内山茉由子の勤務先の病院はどこ?「茉」に込められた意味や両親の想いは?

Pocket

内山茉由子(うちやままゆこ)さんが男性に連れ去られてしまい、その後亡くなってしまったという事件がありました。犯人はどうしてそんなことをしたのか、理解に苦しみます。今回は、内山茉由子さんの勤務先の病院「茉」という字にはどのような意味が込められているのかについてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

内山茉由子さんが連れ去られた事件の概要

静岡県藤枝市内の山中で女性の遺体が見つかった事件で、静岡県警は12日、遺体は先月26日から行方が分からなくなっていた浜松市浜北区の看護師、内山茉由子(まゆこ)さん(29)と確認したと発表した。捜査関係者によると、県警は12日、愛知県警中川署(名古屋市中川区)に出頭してきた40代の男を内山さんの監禁容疑で逮捕した。別の20代の男も同容疑で逮捕している。

内山さんは先月26日、浜松市内のスポーツクラブ駐車場で数人の男に連れ去られ、行方が分からなくなった。静岡県警は他にも関与した男がいるとみていることを理由に、容疑者の名前などを明らかにしていない。

捜査関係者によると、男らは内山さんを車ごと連れ回した容疑で逮捕されており、40代の男は連れ去りへの関与を認めているという。男らはインターネットを通じて知り合ったといい、内山さんと面識はなかったとみられる。県警は内山さんが死亡した経緯についても男らが事情を知っているとみて追及する。

5月26日、内山茉由子さんは勤務先の病院から自宅に戻り、13時頃から車に乗って外出し、スポーツクラブに向かいました。

もしかすると、前日は夜勤だったのかもしれません。

スポーツクラブを出で車に乗ろうとしたのが18時ごろです。

車に乗ろうとした瞬間、男たちに連れ去られてしまったのです。

 

事件現場のスポーツジムの場所や名前は?

今回の事件が起きてしまったスポーツジムですが「ライフウェル浜松」であることが判明しています。

このスポーツジムは「大人のためのフィットネスクラブ」というキャッチフレーズを掲げており、人気のホットヨガに無料で参加できるようになっています。

女性も多く通っており、入浴施設が充実しているジムです。

「体をしっかり動かした後はリラックスした気分を味わいたい」と考えている人も多く通っているでしょう。

 

ジムの関係者も、今回の事件に相当困惑しているはずです。

自分たちは何も悪いことをしていないのに「お客さんが減少しないように、手を打たなければ」と考えさせられるなんて、迷惑な話です。
 

スポンサーリンク



 

内山茉由子さんの勤務先の病院や自宅は?

内山茉由子さんは、静岡県浜松市の病院で看護師として仕事をしていることが報道されていました。

29歳だったということは、看護師としても「中堅」に差し掛かっており病院内のスタッフからも信頼を得られていたのではないでしょうか。

現時点では、勤務先の病院についての情報は公開されておりません。

とはいえ、今後は関係者のコメントが発表されるかもしれません。

勤務先の情報が入り次第、改めてお伝えします。

 

内山さんの自宅ですが

浜松市浜北区寺島

が住所であることが判明しています。

内山さんが暮らしていた浜北区は、浜松市の中央に位置しています。

東側は天竜川が流れ、北側には赤石連峰が広がり自然が豊かな町として知られています。

自然豊かな町で、内山さんは両親の愛情を受けながら、のびのびと育っていったのでしょう。

 

「茉」に込められた意味や両親の想いは?

内山茉由子さんの「茉」は「ジャスミン」を思い起こさせる文字であり、かわいらしい雰囲気が女の子にピッタリの文字です。

「茉」には「マ」という読み方があり、「莉」と合わせて「茉莉(マツリ)」「茉莉花(マリカ)」と書くことでジャスミンを表すのですが、一文字だけであってもジャスミンを連想させるようになったのです。

ジャスミン茶以外にも、香りを生み出す要素を生かしてハーブオイルやお香などにも使用されています。

花言葉には「清浄無垢」「愛想がよい」などがあります。

 

そうすると、「茉由子」という名前には「自然豊かな町で、ジャスミンのように可愛らしい子に育ってほしい」という両親の願いが込められてたと思います。

近所の方は内山さんのことを「本当に可愛らしい方」と絶賛していました。

両親としても自慢の娘だったでしょう。

そんな娘が亡くなってしまい、両親は犯人に対して「絶対に許せない」と憤っているはずです。
 

スポンサーリンク



 

おわりに

今回の事件に対して、世間の人たちは

●いきなり車に押し込められるとか被害者の女性がどれだけ怖い思いをしてきたかと思うと胸が締め付けられる

●犯人は自首してきたけど絶対に極刑にして欲しい

●減刑なんてありえない。犯人全員にすごく腹が立つ

●亡くなった家族が気の毒すぎる

このように、犯人に対して重い処分が下されることをのぞむ声が多いです。

 

つい先日は新幹線内でも大きな事件が起きており「どうしてこれほど事件がたくさん起きるんだ」と違和感を覚えます。

今回の事件について、犯人に情状酌量の余地はなく、被害者や親族の思いを汲み取った上で重い処罰が下されるべきだと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です