竹田純代の自宅住所や家族は?真犯人は本当にこの家政婦なのか?

Pocket

野崎幸助さんがなくなったことで、妻だけでなく家政婦の自宅にも家宅捜査が入りました。この家政婦の名前ですが、竹田純代さんであることが判明してました。いったいどのような人物なのでしょうか?顔画像や自宅住所、さらには家族の情報もお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

野崎幸助さん死去事件に急展開

資産50億円のうち30億円をこれまで4000人の美女に費やし、今年2月には55歳年下のSさん(22)とめでたく結婚。「紀州のドンファン」と呼ばれた和歌山県の資産家の野崎幸助さん(77)が5月24日、和歌山の自宅で“変死”した事件が急展開している。

和歌山県警は野崎さんの遺体を行政解剖した結果、簡易検査で覚せい剤反応が出たため、事件性があるとして捜査。通夜の直後から野崎さんの和歌山県田辺市の自宅、経営する会社など数か所に家宅捜索に入っていた。

さらに和歌山県警は10人を超す捜査員を東京に派遣し、6月2日夜には妻であるSさんの別宅がある新宿区内のマンションを家宅捜索。押収品を入れた段ボール5箱ほどを運び出したという。さらに3日午前からは東京・港区にある野崎さん宅の家政婦の自宅にも家宅捜索に入った。

3日午前に家宅捜索を受けた家政婦は、もともと野崎さんの金融業を手伝っていたという。東京から和歌山の野崎さん宅に月10日ほどやってきて雑用をしていたという。

「5月24日、意識ない野崎さんを最初に発見したのは、妻のSさん、次に家政婦だった。野崎さんは資産家なので事件性も視野に入れた捜索です」(捜査関係者)

謎の多い「紀州のドン・ファン」の死の真相が解明される日がくるのか。

「家政婦をしている人物も怪しい」と思われたのでしょう。

たしかに、近しい人物から怪しまれるのは仕方のないことです。

 

竹田純代の顔画像や自宅住所は

名前:たけだすみよ

年齢:66歳

職業:野崎幸助の秘書&家政婦

家族については「娘が野崎さんにデートに誘われたことがある」と言っていたことを踏まえると、夫や子供(娘)がいると考えてよいでしょう。

竹田純代さんは、東京と和歌山を往復する生活を送っており、和歌山には月に10回ほど来ていました。

 

自宅住所ですが、東京都港区六本木であることが判明しています。

こちらが、家政婦をしていた竹田純代さんの自宅マンションです。

多数の報道陣が押しかけているのが分かります。

東京都港区だけあって、いかにも「高級住宅地」という雰囲気を漂わせています。

野崎幸助さんから莫大な給料が支払われていたからこそ、このような高級住宅に住むことが出来たのでしょう。
 

スポンサーリンク



 

竹田純代さんが真犯人なのか?

家政婦の自宅に家宅捜査が入ったことで

「竹田純代さんが犯人なのでは」

「妻と家政婦の共謀なのでは」

という声があがっています。

 

とはいえ、もし野崎さんが亡くなってしまえば竹田さんは収入源がなくなってしまいます。

これまで30年もの間、家政婦を続けていたのは「他の仕事よりもお金を稼ぐことが出来るから」だったと思います。

そうでないなら、わざわざ東京と和歌山を往復するといった超がつくほど面倒な生活を送るとは思えません。

そうすると、野崎幸助さんがなくなってしまった事件の真犯人は別にいるような気がします。

 

果たして、それは誰なのでしょうか?今後の報道からも目が離せません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です