦の有名ホテルのお重に二人で舌鼓を打ちました。

美人でスタイルが良い女性が目の前に現れると「何としてのこの人を自分のものにしたい」という闘争本能が抑えられないのでしょう。

付き合っていた女性は美紀ちゃんだけではないはずです。

同時進行で付き合うなんてことは、野崎さんにとっては当たり前だったはずです。

「女一覧」で話題になるのもうなずけます。

与沢翼さんの場合は奥さんと子供を愛していることを考えると、野崎さんはもはや「クレイジー」という言葉では収まりがつきません。

「美女」に目がない「野獣」と言った方がしっくりくるのではないでしょうか。

野崎幸助の妻の不可解な行動や交際クラブの実態は?

2016年の6000万円窃盗事件について

この事件は実際にニュースになっており、驚きの声がたくさんあがりました。

被害者となった野崎さんは

謝っていただければ、別に1億円ぐらいはどうということはない

と発言し、野崎さんがいかにクレイジーなのかが伝わる結果となりました。

こんな発言をしながらきちんと警察に通報したのは、それだけお金を大切に思っているからなのでしょう。

 

●いるのか、いらないのか、どっちなの

と聞かれて「いらない」と言えるのは、他にいないと思います。

 

おわりに

ここまで、野崎幸助さんの様々な豪快エピソードについて紹介してきました。

「女一覧」についてこれほど話題になる人物は、2度と現れないでしょう。

天国でも、美女たちと思いっきり遊んでいるはずです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です