西野朗は無能と言われても選手から信頼される理由は?年俸はどれぐらいなの?

Pocket

2018年4月からサッカー日本代表監督を務める西野朗に対して「無能」という評価が下されていますが、本当に無能なのでしょうか?選手たちは監督のことを相当信頼しているようですが、その理由は何なのでしょうか?さらに、年俸がどれぐらいなのか、元日本代表の岡田武史監督の注目発言などもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

西野朗の経歴やプロフィール

名前:にしのあきら

生年月日:1955年4月7日

年齢:63歳

出身地:埼玉県浦和市

出身高校:埼玉県立浦和西高校

出身大学と学部:早稲田大学教育学部
 


 
大学卒業後の経歴ですが、様々なチームでコーチや監督を務めました。

1978年~1990年:日立製作所でプレー

1991年:日立製作所コーチ

1991~92年:U-20日本代表監督

1994~96年:U-23日本代表監督(アトランタ五輪出場)

1997年:柏レイソルコーチ

1998年~2001年7月:柏レイソル監督

2002年~2011年:ガンバ大阪監督

2012年5~11月:ウィッセル神戸監督

2014年~15年:名古屋グランパス監督

2016年3月~2018年:日本サッカー協会技術委員長

そして、2018年4月から日本代表の監督となりました。

 

西野朗は無能と言われても選手から信頼される理由は?

そもそも、西野朗監督はなぜ「無能」だと言われてしまうのでしょうか?

それは、ワールドカップの登録メンバーから中島翔哉を外した時のコメントが1つの要因です。

西野監督が、18日のメンバー発表会見で発した「ポリバレント」についての真意を説明した。初練習後に取材に応じ、ポリバレントについての自身の解釈を問われると「間違いなく複数のポジションをこなせることは本当に大事なので、こういう本大会に向けてはそういう選手は必要」と説明。

その上で「全員がポリバレントでなければいけないという意味で言ったわけではない」。ポルトガルリーグで結果を残しながら落選となった中島への反響が大きかったが、指揮官は「決してポリバレントがないから外したというのを言ったわけではない。競争の中で、選択肢の中で選ぶことができなかったということ」と話していた。

これに対して、Twitter上では
 


 
このように、批判が集中しました。

さらに、ワールドカップ直前の試合で

ガーナ戦:0ー2

スイス戦:0ー2

2試合連続で負けるだけでなく、1点も取ることが出来なかったので、さらに「無能」扱いされました。

 

ですが、選手たちからは相当信頼されています。

選手たちは西野朗監督に対して

「西野さんは意見を聞いてくれる」

と口をそろえて言います。

ハリルホジッチ前監督は意見を聞いてくれる機会はなく、監督の指示に対して自分たちでその場で確認するように話し合うことも禁止されていたのです。

そうなると、選手たちが自ら考えてプレーする機会が奪われてしまいます。

ですが、西野監督が就任してから選手たちに主体性が生まれ、最近になってようやく歯車がかみ合ってきました。

 

長谷部誠選手はスイス戦の後

「試合内容、特に守備の部分で良くなってきていることがあると思う」

と語っており、パラグアイ戦に出場した柴崎岳選手は

「スイス戦から、中盤でのブロック形成と前線でのプレスというやり方がうまくいっているように思う。それで流れが掴めた」

と手ごたえを口にしています。

 

最近の西野監督を見ていると「無能」どころか、相当「有能」な監督に思えます。

6月12日のパラグアイ戦では先発メンバーを10人入れ替え、4-2で勝利を収めました。

親善試合で2試合連続で結果を出せなかった本田圭佑もスパッと外しました。

結果の出て無い選手を容赦なく外せるのは、有能監督の証です。

(サッカーに限らず、このことが出来ずにチームが破れてしまうケースは山ほどあります)

 

ひとまず結果を出した西野監督ですが、まだ表に出していない作戦もあるとのことです。
 


 
ワールドカップではどのような采配を見せるのか、注目が集まります。
 

スポンサーリンク



 

西野朗監督の年俸は?

年俸に浮いて調べてみると、このようなデータがありました。
 


 
結果を出せないと容赦なく国民から批判を浴びることを考えると「2~3億円ぐらいもらってもいいのでは」と思います。

以前、日本代表の監督を務めていた岡田武史さんは

●日本人は「この監督だったら代表を応援しない」という考えを持っている

●そのため、日本代表監督を引き受ける本人だけではく家族も覚悟しないといけない

と語っていました。
 


 
西野監督自身が「無能ではなく有能」であることを知らしめるには、結果を出すしかありません。

果たして、日本代表は予選を勝ち上がることが出来るのか、注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です